アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター/3Dが凄い!
2009年12月現在公開中のジェイムス・キャメロン監督の新作3D映画。

アバター“Avatar”を観てきました~♪
avatar01

この映画が凄いのは、なんと言っても新テクノロジーを駆使した3D画面のビジュアルvv

映画を観るというより、3Dが作り出す空間を体験する、と言った方が良くて、画面の美しさに怒涛のように押し流されて、2時間半を超える映画があっという間に終わってしまいましたvv

以下はなるべくネタバレなしの感想。


主人公はかつて戦闘で下半身不随になった元海兵隊の兵士、ジェイク・サリー。
avatar-jake

交通事故で亡くなったジェイクの双子の弟は、惑星パンドラでアバター・プログラムに参加していた科学者でした。

「アバター」とは、地球人とパンドラ星の住人ナヴィ族のDNAを組み合わせて人工的に生み出された、ナヴィ族の肉体。
avatar-tank1

亡くなった弟とDNAが完全に一致するジェイクは、彼だけが操作できるアバターを操るべく、パンドラに送られたのです。

パンドラに着くとほどなく、ジェイクは彼の脳波をキャッチできるポッドに入り、その意識がアバターの体内で目覚めると同時にアバターとして動き出します。
avatar_jake3

アバターのジェイクは科学者達のグループに混じってナヴィ族とも親しくなりますが、麻痺した両足を治してもらうことを条件に、侵略者側の傭兵隊長らのスパイになることを引き受けます。
avatar_sigourney
(科学者チーム&味方の女兵士を率いるグレイス博士↑はシガニー・ウィーバー。)

avatar-jake2
(意地悪な悪役は、スティーヴン・ラング↑という強面のオヤジ)

しかしナヴィ族との平和的な協調を目指す科学者達のグループと、どんな手段を使っても彼らを追い出して地下資源を得ようとする侵略者のグループは対立、ついに悲劇の幕が切って落とされることになるのでした…。
avatar02

というのが大体のストーリー。


で、この映画でなんと言っても一番のお勧めは、ナヴィ族の女性ネイティリを演じたゾーイ・サルダナ↓という女優さん!
avatar-zoe saldana3

超セクシーで、メチャメチャお綺麗なのですっ!!!

と言っても、映画の中では人間バージョンで登場することは一度もなくて、常に青い人なわけですけど、この彼女の3Dイメージをクリエートしたアーティストの方は凄い!

最初彼女が登場するのは、森の中の木の枝にしゃがんで迷い込んできたジェイクを見下ろすシーンなんですけど、この彼女が登場した瞬間、そのあまりの美しさに一瞬泣きそうになったくらい…(3Dメガネが曇った;

彼女は今年の夏に公開されたスタートレックにも出演なさっていたそうなので、映画をご覧になった方は覚えていらっしゃいますでしょうか?

子供の頃からバレエを習っていたというだけあって、仕草や動き、何気ないポーズに至るまで、何もかも見とれるほど綺麗な方なのですっ!
avatar-neytiri3

avatar-neytiri

avatar-neytiri2

だからって、こんな二次元の画像を幾ら貼っても分かりにくいとは思いますが…(汗)

こちら↓の説明によりますと、


『アバター』はCGじゃなくて、俳優さんの生の動きや表情を何十台ものカメラを駆使して捉え、俳優さんの身体や顔に付けられたセンサーやマーカーで、それを全てグラフィックなイメージとして再現する

という、あくまで俳優さんの演技が問われる映画なんだそう。

技術的なことは良く分かりませんけど(汗)、これがキャメロン監督がこのプロジェクトのために開発したと言われる、最新のCGIテクノロジー。

何をどうやったらこういうことが可能になるのか分かりませんけど、本当に身体の青さなんて全く気にならないほど、彼女も他のキャラも完全に「生きて」いました。

彼女を見るためだけに、もう一度映画を見に行きたいくらいです~♪

ストーリーは確かに、『ジュラシックパーク』だったり『エイリアン2』だったり、『ロード・オブ・ザ・リング』だったり、その他もろもろ、「今までにもあったよね?」と言われれば、他にも沢山似たような話はあると思うんですけど(汗)、しつこいようですが画面の美しさのみで充分、他には何の説明も要らない、というある意味映画の原点に戻った、あくまでヴィジュアル重視の映画です。

だからこの映画をDVD待ちするのは間違い!

