アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Ashes
2009年5月にアメリカで公開予定のイギリス映画。

“Little Ashes”
LittleAshes

『トワイライト~初恋』の吸血鬼、ロバート・パティンソンがスペインの画家、サルバドール・ダリ、ハビエア・ベルトラン(Javier Beltran)が詩人で劇作家のフェデリコ・ガルシア・ロルカを演じる「ゲイ映画」もどき。

この主演の二人が最近それぞれゲイ雑誌のインタビューに答えていて、それがとっても対照的で面白かったのでご紹介ですv


まずはWiki丸写しのあらすじから。

1922年、18歳のダリがマドリッドの大学に着きます。アーティストになる決心のダリは、やがて詩人のロルカや映画監督を目指すルイス・ブニュエルと親しくなりますが、彼らの関係はロルカが女性との関係を拒んだことで少しずつ縺れ始め、ダリはやがて彼に惹かれていく自分を自覚します。二人の親密な関係に疎外感を感じるようになったブニュエルはやがてパリに去って行き、残された二人はひと夏を共に過ごし、やがて友達以上の関係になるのでした。

こちら↓がその予告編


で、こちらが最新号のGQのカバー(GQってゲイ雑誌…ですよね?←違うっ!)
gqcoverpattinson

こちらのサイト様に、このGQでのインタビューが長々と載ってるんですけど、その中で彼がLittle Ashesのダリ役についてブツブツ言ってるんです(7ページ目辺り)

裸で演技しなきゃいけなくてイヤだった、みたいなことを言った後、女の子とのセックスシーンもしたことないのに、ゲイ・セックスシーンが一杯ある映画に出ちゃった。もう二度と映画に出られないかもしれないと思ってた時だったから出演を決めた、みたいに言ってます。

さらに続けて(要約)、

「僕とハビエアはすっごくハードコアなセックスシーンをやったんだけど、その後で僕がナーバス・ブレイクダウン(神経衰弱?)になるっていう設定だった。僕ら二人ともストレートだし、そんなことするのが馬鹿みたいだったよ。バックでやりながらナーバス・ブレイクダウンになるんだから。それにセットの周りにいたスペイン人の技師が一杯いて、僕らを見ながら笑ってたんだ。この映画は僕が出てるってことでプロモートされるんだろうけど、僕が出てなかったらリリースさえされなかったと思う。」

(*`∧´)

一言、言っていいですか?

WHAT A JERK!

仮にも自分が出てる映画に関して、なんという言い草!しかも何気にホモフォブ発言。

もともと彼は色白過ぎだし、演技は下手だし、ファンでも何でもないんだけど、これ読んでますます興味なくしましたっ><

それに比べて最新号のOutの表紙↓のハビエア君は立派♪
javier beltran

こちらのブログ様にインタビューの抜粋が載っていて、それによれば、

「セクシュアリティの問題は全くなかったよ。感情表現の方がセットでは大事だったから。セックスシーンは美しく、悲劇的で痛みを感じさせるんだ。」

“We didn't have any problems with the sexuality. On the set it was less important than the emotions. The sex scenes are beautiful―tragic and painful.”

この方、スペインの俳優さんだそうですけど、他にどんな映画に出てるのか分かりませんでした。でもこれを読んだだけでも、繊細で頭が良さそうだし、これからうんと活躍して欲しいですvv

アメリカでも一応公開されるみたいなんですけど、ごく限られた映画館のみでのリリースになるとか。これから『トワイライト』シリーズを売りたいから、ロバート・パティンソンが「ゲイ映画」に出てるのはマズイのかも…そもそも本人が一番嫌がってるし…。

でも予告を見た限りでは、少なくとも『トワイライト』よりはずっと良い映画に思えます。

映画のラストでダリはロルカと別れ、パリに移住してセレブ・アーティストになり、政治的にもロルカと違う道を歩むことになるらしいのですが、そのロルカはスペインの内戦中にファシストに捕らえられて銃殺されたと言われています。一説によれば、彼はゲイであることを理由に襲われたとも…。

どう考えても、ロバート・パティンソンの言うような「どうでもいい映画」じゃなくて、充分見る価値がある映画だと思うんですけど、日本で公開されるのかどうか…?

『トワイライト』が売れたら、それに便乗してこの映画も公開されるかもしれませんねv若い美形が沢山出る「ゲイ映画」って、日本の方がアメリカより売れるみたいだしww

そんなわけで以下、美麗なお写真達♪
Little-Ashes-movie00
左からハビエア・ベルトラン、ロバート・パティンソン、マシュー・マクナルティ(ルイス・ブニュエル役)

Little-Ashes-movie01
髭のダリとロルカ

Little-Ashes-movie-02
ブニュエルとロルカ、ロルカとダリ

なんかスペイン版の『モーリス』って感じかも~♪

追記:

ロバート・パティンソンが言ってる、「ハードコアなゲイ・セックスシーン」がネットに出回っていたので一応貼っておきます。この程度で大げさに騒ぐなよ、って感じですけどね;


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トワイライトは見る気なかったんで、ロバート・パティンソンについてはほぼ無関心だったんですが、このインタビュー読むとちょっと幻滅してしまいますね;
自分が出てる映画に対してこのコメントは失礼でしょー。ダリに対しても。俳優としての人格を疑うわ(ロバート・パティンソンファンの方すみません;)
2009/03/19(木) 19:38:06 | URL | ぬっこ #5spKqTaY[ 編集]
ぬっこさん、こんばんは!
このインタビューには、ほんとにガックリきちゃいました><
監督さんとか、共演者の人とか、みんな嫌な気持ちになりますよね;
友達に愚痴るならともかく、雑誌に載るって分かってるのに…
しかもゲイ雑誌に←違う!
>ロバート・パティンソンファンの方すみません;
いや、これは↑私が言わなくちゃいけないことでしたっ(汗)
ほんとにすみませんっ!!←でも嫌いなのには理由が…ってまだ言うか!
2009/03/19(木) 20:27:57 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。