アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dangerous Muse/デンジャラス・ミューズの新曲
デンジャラス・ミューズの新曲、“I Want It All”がとうとうリリースされました☆
Dangerous Muse I Want It All2



本音を言うと、ここまでプロセスされたサウンドはあんまり好きじゃないというか(汗)、もう少し生音に近い方が音的には萌え~♪なんですけど、彼らの場合

お願いだから僕らに萌えて!

というビジュアルの訴えが素晴らしいので、やはりPVは見逃せません(笑)

以下、危険な女神、デンジャラス・ミューズの視覚に訴える画像達w
Dangerous+Muse+004

Dangerous+Muse+001

Dangerous+Muse+003

Dangerous+Muse+002

NY出身の男性デュオですけど、確かカムアウトはしていないと…^^;

ええ、どこからどう見てもストレートですとも!笑

以前に別ブログに書いた気がするんですけど、こういう人達を“heteroflexible”とか” heteroflexual”と言ったりするんですよねw

ググったら、オンライン・ディクショナリーのMerriam-Webster様の「新語の投稿」コーナーにちゃんと解説が載ってましたww

heteroflexible (adjective) : A person that is predominantly heterosexual in affectionate orientation, but is aware that they are sometimes attracted to persons of the same-sex or a heterosexual person that is open to the possibility of having a same-sex relationship or experience.

Miguel has only dated women, but he considers himself heteroflexible in case the right guy comes along one day.

ヘテロフレキシブル(形容詞):愛情の対象が主にヘテロ、でも同性に惹かれることがあるのを自覚していたり、同性との恋愛関係や性的経験を持つことにオープンな人。

用例:ミゲルは女と付き合ったことしかないけど、自分はヘテロフレキシブルだって思ってる。ある日、自分にぴったりな男が現れた場合にね。

heteroflexual (adjective) : 1 a : of, relating to, or characterized by a tendency to direct sexual desire toward the opposite sex but with an openness to same-sex experiences b : of, relating to, or involving sexual intercourse between individuals of the same and/or opposite sex, either simultaneously or individually

While Angelina Jolie is happily involved with Brad Pitt and has had relationships with male celebrities like Billy Bob Thornton and Johnny Lee Miller, she has openly admitted in the past to having heteroflexual experiences with and feelings for women.

ヘテロフレクシュアル(形容詞):異性に直接的な性的欲望を感じる傾向がありながら、同性愛の経験にオープンで、複数で同時に、又は個別に、同性または異性と行う性行為が特徴。

用例:アンジェリーナ・ジョリーはブラッド・ピットと居て幸せだし、ビリー・ボブやジョニー・ミラーといった男性セレブとも付き合っていたけど、ヘテロフレクシュアルな女性との経験もあるし、女性に恋愛感情を持っていたとオープンに認めている。(←ご存知と思いますが、これは本当☆

・・・・・・。

で、バイとどう違うの?

良く分かりません!^▽^;

バイと言ったらLGBTとしてカムアウトしたことになって、ヘテロだけどフレキシブル(柔軟性がある)という言い方だと、とりあえずギリギリのところでヘテロ?

(^-^;)

そんなん、どーでもよくねぇ?

と思ったあなたは正しい!(爆)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『この記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
初めまして!
うえだと申します。

にほんブログで見かけて来たところ。気になって一気に過去記事を読みました。どれも興味深くて、書き方も含め、読んでいて楽しかったです!
ゲイ映画の紹介以外に、ホモフォビアについてだったり、勉強になることが沢山書いてあって驚きとともに…尊敬!しました。
まだまだ日本には浸透していない考えなので新鮮です。

アダム・ランバード君やユアン・マクレガーの新作情報もこちらで初めて知りました~!

レポ楽しみにしてます。
また来ますね-!

2009/12/17(木) 13:02:36 | URL | うえだ #.zNWIalM[ 編集]
はじめまして、うえださん
楽しんで読んで頂けたなんて嬉しいです☆
ブログ村さんに登録させて頂いたおかげですねvv
尊敬なんてとんでもないですけど(汗)
もし宜しかったら、またぜひ遊びに来て下さい♪

うえださんもアダムくんとユアン様がお好きなのでしょうか?^▽^
私もこれからそちらに遊びに行かせて頂きますねv
2009/12/19(土) 00:08:55 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは。
heteroflexibleという言葉、初めて知りました~。
いつもあけぼのさんの記事は勉強になります!(何の??)
しかし、バイとどう違うのでしょうかね(笑)
heteroflexible の方が新しい言葉なのでなんとなく
カッコイイって感じなのでしょうか??

ちなみに私はジェニー・シミズと付き合ってた、
という話がアンジェの恋愛遍歴の中で1番萌えます(笑)
2009/12/19(土) 18:30:40 | URL | magaki #-[ 編集]
magakiさん、こんばんは
知っていても何の役にも立たない情報ばかりですが
コメントありがとうございます^^
>しかし、バイとどう違うの
思うんですけど、本当に素敵な人が現れたら
誰だってフレキシブルになりますよね?(←え?)

>ちなみに私はジェニー・シミズと付き合ってた
分かります!
想像するとすっごく萌えますよねっ!!
2009/12/20(日) 21:09:23 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。