PCとかTVで見ても、「何これ?」ってなるのが落ちです;

『ターミネータ』1、2、それに『エイリアン2』は脚本も良かったと思うけど、さすがに『アバター』にそれは言えません(汗)
 
これでもう少し話がオリジナルなら言うことはなかったんですけど…まあ、でもそれでも絶対にお勧めの映画ですvv

ただ私がネコ好きなせいか、ネコ科の動物をベースにしたと思われるナヴィ族のデザインがあまりにも嵌り過ぎで、彼らが悪い人間に苛められるたびに泣けて泣けて…

3Dメガネが曇りまくった!!

普段メガネ掛けないから分からないんですけど、普通のメガネって多分曇らないように加工してありますよね?

3Dメガネは使い捨てのせいかそういう配慮がなくて、ちょっと興奮したり、涙が出ると、あっという間に曇って画面が見えなくなるんですっ。

映画の間中、メガネを取っては拭き、取っては拭き…

忙しいったらありゃしませんっ!!

ひょっとして私は人より顔面温度が高いとか?!(←鼻が低いからじゃない?って友達に言われた;

3Dメガネの謎…。

もし「自分も曇った!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報下さい!

(想像してたの(↓左)と違って、普通のサングラス(↓右)と同じだった3Dメガネ)
avatar_3D glasses0


最後は美しいゾーイ・サルダナの青くない画像たちw
avatar-zoe saldana5

avatar-zoe saldana6

avatar-zoe saldana7

avatar-zoe saldana

avatar-zoe saldana4

明らかに画像貼りすぎですけど(汗)、こんな綺麗な人、久し振りに見たんだもんっ!何と言うかすごーーーく感動したの~♪(←私の目がw)

彼女をキャスティングしたキャメロン監督に感謝!

普通の女の子っぽいファッションでも笑顔が超素敵☆
avatar-zoe saldana2

1978年6月19日生まれ、ドミニカ人の父親とプエルトリカンの母親を持つニュージャージ州で生まれの彼女は31歳。でも笑顔があどけなくて、もっとずっとお若く見えますvv

人種的にはラティーノの彼女は、まさにエスニック・ビューティ!

少しハスキーなお声もセクシーで素敵だし、ダンスで鍛えられた筋肉質だけど優雅な手足もスラッと長くて、ほんとびっくりするような綺麗な人。

こういうアクション映画だけじゃなく、『モンスターズボール』のハリー・ベリーみたいな体当たりの演技も見せて欲しいvv

これからが期待される女優さんです☆

(≧∇≦)ノ

それに比べて…残念だったのが、主人公のジェイク役、サム・ワーシントン。
avatar-sam-worthington

なんていうか…シリアルのCMとかがぴったりな感じの(汗)全く俳優としての華のない人で、最後までネイティリ役のゾーイ・サルダナの引き立て役で終わってました;

何でこんな人をヒーロー役に選んだんだろう?

キャメロン監督、女優さんの趣味は買いますが、男を見る目は全くないね…。

(^-^;)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『今回は(も;)「ゲイ映画」でも何でもないですが(汗)、もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう見たんですか~!
いいな~、今日日テレで5分間のノーカットを見ましたが、その五分間だけでも世界に入っちゃいました。
俳優さん達の演技がすぐに背景のある画像に反映されるその技術には、キャメロンの執念さえ感じました。
お正月映画として、楽しみは後にとって置きます…。でも早くみたい!
2009/12/21(月) 07:06:37 | URL | ロッカリア #-[ 編集]
観たんですね~!いいですね~。
ちょっと画的にと世界観が凄いFFに似てる気もしますけど…(^^;
けど、僕も気になってる映画ですが
3D映画なとこがどうも気が進まなかったりします…^^;
そこが最大なウリなわけですけども(笑)
以前に3D映画のモノを観た時に
前に出てくるものにやっぱ目がいってしまって
全体的な映像が楽しめなかったという事と
3D映像に平面な字幕ってつける技術が難しいらしく
日本では、強制的に吹き替えしか放映されないので
どうも微妙でした(笑)
あと、僕が観た映画館ではサングラスというより
ゴーグル(?)みたいにバカでかくて、重いし
やっぱり曇りました(笑)←鼻が低いからでしょうかw

