アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマー・ストーム/夏の突風
「最高のゲイ映画」第17位(2009年には第19位)は、2004年公開のドイツ映画

“Summer Storm”
sommersturm

原題は『Sommersturm』。だから日本語にすると「夏の嵐」。

親友への気持ちが恋だと気づいた男の子の成長物語。

ということで、またまたcoming of age/coming outがテーマの映画ですvv

以下ネタバレ注意!

ぶっちゃけこの映画、青春映画の割にエロが多めです;;

思わず主人公のトビー役の俳優さん、Robert Stadlober君↓の年齢を確認してしまいました(笑)
sommersturm01

いや、マジ笑い事じゃなくて、ゲイビでないとはいえ、「未成年にこんなことさせちゃいかん!」っていうシーンがあるので…^-^;

しかしご安心下さい!1982年生まれのロバート君、この映画に出演当時は22歳。

さあ、これで心置きなく…!?

(^▽^;)


ストーリーはとってもシンプルで分かりやすい。

チームのメンバー達と、競艇レースのための夏のキャンプに参加したトビー(↓左)。親友のアヒム(↓右)と一緒に楽しく夏を過ごすはずだったのに、アヒムに女子チームに居る彼女が出来てイライラしてます。
sommersturm07

トビーにもアンカっていう美人の彼女が居るんだけど、その彼女よりアヒムの方が気になるトビー。

そんな時、クィア・ストロークスっていう、ゲイの男の子達の競艇チームがキャンプに参加します。都会のベルリンから来た彼らは、まったくゲイであることを隠さずに開けっぴろげ。

トビーは、そんな彼らのことが気になって仕方が無くて、こっそり彼らのテントの近くまで覗きに行ったりしてます。

そしてある日、アヒムと二人で湖で泳いだ後、トビーは隣で寝転ぶアヒムにキスしてしまうんです。
sommersturm08

その後、驚いてバタバタ逃げ出すアヒムに向かって叫ぶトビー。

「一緒に抜くのは良くて、ちょっとキスしたら大騒ぎかよ!」(注:この二人はオナ友w

だけど、それを偶然やって来たゲイチームの皆に聞かれちゃうんですね…。

彼らと顔を合わせづらくて、クルッと振り向いて湖に飛び込んじゃったトビーですけど、ゲイチームの皆は彼に優しくて、結局トビーは時間を忘れて彼らと一緒に湖で遊びます。

だけどトビーは日焼け止めも塗らずにそのまま寝込んでしまい、起きた時には身体中真っ赤になってました。

そこで一人だけ、トビーの傍に残ってたゲイチームの子が、「クリームを塗ったら少しはマシかも。」何て言いながら、トビーの身体を撫で回すんです。

で、トビーはそのまま彼と目出度く初エッチw

このシーン↓は萌えると言うより、やたらと綺麗←と言っても、背後に注意!
sommersturm02



その直後、積極的なガールフレンドのアンカに誘われたトビーはとうとう、「好きな人がいる。だけどそれは女の子じゃないんだ。」って告白します。それだけで直ぐに「アヒム…。」って、彼女には分かっちゃった。

言われてみれば即座に納得するくらい、トビーの態度でもうバレバレだった訳です^-^

トビーの心の中の嵐を象徴するかのように(笑)、その後、キャンプ場に嵐がやって来ます。

急遽、近くのユースホステルに避難することになった競艇チームの皆ですが、アヒムはトビーと一緒の部屋で寝ることを拒否。彼女と同じ部屋に篭ってしまいます。

傷心のトビーは、結局、例のゲイチームの子と一緒にその夜を過ごすことに…。

ここで、キャンプ地の色んな所に静かに雨が降る情景が映されるんですけど、このシーンも素敵です。

色んなことがあそこでも、ここでもあったけど、雨が全部洗い流してくれるよ、みたいな(笑)

そしてレースの朝を迎えた彼ら。皆の前でカムアウトしたトビーを、監督と皆はスポーツマン(ウーマンも)らしく、受け入れてくれるのでした♪(←女の子達が皆ポジティブなキャラなとこも好きですv)

トビーのチームは、ゲイチームにレースで負けるんですけど、トビーとアヒムは最後に仲直り出来ます。

ラストは、自信に満ちた表情のトビーのアップ。
sommersturm04

シンプルだけど、コミカルで、そうかと思うと切なくて、とっても良いお話です。しかもきっちりと萌えシーンがある(爆)


ちなみに私は↑のHより、冒頭、トビーとアヒムが一緒に抜くシーンに萌えましたw

練習に遅れた二人は、罰としてロッカールームの掃除を言いつけられるんだけど、二人でふざけて揉み合ってるうちに、トビーが勃っちゃうんです。

アヒム: 「お前、勃ってるよ。」
トビー: 「嘘だ!勃ってない。」
アヒム: 「勃ってるじゃん。」
トビー: 「勃ってないったら。俺が勃ったらこんなもんじゃないんだ。」
アヒム: 「変態!(笑)」
トビー: 「…だから?勃ってたらどうなんだよ?」
アヒム: 「別に良いよ。」
トビー: 「一緒にやらない?抜きたいんだ。」

