アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8: The Mormon Proposition
サンダンス映画祭でデビューしたばかりのドキュメンタリー映画

“8: The Mormon Proposition”
8 the mormon proposition

監督と脚本のリード・カワン(Reed Cowan)は、ユタ州出身で元モルモン教徒のゲイ男性。
共同監督のスティーブン・グリーンストリートも、ユタ州出身で元モルモン教徒のゲイ男性。
ナレーターのダスティン・ランス・ブラック(『ミルク』の脚本家でアカデミー賞受賞者)も、ユタ州出身で元モルモン教徒のゲイ男性。
このドキュメンタリーの制作のためにお金をだしたブルース・バスチャンも、ユタ州出身で元モルモン教徒のゲイ男性。

タイトルの「8」はカリフォルニアで同性婚を禁じることになった条例、Prop8の「8」です。

Propositionは提案とか提議、計画。

このドキュメンタリーは、1、500を超えるLSD教会(The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints/モルモン教会)の内部書類を元に、いかに教会幹部がLGBTの権利を潰すために陰に回って活動を続けてきたかを明らかにしているそうです。

ちなみにサンダンス映画祭は、ユタ州ソルトレイク市、そのモルモン教会のお膝元で開催中。

こちら↓がその最新のトレイラー。


サンダンス映画祭で上映されたドキュメンタリー映画の中で、いち早く買い手がついたそうですので、いずれアメリカで一般公開されるかもしれませんねv


今現在、カリフォルニアの連邦裁判所でProp8を違法とするかどうかを決める裁判が進行中ですけど、この問題について突き詰めていけばいくほど、特定のマイノリティの権利を組織化された保守派(宗教組織であれ何であれ)が潰してしまえる、ということの恐ろしさを感じます。

そして「個人主義」のはずのアメリカにあって、conformity、よく言えば調和、悪く言えば他人と迎合することに対するプレッシャーがどれだけ強いかを思い知らされます。

このドキュメンタリーの監督さんも、ゲイということを隠したまま一度は結婚しているそう…。

「モルモン教会への復讐が目的じゃない。歩み寄りたい。」

そうおっしゃる製作者の方々の意図が、教会幹部は無理でも、一般の信者の方には伝わることを願っています。

おまけ↓はCNNのインタビュー。左から監督のリード・カワン、共同監督のスティーブン・グリーンストリート、ナレーターのダスティン・ランス・ブラック。


ダスティン・ランス・ブラック、アカデミー賞の時のタキシード姿より普通っぽくって可愛いですよね♪

そう言えば彼、色んなゲイブログ様でスノーホワイト(白雪姫)って呼ばれていたけど、なんか分かるかも…(^^)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
同化を強要するのがモルモンです
歩み寄るには同化が大前提です。性同一性障害をも不信仰や犯罪と同等と見なし矯正(更生のつもり)しようとするのがモルモンの真髄です。世論がモルモンの価値観や思想に嫌悪を露わにしても、教団組織維持に支障がなければ変更などしないでしょう。
主流派の中の原理主義に近い信者は、敵対者や反感や抵抗が強いほど『モルモンは唯一真の教会故に困難が立ちはだかる』との思い込みを強くし真実の教会であると云う証に置き換えてしまいます。
自らを低くする者が好都合な者なら歩み寄る可能性がありますが、そうでなければ低姿勢な態度の者を踏みにじり、笑みを浮かべる現代のパリサイ人です。
2010/01/26(火) 02:30:23 | URL | 元モルモン教徒 #Q5JGHRlc[ 編集]
元モルモン教徒さん、こんばんは
おっしゃること、凄く良く分かります。
世論がどう動こうと教団が維持できる範囲なら変わろうとしない、というあたり、やはりカルト組織と同じものを感じます。
歩み寄りというのは甘い考えということでしょうか…。
>『モルモンは唯一真の教会故に困難が立ちはだかる』
以前にゲイ男性とモルモン教徒の女性の討論をネットで聞いたことがあるんですけど、彼女の言動がまさに「傲慢な被害者意識」に満ちていて、会話が成立していなかったです。
こんな風に特定の教義に徹底的に洗脳された人間を変える方法ってあるんでしょうか…?
色々と考えさせられるコメントありがとうございました。
2010/01/26(火) 21:32:09 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは。
価値観の問題は難しい問題ですね。
何かを狂信すると柔軟な思考がもてなくなるので、そういう人と話合っても、方的な考えを前提にして話すので、議論なんかは平行線でまったく不毛でしょうね。

でも、知識と経験によって人の視野は広がって寛容な態度が身についていくと言いますし、このドキュメンタリーがモルモン教徒やその他の思想で狭まった視野を持つ人の視野を少しでも広げるきっかけになったらいいですね(^^)
2010/01/27(水) 21:57:55 | URL | はちだんご #-[ 編集]
はちだんごさん、こんばんは
おっしゃる通り、カルトに嵌ってる人は絶対に人の話を聞こうとしないから話し合いになりません;
うちの上司がそうなんですけど、自分が間違っていても絶対に認めないんですよねっ。

でも一般の信者の方の中には、教会のやり方に必ずしも100%賛成じゃない方もいらっしゃると思うので、ほんとにそういう方から視野を広げて頂けたらと思いますv
狂信的な信者には対カルト用の徹底したデプログラミングでもしないと無理みたいですが…;
2010/01/28(木) 21:39:11 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんばんわ♪
モルモン教自体初耳の私でしたが、落ち着いた時にネットで調べたり、知人に聞いたりしてました。
結果、それ位で分かることではないので、また本とか読んでみようと思います。

映画「8: The Mormon Proposition」も要チェックです(<●><●>)

あけぼの様のサイトは考えさせられる事柄がいっぱいで、本当に敬服いたします。
難しい事柄に、私の小さい脳みそはパンク寸前でしたが、ガガ様クッキーに癒されました♪
2010/01/30(土) 00:59:54 | URL | うえだ #.zNWIalM[ 編集]
うえださん、こんばんは
>モルモン教自体初耳
ほんとですか?
やっぱり日本には信者の方は少ないのですね。
敬服なんてとんでもない!
私も全然詳しいわけじゃないんですっ(汗)
ただ知り合いの中に元信者&現信者の方がいたり、後はやっぱりProp 8の後で色々と分かってきたというか…。
なのでこのドキュメンタリーにも興味がありますv

ガガ様クッキーはほんと可愛いですよね♪
久し振りにクッキー焼いてみたくなりましたww
2010/01/31(日) 22:43:20 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。