アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Single Man/祝ベネチア映画祭男優賞
第66回ベネチア映画祭が終了。

大賞の金獅子賞こそ逃したものの、アメリカの有名デザイナー、トム・フォードの初監督作品、“A Single Man”が主演男優賞を受賞しました。(こちらは全受賞作品リスト)
Tom Ford_Julianne Moore_Colin Firth
(左からトム・フォード、ジュリアン・ムーア、そして見事主演賞を獲得したコリン・ファース)

おめでとう、トム・フォード監督!


ベネチア映画祭と言えば、例の『ブロークバック・マウンテン』が金獅子賞を受賞して、その後のアカデミー賞レースへと一気に盛り上がりを見せた権威ある映画祭。これでコリン・ファースのオスカーノミネーション、それにこの作品の全米公開も間違いないと思われますv

レビューを読んでも物凄く評判が良くて、絶対に見たい~♪と思わせてくれるものばかりvv

1年に1度しか映画館に足を運ばない私ですが、今年の映画はどうやらこれで決まり?(笑)

あ、ちなみにもうお察しのことと思いますが、一応「ゲイ映画」です^^

一応っていうのは、トム・フォード監督自身が、これは人生を題材にした映画で誰にでも起こり得ること、「ゲイ映画」って言われるのは抵抗ある、みたいなことをおっしゃっていたから。

この作品はクィア金獅子賞(映画祭の正式な受賞部門ではなく人気投票みたいなもの)を受賞したそうなんですけど、その受賞に対してのコメントみたいです。

映画のあらすじは、コリン・ファースがゲイの大学教授。長年の恋人を交通事故で亡くし、自身の自殺を考えながら最後の24時間を過ごすうちに、人生の意味を見つける・・・みたいな感じなんだそうです。ジュリアン・ムーアはその彼のお友達の役で、彼が最後に会いに行く相手なんだとか。

原作はゲイの戯曲家・小説家のクリストファー・イシャーウッドの同名の小説。トム・フォード監督ご自身もカムアウトしていらっしゃいますし、主人公もゲイという設定。

だからまあ「ゲイ映画」っていうことになるんだと思うけど、でもそういう枠を超えて、誰が見ても感動できる映画になってるんじゃないかと思います。レビューの中には、映像の美しさと独特の雰囲気が『ブエノスアイレス』のウォン・カーウァイ監督に共通している、っていうものもありましたv

そこまで言われて、どうして見ずにいられましょう?

こちらが現時点での予告編


マシュー・グード↓が亡くなった恋人役で回想シーンに登場。
Matthew_Goode

超可愛いニコラス・ホルトくん↓は、教授を付回すストーカーの生徒役だそうです。
Nicholas Hoult

ゲイ映画」の好いところは、監督さんのお目が高いってことですねww

しかもさすがは普段モデルに囲まれて、イケメンには慣れっこのトム・フォード監督。おじ様、青年、若者、と違ったタイプの美形を揃えて下さいました。あなたが腐なら、どこかでツボに引っかかるはず?笑

監督ご自身が何と言っても一番好い男ですしねv
Tom Ford
決してオヤジスキーではない私でも、文句なく萌え~~♪


それと話がズレますけど、A Single Manの原作者のクリストファー・イシャーウッド(↓左)には亡くなるまで連れ添った、30歳年下の恋人さん(画家でアーティストのドン・バチャーディ↓右)がいたそう。
Christopher Isherwood

このお二人については“Chris & Don: A Love Story”という素敵なドキュメンタリーも作られています。


“A Single Man”の主人公役のコリン・ファースは49歳、亡くなった恋人役のマシュー・グードが31歳。だからかなり年の差カプのお話。

ちなみに48歳のトム・フォード監督にも、13歳年上のリチャード・バックレイさん(元ヴォーグ・オム・インターナショナルの編集長↓右)という、20年以上連れ添ったパートナーがいらっしゃるそう。
Ford_Buckley

年の差カプってほんと多いよね~。

っていうのは、あんまり映画と関係ない話でした;


追記:
この映画はトロント国際映画祭で公開された直後、元ミラマックスのオーナー、ハーヴェイ・ワインスタインに買い取られました。

ハーヴェイ・ワインスタインと言えば、ハリウッドの超大物。彼は2005年にミラマックスを去った後、自分の映画会社ワインスタイン・カンパニーを立ち上げていて、“A Single Man”はそこからの配給になると思われます。

『ブロークバック・マウンテン』も『ミルク』もFocus Featuresの配給だったんですけど、これでこの映画はハーヴィ・ワインスタインによって、オスカーに向けてのマーケティングに、これまでの「ゲイ映画」とは比較にならないほどの予算が掛けられるはず^^

地味な映画と言われていた『愛を読む人』がアカデミー賞候補になったのも、配給会社のオーナーである彼の強引なプッシュのせいっていうのは有名な話。

映画が美しい作品であればあるほど、こういう裏話にはゲンナリしますけど、でもどんな良い映画でも売れないと観てもらえないから、ハーヴェイ・ワインスタインのような大物に見込まれたのは、トム・フォード監督にとっては良いことなんだと思うことにします;