みたいな感じでこう↓なります(笑)
sommersturm03



アンアン言ってる二人の顔に激萌え~

(≧▽≦) ノ


それと、まったく話は変わりますが(汗)、この映画のイントロとエンディングに流れてる曲について。

Cats and dogs are coming down~♪(土砂降りの雨が降る~)

っていう、印象的な歌詞で始まる素敵な曲なんですけど、私の好きなバンド、ナダサーフの曲です。

この“Blonde on Blonde”っていう曲も良いけれど、同じアルバム『 Let Go 』に入ってる“Inside of Love”って言う曲がとっても良いのですvv

I wanna know what it's like
On the inside of love
I can't find my way in
I try again and again

どんな感じがしりたいんだ
恋の中にいるってことが
僕はその中に入れない
何度も何度もトライしてるのに

だから?

いえ、この歌詞、親友とその彼女を見てジェラシーしちゃうトビー君にぴったりかな、なんて…(汗)

それだけでしたっ。


ちょっと動画貼りすぎですけど(汗々)、一応最後にトレイラーも。


アメリカでは例のゲイTV局“ here!”でDVDが手に入りますけど、日本では…?
sommersturm09

白人(というか純アーリア系)美少年大量投下の上に綺麗でエロい!

という最高の腐女子殺しwだと思うんですけど、やっぱりTSUTAYAには置いてないんだろうな…。


おまけに主人公、トビー役のRobert Stadlober↓くんと
sommersturm06

親友の彼に愛されちゃうアヒム役のKostja Ullmannくん(←超カワイイ♪
sommersturm05
(画像は こちらからv←画像も貼りすぎだし;

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
つべ見てきました(^^)v
残念ながら音が出せなかったのですが、オススメのアンアン言ってる(らしい^^;)動画と美しい戯れを覗いてきました♪(携帯からもつべが見れるって最近漸く知ったんです。全部じゃないようですが)
私はキスシーンの方が萌るかなぁ(*^^*)
本当に綺麗。
ふざけてじゃれあってるのも、クリーム塗ってるのもとっても萌♪
逆に並んで抜いてる姿は、想像の余地がなくなってしまって、萌が半減してしまうようです。
思いっきり妄想力の弱さが露呈してますね;

携帯でもつべが見れるとわかったし、近いうちに音付きで見てみようと思います(^^)v
2009/10/19(月) 04:00:29 | URL | 葵 #5XrOZ5hQ[ 編集]
こんばんは(^^)
本当に綺麗な美少年が出るゲイ映画ですね!
これは腐女子にうけると思います。
ただ、私はあと5~10年後の彼らの方が好みですが(笑)

紹介ありがとうございます(^^)/
2009/10/22(木) 05:32:02 | URL | はちだんご #-[ 編集]
葵さん、こんばんは
>残念ながら音が出せなかった
それはいけませんっ;
音も大事な萌えのツボですから~。
ぜひ声も合わせてご覧になって下さい♪
(^▽^;)

抜いてるシーンは、トビーくんが好きな子と一緒っていうところが好かったんです^^
ラブシーンは確かに綺麗なんですけど、
特に好きってわけじゃない相手と弾みで、みたいなところがちょっと切なくて。
…って、私の萌え語りなんてどうでもよかったですね;;
2009/10/22(木) 20:31:43 | URL | あけぼの #-[ 編集]
はちだんごさん、こんばんは
私ももう少し育ってた方がいいかな~。
でも30代でもあんまりゴツイ人は駄目みたいです;
はちだんごさんのストーリーラインはとっても楽しみなんですけど
動画を見て「…う」って感じに…(汗)
腐女子のトレンド?「親父萌え」に乗り遅れそうですっ!
2009/10/22(木) 20:33:14 | URL | あけぼの #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/05(火) 07:14:42 | | #[ 編集]
秘密のコメ様、はじめまして。
東京のゲイ映画祭では上映されていたらしいのですけれど
「ドイツ映画祭」でも紹介されていたのですね♪
確かに予備知識なく見始めたら「あらあら・・」かもしれませんw
でもほんとに結末も爽やかだし、安心して楽しく見られるいい映画ですよねvv
DVDが発売されたら、絶対に売れると思うんですけど、どうしてその場限りの上映で終わってしまうのか、本当に不思議です。
おっしゃる通り、それだとごくごく限られた数の人しか観られないですものね。
それとも「オッパイだしてるだけの意味の無いエロ映画」の方が確実に売れるということなのでしょうか…;

おっしゃる通り、私も素敵な俳優さん達が積極的にゲイ役をされて、それを色んな人が見て感動するのは大事なことだと思いますvv
2010/10/06(水) 18:56:51 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。