アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリシラ
「最高のゲイ映画」第10位は、1994年のオーストラリア映画

“The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert”
Priscilla

私の大好きなガイ・ピアース様もご出演の、切なくて温かいロードムービー。そして、ど派手な衣装に名曲も一杯の、ドラッグクイーン・ミュージカルですvv

というか、この名作について何か書くなんて、かなり今更なんですけど…まあ一応;;


まず冒頭でミッツィ役のヒューゴ・ウィーヴィング↓が(口パクでww)歌う、『愛はかげろうのように』が、とっても良くて、グッと映画に引き込まれてしまいました。
Priscilla2



I've been to Georgia and California, and anywhere I could run
I've been to paradise, but I’ve never been to me…

ジョージアにもカリフォルニアにも行ったし、行けるところにはどこにだって行ったわ。
パラダイスにだって行ったけれど、自分自身だけは見つけられなかった…。

この歌の通り、ミッツィとお友達のドラッグクイーンの2人、バーナデット(テレンス・スタンプ↓右)とフェリシア(ガイ・ピアース↓左)が一緒にプリシラ号って名前を付けたバスに乗って旅をするんですけど、それが結果としてそれぞれの「自分探し」の旅になってる。
Priscilla3

ミッツィは実は結婚していて男の子が居るバイ男性。そもそも大陸を横断しないとたどり着けない、荒野の真ん中のホテルでのショーに出演をOKしたのは、それが妻が経営するホテルでのショーだったから。

(IMDb様のトリビアによれば、このキャラはシンディ・パステルさんっていう、シドニーのドラッグクイーンの方がモデルだそうです。「彼」にも女性のコンパニオンと息子さんが居るんですって。)

バーナデットは3人の中一番年上。ビッチでキツイ口調も含めて一番女性っぽくて、特に大げさな演技をしてるわけじゃないのに、ドラッグクイーンの衣装をつけていなくても、いつでも女の人みたいでした。

そうかと思うとイザという時には男前でタフな人v

田舎に行くの、すっごく嫌がってたのに、最後は好きな人が居るところに居場所を見つけようとする…。

フェリシアは若くて、怖いもの知らずで、一緒に旅する間中、2人の神経を逆なでするんだけど、途中怖い目に遭って、闘うことも、強くなるってことも必要だ、ってバーナデットに教わるのvv

でも最初にこの映画を見た時、まず『LAコンフィデンシャル』を見て好きになったガイ・ピアースとの、この役のギャップにかなりびっくりしました。

衣装がどうこうって言うより、喋り方がまず全然違う。50年代のLAの刑事と、オーストラリアのドラッグクイーンの役だから、訛りから違ってて当たり前なんだけど、なかなか頭が切り替えられませんでした(笑)

ついでに言えば、プリシラの時の方が若いから、細身なんだけど適度に筋肉があって素敵なお身体で、それで腰を振って踊られると、見ていてなかなか複雑な心境になった…^-^;

ラストは、田舎での生活を試してみることにしたバーナデットを残し、フェリシアとミッツィがミッツィの息子のトビー君と一緒にシドニーに戻って、そこでのショーを成功させるシーンでハッピーエンド♪

全体として、物凄くリアリティがあるっていう映画じゃなくて、むしろ逆なんだけど、カラフルで幻想的なシーンに元気を貰えるし、最後のママミアがまた良かったです♪



ただ正直に白状しますと、萌えという点では、ガイ・ピアースとヒューゴ・ウィーヴィングが素のままゲイ役だったら、もっと嬉しかったかも…(←そりゃ違う映画だって;;)

もう一つ白状しますと、この映画の英語も聞き取りづらかった覚えがあります。随分前に見た時もそう思ったけど、今でも「あ?何?」ってところがかなりあった。

偶然こういうサイト様を見つけたんですけど、文字を見ても?な台詞があるので、オーストラリアのスラングが分からないのかも^-^;

こちらには他にも色んな映画のスクリプトが載っているので、興味のある方はチェックしてみてください。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コレめっちゃすき!
ちゃんと劇場で見た大好きな映画のひとつ♪
あ、私も「ガイ・ピアースとヒューゴ・ウィーヴィングが素のままゲイ役だったら、もっと嬉しかったかも」に同感です(笑)
2009/03/23(月) 07:00:07 | URL | sunshine #khTh2OB6[ 編集]
sunshineさん、こんばんは
この映画、劇場公開の時は見逃してしまって
DVD…あれ、ビデオだったかな?とにかくレンタルで見ました。
これは絶対大きなスクリーンで見た方がいいですよねー。

(「素のままゲイ役」に一票wwいただいてありがとうございました~♪)
2009/03/23(月) 19:12:50 | URL | あけぼの #-[ 編集]
?絡んで欲しかったんです?(ガイさんと、ウィーヴィングさん)。
こんばんわぁ。
この映画、よさそうなので観てみました。いやぁ、ランク入ってたんですね。「トランスアメリカ」以外は観る予定がなかったので、驚きでした。
こう、泣きはしなかったんですが、いい感じの映画だなぁと。よかったですよね^^
最後のABBAの曲が好きです。
2009/09/11(金) 05:03:16 | URL | 茶栗鼠 #-[ 編集]
茶栗鼠さん、こんばんは
絡んで欲しかったんですよ~。
でも茶さんはその辺、分からなくてOKですから^^
おっしゃる通り、無理に泣かせようとする映画じゃないところが好いですv
最後はハッピーな気持ちになれますしvv
「トランスアメリカ」はご覧になる予定なんですね?
もしご覧になったら是非感想をupして下さい☆
2009/09/12(土) 18:00:00 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。