アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領が同性婚支持表明
バイデン副大統領の同性婚支持表明、そして昨日のノース・カロライナでの州民投票の結果等を受けて、オバマ大統領が「個人的な」同性婚に対する考え方が、更に「進化」して同性婚支持になったことを表明しました。

video platform video management video solutions video player

内容については日本語の詳しい記事がありました。

少々、ゆるい言い方ではありますが、アメリカの大統領が同性婚に対して支持を表明したのは初めてということで、ゲイライツにとっての歴史的な一歩となったことは間違いありません。

バイデン副大統領の同性婚支持表明以来、オバマ大統領に対しても立場を明らかにするようにここ数日かなりのプレッシャーがあったのですが、ようやく「個人的な意見」として、同性婚支持を表明することにされたようです。

だからと言って直ぐに何かが変わるというわけではありませんが、今年の選挙で共和党の大統領候補となることがほぼ決定しているミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事との選挙戦において、この「個人的な意見」が党のポリシー、また大統領としての公約であるというところまで更に「進化」していくのかどうか、これからますます目が離せなくなってきました。

民主党の大物議員のほとんどは、党として同性婚支持を選挙の「売り」の一つにしたいという考えだそうで、普段あまり目立たないバイデン副大統領が今回かなり大胆に同性婚支持を表明したのも、実は2016年に大統領選に打って出る気があって、それを見据えた上での政治的決断だそう。

クオモNY州知事が去年NY州の同性婚を強力にプッシュしたのも、やはり2016年の大統領選を視野にいれた上だと言われています。

昨年アメリカでは初めて同性婚支持が反対を上回ったという調査結果が出ていました。

40歳以下の場合、その支持率は60%を超えるそうで、オバマ大統領の支持層とも重なることになります。

ノース・カロライナのような保守層の強い州で相変わらず同性婚を州憲法で禁じる法案が通る一方で、メインやNJのような東部のリベラルな州では、今年の選挙で同性婚を許可する法案を州民投票に掛けようという動きもあるそうで、もし1州でも投票によって同性婚が許可される州が出れば、これからのゲイライツにとって更に大きな一歩となることは間違いありません。

とはいえ、共和党の政策はますます保守反動化する一方で、オバマ大統領のインタビューを受けて、ロムニー候補もきっぱりと同性婚に反対の立場であることを表明しています。

LGBTの権利以外にも、女性の選ぶ権利、移民法、労働に関する基本的権利、そしてもちろん経済政策、と様々な問題が、その結果によって大きく影響を受ける今年の選挙。

また熱い季節の始まりですv
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
日本のニュースでも今夜報道がありまして、それで初めて知りました。
小さいけれど大きな1歩?

日本じゃ同性婚なんて話題にもなりませんよ~
このニュースも完全に対岸の火事なニュアンスです…
2012/05/10(木) 06:58:28 | URL | くろみみ #-[ 編集]
くろみみさん、こんばんは
日本でもニュースになっているとお聞きしました~
今すぐに何かが変わるということではないけれど、これからの波紋は大きいのではないかと思います♪

にしても対岸の火事…。
こちらではどのニュース番組でもトップニュースで、これで選挙の行方が変わるかどうかについても色んな意見が出てました。
日本の政治家さんも何か意見を言ってくれないかなー。
2012/05/10(木) 20:51:40 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
バイデン副大統領の同性婚支持表明、そして昨日のノース・カロライナでの州民投票の結果等を受けて、オバマ大統領が「個人的な」同性婚に対する考え方が、更に「進化」して同性婚支持になったことを表明しました。 video platform video management...
2012/05/19(土) 04:21:05 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。