アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランク・オーシャン~Channel Orange
フランク・オーシャンのデビュー・アルバム“Channel Orange”が予定より1週間早く、昨夜iTunesでリリースされましたv
219channel-orange-frank-ocean

彼のtumblr で視聴できますので、ぜひぜひお聴きになってみて下さい!

超お薦めですっ!!

前回も書きましたけど、ヒップホップやR&Bというジャンル分けを意味なく感じさせる音の連続で、イントロやラストの音源、曲と曲の間に入るノイズも、アルバム全体を通して聴くと独特の世界観を作り上げていて、なんというか…これは、やられた!って感じ♪

それぞれの曲の歌詞も、こちらのインタビューでご本人が「自分はストーリーテラー(語り手)だ。」とおっしゃっている通り、聞き手に感情移入させ、歌の世界に引き込む力を持っています。

中でもぶっ飛んだのが、TV初出演となった昨夜の『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』でもお披露目された、“Bad Religion”という曲。

アルバムでは14曲目に収録されていますが、この曲が始まると…

え?これ、なに?!

という感じで、いい意味で凄く驚かされます。

ライブ・パフォーマンスは更に素晴らしいので、まずは動画をご覧下さい♪
219jimmy-fallon-show-frank-ocean


(最後に、緊張が解けたみたいにフッと笑うのが超可愛いっ

タクシーの運転手に、1時間だけセラピスト(shrink)になって話を聞いて貰う、という設定で始まる歌ですが、自分を愛してくれない人を愛する辛さを「一人カルト」(A one-man cult)や“Bad Religion”に例えた歌詞がとても切なく、まさかのオーケストラの演奏もファルセットボイスの美しさを際立たせています。

歌詞はこちらに載ってますが、一部抜粋させて頂きますと…。

This unrequited love 
To me it's nothing but 
A one-man cult 
And cyanide in my styrofoam cup 
I could never make him love me 
Never make him love me 

(下手すぎる直訳は参考程度でスルーして下さい;)
この報われない愛は
僕にとっては
一人ぼっちのカルトに過ぎず
発泡スチロールのカップに入った青酸カリ
僕には彼に僕を愛するようにさせられない
決して彼が僕を愛するようになんて出来ないんだ

It's a bad religion
To be in love with someone
Who could never love you
I know
Only bad religion
Could have me feeling the way I do

それは悪い宗教に嵌るようなもの
自分を愛することのない相手と
恋に落ちるということは…
知ってるんだ
悪い宗教だけが
こんな想いを僕にさせることが出来るって


通りすがりの相手にふと聞いてもらいたくなるような、報われない恋の悲しみ…対象が男であるか女であるかを超えて、彼の歌声にぐいぐい揺さぶられます。

歌詞の内容は、先週彼が「カムアウト」したと騒がれたこちらの文章と対になっていると思われますが、それにしてもTVデビューで堂々とこの曲をここまで完璧に歌うとは…。

Let the music speak for itself…

とでも言うのでしょうか、自分の音楽を信じる若いアーティストの揺るぎない自信を感じて、観客が途中から誘われるようにクラッピングし始めた時は思わず涙が…(;>_<)


ヒップポップやラップと言えばホモフォビアを歌詞に取り入れた曲も多く、数年前にレディ・ガガが「音楽業界における女性蔑視やホモフォビアを絶対に受け入れない。」とスピーチされた時も、その対象になっていたのは多分このジャンル。

ほんの数年前ならまず考えられなかったことが、どんどん現実になっていっている。

まさにガガ様があの時おっしゃったように、彼女の世代によって…。


“Channel Orange”には色んなアーティストが参加されていますが、音楽業界も100%彼のサポートに回っていて、ビヨンセも彼の画像に素敵なメッセージをつけて自分のサイトに載せていますvv
219FrankOceanBeyonce


恐れることなく
正直に
寛容で
勇敢
詩的で
オープンに
自由で
自分自身であり
恋して
幸せに
そして人を奮い立たせるように…


ビヨンセ様…涙


彼の「カムアウト」については、お母様もツイッターにメッセージを載せていて、ファンのサポートに感謝されています。
219katonya-breaux-riley-frank-ocean
(お母様も美人ですよね!)

