アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイチェル・マドー・ショー
日本でも知られているかどうか分からないんですけど、レイチェル・マドーはアメリカでは有名な女性のニュースキャスター。
rachel maddow
レイチェル・マドー・ショー」という自分のニュース番組を持っている彼女は、カムアウトしているレズビアンでもあります。


そんな彼女は、LGBT関連のニュースはもちろん、アメリカだけじゃなく、世界中のヒューマンライツ(基本的人権)に関わるニュースやトピックをカバーしつつ、番組に登場する保守派や偽善者を論破してくれる、タフで知的なお姉さま。

その彼女が最近ずっと追い駆けているのが、ウガンダで今まさに施行されようとしている「ゲイ殺し」の法律について…。



英語がお出来になる方は、こちらのニュース記事に昨日の彼女のショーが動画と一緒に詳しく載っていますので、ご覧になって下さい。(NBCは動画を素早く削除するのでお早めに^^)

ウガンダで施行されようとしている法律をプッシュしている連中はアメリカの保守派と深い繋がりがあって、彼女はそのことをゴールデンタイムの全国ニュースで訴えることで、アメリカ国民に何が起こっているか知らせてくれています。

オバマ大統領の宣誓式をご覧になった方は覚えているかもしれませんが、例えばあの宣誓式で祈祷を捧げたリック・ワレン。
rick warren_oba

彼とカリフォルニアにベースがある彼の教会がProp 8をサポートしたことは有名ですが、彼はウガンダのマーティン・センパという牧師とも大の仲良しで、アフリカでのエイズの蔓延を防ぐために一緒にコンドームを燃やしたりしています。
martin sempa

バカはバカでもとても危険な馬鹿。

というか権力のあるバカは常にとてつもなく危険。

センパはブッシュ政権のお気に入りで、ウガンダの大統領夫人とも親しく、コンドームより「禁欲」の必要性を説く彼の現在のミッションは、神の名において、ウガンダで同性愛者を殺戮すること、そしてそれを成文化すること。

「ホモセクシュアルは終身刑。HIVポジティブの場合は死罪。同性愛者を知っていながら警察に報告しなかった場合は3年以下の禁固刑。」

他にも同性愛をプロモートするような行為は全て7年以下の禁固刑など、同性愛者だけでなく、その家族やサポーターにも徹底的な弾圧を行うつもりでいるのが明らか。

ウガンダでは既に同性愛は犯罪ですが、これが通ればどんな怖ろしい結果が待っているか、想像したくもありません。

こんな法律がまがりなりにも独立国家によって施行される可能性があるとは…。

ウガンダに影響力を持つアメリカの政治家、宗教家の罪は余りにも大きい。そしてそんな連中を支持、もしくはただ野放しにするアメリカ国民の罪も…。

アイオワ(現在、同性婚が認められているあのアイオワv)最大のゲイライツ・グループは、アイオワの上院議員チャック・グラスリーに、この法律を止める努力をするようにという声明を出したそうです。

チャック・グラスリーは「ザ・ファミリー」という秘密宗教組織の一員で、以前からウガンダの政治家への自分の影響力を誇示しているから。

この「ザ・ファミリー」のメンバーである議員達は、エイズの撲滅に使われるはずの資金を、「純潔」を奉じてコンドームを燃やすためのキャンペーンに流し、一時は上手くいきかけていたウガンダのエイズ撲滅運動を大きく後退させた責任者でもあるんだそうです。

こんな奴らに投票する人間も、人殺しの手伝いをしているってことですね…><


そしてレイチェルが昨日のショーでインタビューしたのは、リチャード・コーエンという似非セラピスト。

この男は、「完治」した元ゲイで結婚して3人の子供がいるというセラピスト。同性愛の「治療」のために何百ドルもするセミナーやDVDを、ゲイやレズビアン、そしてその家族に売りつけて大儲けしている詐欺師です。

カウンセラーとしての資格はとっくに剥奪されているのに、その著書には心理学の学位を持っているなど、あたかも自分に何らかの資格があるかのようなことを書き、「ゲイは子供を性的に虐待する確立が高い」という危険極まりない大嘘まで広めて回る、もうここまでくれば犯罪者。

こういった「ゲイ治療」を行う組織に潜入し囮捜査を行った男性によれば、「完治した」と言ってるのは全員「治療」に関わって金儲けをしている人間で、「患者」は自分の信仰とセクシュアリティの対立に何年も苦しみ続け、挙句の果ては自殺未遂、もしくは自殺する例もあるそう。

何の効果もないばかりか副作用のある薬を売れば必ず訴えられるのに、何でこういう人間は罰せられないんでしょうね?

この彼の組織の人間がウガンダ議会で証言し、その著書がウガンダの「ゲイ殺し」条例の推進者によって利用されているという事実があって、レイチェルが彼の偽善(というには危険すぎますが)を暴いてくれています。


ウガンダ政府は今日になって、終身刑と死刑に関しては法律から除くと発表したそうですが、同性愛者の(異性愛への)転向を強制する条項を入れる可能性もあるらしく、2週間後に正式に議会に提出されるという法案が到底受け入れがたいものであることは間違いありません。

イラクでも非合法武装組織(ミリシア)によって、ゲイ男性が誘拐され、拷問されて処刑されるという事件が相次いでいます。


人を憎めと教えることは、だから決して許されない罪。


人種、国籍、セクシュアリティ、それによって特定の誰かを貶めること、それに同調して嘲ること、黙って聞き流すこと…そういうことを軽い気持ちですべきじゃない。してはいけない。

せめてそこから始めたい、そう思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/10(木) 00:56:30 | | #[ 編集]
秘密のコメ様へ
おっしゃる通り、政治や宗教が介入してくると怖ろしいことになります;
アフリカではコンドームを付けないパートナーから、女性がエイズを移されるケースが多いというのに、問題をすり替えてしまっている…。
本当にナチスと同じですよね。
こういうことをいつまで繰り替えすのかと思います。

こちらこそ、コメントありがとうございました!
2009/12/10(木) 20:32:44 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。