アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル、殿堂入りを断る
ガンズ・アンド・ローゼズのボーカル、アクセル・ローズがガンズのRock'n'Roll Hall of Fame(「ロックの殿堂」入りを断りましたw
203axl-rose-and-lana-del-rey

ちなみにこの画像は最近ゴシップコラム様を賑わせていた、アクセルとラナ・デル・レイがハリウッドのホテルを出て、一緒にSUVで走り去る現場を撮影されたもの。

ラナ・デル・レイはアクセルの大ファンで、売れる前に“Axl Rose Husband”なんて曲も作ってるとか?

意外なツーショットでした…

っていうのは本題じゃなくてですね(汗)アクセルがガンズとしての殿堂入りを断ったっていうのが、朝からエンタメニュースを賑わせていたので一言書いておこうかと…。

LA Times に彼がRock'n'Roll Hall of Fameに送ったという手紙が載っているんですけど、これが徹底してます。

ちょっと時間がなくて訳せませんけど、人が年と共に丸くなるなんて嘘だっていうのがよく分かりますね(笑)

なんでここまで元のバンドメンバー、特にスラッシュに腹を立てているというか、ここまで拗れてしまったのかが凄い謎。

まあ、Fワードとか連発してないだけマシなんでしょうけど、その分ネチネチと再結成なんて絶対ありえないし、殿堂入りも死んでもお断り、みたいなのがねー。

“I strongly request that I not be inducted in absentia and please know that no one is authorized nor may anyone be permitted to accept any induction for me or speak on my behalf. Neither former members, label representatives nor the Rock And Roll Hall Of Fame should imply whether directly, indirectly or by omission that I am included in any purported induction of "Guns N' Roses".

「俺が不在だからって勝手に俺を殿堂入りさせたりしないように。誰一人、俺のために俺の殿堂入りを受けたり、俺の代わりにスピーチする権利もないし、許可も与えられていない。元のガンズのメンバーも、レコード会社の代表も、Rock And Roll Hall Of Fameも誰も、直接または間接にも、俺の殿堂入りをほのめかすようなことは一切しないように。」

いや、そこまで?

そこまで全否定ですか?!

( ̄Д ̄;

ファンとしてはちょっと寂しい気もしますが、でも逆に、おじさんになってもここまでロックな彼を喜ぶべきかもですねw

殿堂入りどころか、女王陛下の前で跪いてほいほいナイトの称号を受けたりするロックおじさんもいる中、こういう潔い態度はさすが?(単に元メンバーに会いたくないようにも聞こえますが…w

ちなみに、今まで殿堂入りを断ったのは、アクセルの他にはセックス・ピストルズだけだそうです(笑)

グリーン・デイが彼らのためにスピーチをする予定だったそうなので、ひょっとしたら夢のコラボ実現だったかもしれないのが残念ですが…。


最後に、個人的にはロック史上最高のラブソングと思っている曲のつべ♪


There is love, but pain underneath it makes everything so intense and so…so irresistibly beautiful…

Love you, Axl. You are my RocknRoll Hall of Fame, no doubt.
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/15(日) 15:01:01 | | #[ 編集]
秘密のコメ様へ
こんばんは。

ご家族でファンなんて羨ましいです~。
昔の美しさ…
た、確かに…;

でももう彼も50歳になるそうですから
ほんとしょうがないのかもですね(^^;
2012/04/19(木) 21:43:49 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。