アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Invisible War
映画のレイティングシステムの裏を暴いた“This Film is Not Yet Rated”やクローゼット議員の実態を明らかにした“Outrage”などのドキュメンタリー映画で知られる、カービー・ディック監督の新作。

“The Invisible War”
214the_invisible_war


「今日、およそ150万人がアメリカ軍に所属し、勤務についている。

人類の歴史上、最もパワフルで、最新の技術を持つ軍事組織ではしかし、表に出ることのない隠れた闘いが繰り広げられていて、軍は今、その闘いに負けつつある…。」

という予告編のクレジットが既にエキサイティングなこのドキュメンタリーは、アメリカ軍における兵士へのレイプ、そして軍の上層部によるその隠蔽を扱っています。

こちらのトレイラーによれば、アメリカ軍の女性兵士が同じアメリカ兵によってレイプされる確立は、戦闘で命を落とすよりも多く、男女合わせてこれまでにレイプの被害者となった兵士の数は50万人にも上るそうです。


でもレイプの加害者が実際に裁判に掛けられるケースは全体のたった8%、有罪になるのはそのうち更に2%に過ぎないそう。


アメリカ軍にいた知り合いが、「セクハラなんて当たり前。毎日24時間中セクハラされるのよ。」って言ってましたけど、そんな風だからレイプを軽くみたり、組織ぐるみで庇い合うのも平気なのですね…。

でもこちらのインタビューによると、この映画がサンダンス映画祭で公開された後、レオン・パネッタ国防長官が記者会見を開いて改善策を提示されたそうですので、どうやらアメリカ軍もようやく変わりつつあるようです。

そう言えば、DADTの廃止が決まった後、それを祝う反面、アメリカ軍の兵士に対するレイプの問題を取り上げて憂慮する記事もありました。

機会があったらぜひ見てみたい、とても気になるドキュメンタリーです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
これだけ長い間、アメリカが戦争をしている(自国じゃなくても)のも信じられないけれど、レイプ被害が50万人…!!
耳を疑うけれど現実なのだなと。
証言をした女性たちの痛々しさがこちらにも伝わってくるようですが、同時に勇気ある行動を起こしてくれたと頼もしく思います。

一つ前の記事もそうですが、やはりいまだにレイプが軽く考えられているのでしょうね。
こういう映画を作ることで少しでも皆の認識が高まることを願います。
2012/06/20(水) 21:42:22 | URL | ミオ #785YtZ7g[ 編集]
ミオさん、こんばんは
ニュースでも少しずつ取り上げられるようになってきていて、レイプ事件の多さや軍による隠蔽については知っていたつもりでしたけど、こうして改めて数字で挙げられるとかなりショッキングでした。
でもおっしゃるとおり、これほど強大な組織に対して声を挙げられた、一人一人の兵士の方々の勇気には本当に頭が下がります。

自由と平等を守るという名目で存在してるはずの軍隊が、女性やマイノリティの人権を尊重せず、犯罪行為を行っても裁かれないなんて酷すぎますよね;
ほんと、こういう映画こそ沢山の人が見られるようにして欲しいですv
2012/06/22(金) 20:20:16 | URL | あけぼの #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/24(日) 07:32:39 | | #[ 編集]
秘密のコメ様へ
おっしゃるとおり、どんな場合でもレイプは怖いです。
相手が罰せられた場合でさえ辛いのに、ましてや罪にさえ問われないとしたら救われません;

怖いのは男性でも同じですよね。
そんな映画まであったなんて…
最後はハッピーエンドだといいのですけど
そんなエンディングじゃ辛すぎます><

アフリカでの事件もほんとに酷いです。
南アの場合は、それでも被害者を守る法律があるわけですけど、それすらない国ではどうなっているのか考えると…
本当に何か出来ることはないのかと思います。

そして、そうなんですか?
裁判員制度になってから刑期が重くなったんですか?
それまでは2年くらいって…
ほんとにありえないです!!
2012/06/24(日) 15:46:08 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。