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちはー。
『A Single Man』というゲイ映画があるのですねー。
日本ではいつほどに観られるんだろー。

> コリン・ファース
コリーン・ファースさんここで久しぶりに見ると、ちょっと歳とられた感じしましたが、背が高くてスタイルが良いのは相変わらずですね。カッコイイです。(またそこかー(^-^;)自分…)
2009/09/13(日) 20:26:32 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
オヤジスキーな私は断然監督に1票(^O^)www

コリン・ファースが微妙に苦手な私ですが、目の肥えた監督に期待して上映時には映画館に足を運んでみようと思います。(完璧に主旨を間違えてる…;)

結局、モーリスも見れなかったし、TVが壊れて今週末放送の同級生も雲行きが怪しくなってきたし、ナダルも準決勝で姿を消し…萌え不足の今日この頃に素敵な萌えをありがとうございました♪(^O^)

さらに関係ない話しですが、ごくフツーのラブ・ストーリーで腐脳が働くほど、最近はすっかり頭が腐りきってます。
2009/09/14(月) 20:06:21 | URL | 葵 #5XrOZ5hQ[ 編集]
予告の映像がステキでした!
「ミルク」に引き続き、またまた劇場に行きたいと思わされるような映画の紹介に感謝です。
日本だと、少し遅れての公開になるのかな…。
トム・フォード監督、確かに麗しくていらっしゃいますねーー(*´∀`*)
ニコラス君も、なんか動く映像を見たいと思わされるような悩ましげなお顔の写真ですし♪
内容ももちろん気になりますが、腐心と目の保養にも是非見たいです(笑)
毎回思うのですが、全然知らない映画を紹介してもらえてホントにありがたい限りです~ヽ(´∀`*)ノ
また、他のランキングのものも見てみたいなーと思ってます。
2009/09/15(火) 07:30:11 | URL | chihiron #-[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
この映画には早くもオスカーの噂があるので、上手くいけばきっと日本でも公開されるはずv
アメリカではオスカー狙いの映画は11月の後半から12月の初めにかけて公開されるので、『ミルク』と同じパターンだとすると、日本での公開は来年の4月頃かな~。

コリン・ファース、確かにちょっとお歳な感じですけど、でも渋くて逆に好い感じ?笑
『ブリジット・ジョーンス』の頃はあんまり印象に残る俳優さんじゃなかったので、今の方が好きかもvv
好い男が出てるのは大きなプラスですよねっ♪
2009/09/18(金) 20:04:38 | URL | あけぼの #-[ 編集]
葵さん、こんばんは
あれ?葵さん、オヤジスキーでしたっけ??
麻理の印象が強くて美青年/美少年派かと…。
でもそう言われてみると、『陽だまり・・・』を始め、素敵なおじ様も沢山いらっしゃいましたvv

ナダルは残念でしたけど、あの難しい名前の彼、とうとうフェデラー様も破ってしまいましたよね~。
最後の方だけちょこっと観たんですけど、あのロジャー・フェデラーがサーブ何度もミスって、心理的に追い詰められてるって感じでびっくりしました;
(こちらこそ関係ないレスですみません(汗))

>ごくフツーのラブ・ストーリーで腐脳が働く
スポーツで腐脳が働く時点でもう腐りきってますから、全然大丈夫ですよ!^▽^;
2009/09/18(金) 20:07:53 | URL | あけぼの #-[ 編集]
chihironさん、こんばんは
こちらこそそんな風に言って頂けて嬉しいです☆
ほんとに素敵な映像ですよねv
さすがに現役デザイナーの監督さんだけに、まず画面の美しさが半端じゃないみたいですvv
追記にも書いたんですけど、この映画、超強力な買い手がついたので、これからアカデミー賞に向けて物凄くプッシュされるはず^^
だからきっと日本でも公開されると思います~。

「ゲイ映画」は日本で公開されていなかったり、DVDが手に入らなかったりするんですけど、逆に日本で公開される映画は良いものが多いですよねvv
もしご覧になった映画がありましたら、またぜひぜひ感想を聞かせてください☆
2009/09/18(金) 20:09:31 | URL | あけぼの #-[ 編集]
クリストファー
イシャウッドのドキュメンタリーの話が出てましたがイギリスBBCが制作した彼の自伝のドラマがあります。「Christopher And His Kind」と言う作品ですがDVDも昨年発売されたばかりです。
ユウツベでノーカットで見られるので興味があればどうぞ!ちなみに主演はイギリスの人気番組「Dr.Who」のマット・スミスです。
http://www.youtube.com/watch?v=9hjidIaTYiE
密林USにも萌え~写真付きで紹介されてます。でもなんでUKとジャケット写真違うんでしょうね。一番右の写真だとアメリカではただのゲイ映画と思われてしまうから?
2012/01/31(火) 06:00:51 | URL | うぃる #-[ 編集]
Re: クリストファー
BBC制作の自伝ドラマ
面白そうですね!
しかもつべで観られるとはありがたい~。
私は観たことないんですけど「Dr.Who」はこちらでも人気あるみたいです。
ジャケは中身が曖昧な方が手に取られやすいという作戦でしょうか?
UKの方が素敵で絵になってるのにっ。
2012/02/06(月) 20:38:09 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。