アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUTマガジンが選ぶ今年の100人☆2009
お久し振りですv

もう先月の話ですけど、ネット落ちしていた間に今年も雑誌OUT↓で、今年の100人のリストが発表されました。
OUT cover_2009

去年までは、最もパワフルなLGBT100人ということで、順位もつけられていたんですけど、今年からはランキングを無くし、パワフルという言葉の代わりに、outstanding(重要な、とか目立って活躍した)& inspiring(感銘を与える、励まされる)男女100人という言い方になっていますv

ただアメリカに住んでいて、しかもこういうブログを書いている関係でLGBTニュースを小まめにチェックしている私ですら、名前を見ただけで分かる人は少ないです;

クリックして画像を見て、説明文を読んで、「あー、はいはい。」みたいな…^^

それだけカムアウトして、影響力とか人気、知名度を保てる人がまだ少ないってことなんですね。

とりあえず表紙の5人はさすがに誰でも知ってると思うし、右側に名前が載ってる方も有名な方々なので、ササッと書いておきます。



左から順に、最初はフレッシュマン(新入生)ってキャプションがついてるアダム・ランバートくんからw

アメリカン・アイドルでブレイクした彼ですけど、ローリングストーン誌でカムアウトした後、女性モデルと絡んだりして、このOUTマガジンから、「ヘテロに迎合している。」みたいな批判を受けたこともありました。
adam lambert w female model

ところがその後、アメリカン・ミュージック・アワードのパフォーマンスでは、男性のキーボード奏者とがっつりキス。そのために出演が予定されていたTV番組を降板させられるという事態になっています。
adam lambert w male performer

それだけでも腹立たしいのに、その後完全に頭にきたのが、アダムくんを降板させた後、その番組が替わりに選んだシンガーがクリス・ブラウンだったこと。

クリス・ブラウンは恋人だったリアーナへの暴行罪で罪を認め、現在は執行猶予中の立派な犯罪者です。

男にキスする男は犯罪者より悪いのか?ひょっとして女を殴る男は男らしいとでも言いたい??

ふざけんなよっ!!!

番組にはLGBTのサポーターだけでなく、フェミニスト団体からも抗議が殺到しているというのに、その後もTV局はアダムくんの出演が予定されていた番組を立て続けにキャンセルしているそうです。

キスはただのキス。暴力は犯罪。

そんなことも分からないバカがこの世に存在するということが信じられません(涙)

アダムくん、負けないでっ!

(><)

すみません、いきなり暗くなって;


左から2番目はワンダ・サイクス。去年カリフォルニアでH8条例が成立した後、カムアウトしたスタンドアップ・コミックですv
wanda sykes

彼女のショーをHBOスペシャルで観たんですけど、すっごく良かったです~♪

黒人で女性でレズビアンという彼女は、なんでもネタに出来ちゃうから怖いものなしw

ブラック・ジョーク、ゲイ・ジョークを取り混ぜて笑わせてくれるんですけど、それが白人やヘテロの観客に受ける、というかそういう壁を超えている。

文字で書くと、全然伝わらないのが残念ですけど、もし日本でも彼女のショーが放送されるようなら、ぜひご覧になって下さいv


真ん中の方は、80年代に人気のあったシンガーのシンディ・ローパー。当時からゲイのファンが多く、お姉さんがカムアウトしていているということもあって、LGBT関連のチャリティ活動に長く携わってこられているそうですv


その右隣は、ロブ・マーシャル監督。映画と舞台の監督で、振り付け師でもある彼はカムアウトしてらっしゃいます。

彼が監督した作品のうち、アカデミー賞を受賞した『シカゴ』、チャン・ツィイー主演の『SAYURI』は皆様ご存知ですよね?

その彼の新作ミュージカル映画、“NINE”はフェリーニの8½にインスピレーションを受けたイタリアの舞台劇がベース。
Nine_Rob Marshall

主演がダニエル・ディ・ルイス、そしてペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ケイと・ハドソン、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチにソフィア・ローレンと大物女優がずらり。

ロンドンで行われたプレミアでのレビューも凄く評判が良くて、トレイラーもすっごくゴージャスだし、これはぜひ映画館のスクリーンで見たい感じ♪
Nine_Premiere
(真ん中の男性↑がロブ・マーシャル監督。)



パイレーツ・オブ・カリビアンの4作目の監督に決まったそうですし、これからもますます活躍されそうですv


右端の男性はダン・チョイ中尉(First Lieutenant)。

アメリカの軍隊はカムアウトした軍人を除隊できるというシステムになっていますが、この方はカムアウトして、この制度に真っ向から抗議運動されています。
Dan Choi

これまでにもゲイやレズビアンの兵士が除隊させられたことは問題になっていましたけど、この方が特にユニークなのは、ウェスト・ポイント士官学校を卒業された、本来なら軍の上層部に食い込んでいける超エリート、しかも人種的にもマイノリティの韓国系アメリカ人だから。

その彼はレイチェル・マドー・ショー(レイチェル・マドーはカムアウトしているレズビアンのニュースキャスター)でカムアウトした後、軍から除隊の通知を受け、それ以来、抗議運動の先頭に立って馬鹿げた差別を撤廃するように要求されています。

その彼に続いて、その後、38人のウェスト・ポイントの卒業生がカムアウトされ、ナイツ・アウトという組織を作って、抗議運動に加わっているそうです。


はあ…。

100人中、5人の方について書いたところで早くも限界;

ネット落ちの後のリハビリ中なので、この辺で失礼致しますっ!(逃)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『この記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちはー。
この記事で私が知ってるのはアダムと監督の名前くらいなんですが。(^^;)
アメリカンアイドルを見たときはアダム特に好きではなかったんですけど、こうした写真や記事見たら、私の中では魅力がグッと上がった感じです。(関係ないけど私はダンスアイドルが好きです。)
2009/12/05(土) 18:02:11 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
あわわ、そうですね。
日本で知名度の高い方は少ないかもしれないです;
私も実はTVを殆ど見ないので、アダムくんのこともそれ程よく知らないんですけど(汗)、これだけ堂々としてる彼のことはやっぱり応援したいですw(この画像ナイスですよねv)
(ダンスアイドル…おおっ、So You Think You Can Danceはそういうタイトルなのですね!私も最近見てないけど好きでしたvv)
2009/12/06(日) 21:35:25 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。