219katonya-breaux-riley-frank-ocean twitter

「勇敢で誠実な息子をとても誇りに思う。世界中の人々が彼のように、ありのままの自分でいる勇気を持てたらと願っているわ。」


上記のNY Timesのインタビューによると、彼の父親は彼がまだ6歳の時に家を出ていて、彼はお母様とおじい様に育てられたそうですが、実はそのおじい様がアルコール依存症で、彼をAAのミーティングに連れて行ったらしく、それ以来(恋愛を含めて)自分が何かに依存することを怖がるようになったそう。

男女を問わず、恋する相手との縮まらない距離感、人と繋がって裏切られることへの不安はアルバム全体を貫くモチーフでもあり、ソウルミュージックにありがちな、

「さあ、ベイビー。こっちにおいで。一晩中愛し合おうぜ。」

みたいなところが全くありません。(↑あくまで一般論です;

でも自分の不安や悲しみを隠さずストレートに伝えてくる彼の曲は、単純なセックスを売りにした曲より遥かに美しく、そしてとてもセクシー♪

これからのミュージックシーンを変えていってくれるだろう、素晴らしいアーティストの登場だと思いました☆


最後はアルバムのエグゼクティブ プロデューサーとして名前が載っているという、エベレスト君をご紹介。
219Everest Frank Ocean Dog0


可愛いぃっ!!!(≧▽≦)

思わず「三毛犬?!」と思ったくらい、なんともキュートな配色の仔です~♪

素敵な飼い主さんと一緒に、これからもますます活躍して欲しいですワンw
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
あけぼのさんこんにちは。
 
僕も先日ゲイの外国人友達に彼の事教えてもらいました。 
友達もすごくエキサイティングしながら話していたので、
凄いことなんだなぁと思います!
 
詞だけじゃなくてメロディーも素敵です。
彼の歌と詞で英語の勉強したいと思いました!
 
2012/07/13(金) 22:30:02 | URL | あきのり #-[ 編集]
あきのりさん、こんばんは
お友達の方がエキサイトしちゃう気持ち分かります~
3大ネットワークの人気番組で、気負うことなくごく自然にこういう曲を歌えるなんてっ(涙
私もなんか感動して長々と書いてしまいました^^

ホストのジミー・ファロンが、彼のTVデビューを紹介できることを名誉に思うって言ってますけど、ほんとに素晴らしいパフォーマンスで、アルバムも色んなジャンルがオーバーラップしてて凄く良かったです☆
“Bad Religion”もそうですけど、情景が浮かぶような素敵な歌詞が多くて入り込んじゃいました♪

アメリカだけじゃなく海外でも注目されてるみたいで、10カ国でiTunesのダウンロード1位だったそうです。
ビルボードのアルバムチャートもオンラインの売り上げだけで初登場2位になる予想とか。

これからも応援していきたいです!
2012/07/15(日) 20:29:21 | URL | あけぼの #-[ 編集]
いや~こんなに素晴らしいアーティストに出会えるなんて。
ぽとり←涙がおちた音です。
あけぼのさんの書かれているとうり、ラップ系は暴力的で差別的な感じが
して避けていてR&Bはなんか難しいイメージがあってこれも聴かず。
でもフランクの「カムアウト」で注目して、でオトコマエでさらに注目UP!
そして歌を聴いてその浸み込んでゆくメロディと詩に
ヤラレマシタワ~。
このブログ読んでて彼を知って本当に幸せです。
どうもありがとうございました。
あとこんなに才能があってカッコ良くて才能のある人のBF見てみたいもんです。
彼のいるOdd future も面白いですネ~気に入りました。
彼以外にも女性アーティストが「カムアウト」しています。
2012/07/16(月) 03:22:58 | URL | ゆぴ #-[ 編集]
ゆぴさん、こんばんは
ほんとに素晴らしいアーティストですよね!
私も感激してしまいました~
歌詞もそうですけど、音楽的にもジャンルに捉われていない感じで
ラップとかR&Bとかの要素もありながら、それだけで終わらないところが凄いですvv
それにほんとにオトコマエですよね!!
声も好いですし、おっしゃるとおり、ひたひたと浸み込んでゆくような曲です☆
こちらこそ、ブログを読んでいただけた上に、コメントありがとうございました!

>あとこんなに才能があってカッコ良くて才能のある人のBF見てみたいもんです。
しかもこんな素敵な彼を振った男っていうのが…。
さっそくゴシップブログ様に有名アーティストの名前が上がっていて、なんか色々と妄想してしまいました(^^;

Odd futureについても全然知らなかったんですけれど、かなりゲイフレンドリーなシーンなのかもですねvv
これからも応援していきたいです☆
2012/07/18(水) 19:47:45 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。