あけぼのさん一押しのようなので友達も気になるといってたので
おススメしておきますね!!^^
2009/12/21(月) 10:54:32 | URL | hiro #-[ 編集]
ロッカリアさん、こんばんは
待ちきれなくて公開当日に行って来ました(笑)
私もTVでは少し観てたんですけど、3Dはさらに凄かったですv
ほんと世界に入っちゃいました!
>キャメロンの執念さえ
この映画のために、自ら3Dシステムを開発したって聞いて、これは観るしかないって思いました。
『タイタニック』であれだけ儲けたのに、さらにまた新しいことにチャレンジする気力は凄いですよねvv
ご覧になったら、ぜひロッカリアさんの感想も読ませて下さい~。

(出来ればメガネが曇ったかどうかも教えて頂ければ…^^;)
2009/12/22(火) 22:50:08 | URL | あけぼの #-[ 編集]
hiroさん、こんばんは
とうとう観てきました~。
世界観は、「あ、なんかアレに似てる。」というのが一杯でした;
FFもそうなんですね^^;

ただ全体に目がいくバランスの取れた画面で、そこは大丈夫でしたv
でも字幕がつけにくいといわれると納得!
吹き替えだとかなり引きますよね;
映画の中でナヴィ族の人はナヴィ語を話すんですけど
そこには英語の字幕が出るんです。
ということは、映画を作ってる段階でなら字幕が付けられるのかなー?
リリースする前に、20ヶ国語ほど字幕バージョン作っとけばいいのに…^^

ゴーグル(笑)じゃなくて、軽いサングラスでしたw
hiroさんも曇ったって聞いて安心…ってやっぱり原因は鼻?(汗)
2009/12/22(火) 22:50:44 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは。
アバター見ましたよー。
自宅でDVD見ただけなので、3Dじゃないんですが。^-^;
面白かったです。

> ストーリーは確かに、『ジュラシックパーク』だったり『エイリアン2』
だったり、『ロード・オブ・ザ・リング』だったり、その他もろもろ、
「今までにもあったよね?」と言われれば、他にも沢山似たような話はあると思う

たしかに・・・この映画見て、これまでに見た映画ドラマのアレコレを思い出しました。

> ネコ科の動物をベースにしたと思われるナヴィ族

・・・の外見も、これまで見た中の色々なモノが混ざっているようにみえたり。

でも、あの体は魅力ですね。身長何メートルですかね。
可能なら、あの体で跳ねまわってみたいです。笑

この映画、環境破壊もテーマの一部だったと思うのですが、
ありがちなストーリーとはいえ、
去年の震災で原発事故が起こったこともあって、
何だか身につまされる内容でした。

GW中に「アバター」を借りて見たんですが、GWはどこにも行かなかったので、
「アバター」で、ちょっとした旅行の気分を味わいました。
「タイタニック」見たときもそうだったんですが。笑

またしても過去の記事にすみません。
どうも私、ブームが世間より2~3年遅れて到来するもんで。;
2012/05/19(土) 05:51:01 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
こんばんは~

アバターご覧になったのですねv
3Dじゃなくても画面が大丈夫なんだー。
3Dじゃないと逆に変に見えるのかと勝手に思ってました;

やっぱりストーリーはアレコレ思い出しますよね(^^

>でも、あの体は魅力ですね。身長何メートルですかね。
確かに!(笑)
というか、今と違う身体に入って色々出来たら楽しそうです♪

>去年の震災で原発事故が起こったこともあって、
そう言われてみると確かに、文明vs自然という図式の中に、環境破壊に対する警告が含まれていました。
今見たら映画の印象が変わるかもです…。

そしてGW中はおうちで映画を見たりしてのんびり過ごされたのですね。
羨ましいです~
理想の休日だわ…w

過去記事にまでコメントありがとうございました☆
私もブログの記事、いつも楽しく読ませてもらっています。
もうしばらくしたら、また感想を送らせて頂きますね~
2012/05/20(日) 20:26:21 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。