アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガーゲーム
先週全米で公開されるやいなや、公開週末の興行収益歴代3位の記録を打ち立て、今週末も興行収益1位をキープ。久々のメガヒットとなったアクション映画

『ハンガーゲーム』“The Hunger Games”
201hunger-games-movie-poster

公開の半年以上前から、各エンタメブログ様で紹介記事を見ない日はないというくらい話題になっていた映画ですけど、ティーンというよりトゥイーン(Tween=10~14、15歳?)向けの『トワイライト』層を狙った映画ということで、個人的には全く興味がありませんでした;

それが公開後、普段は映画のレビューなんてしないテクブログ様まで、この映画のレビューをされていて、それがそこそこ良かったので、ついつい乗ってしまった…ww

設定としては、アメリカ合衆国崩壊後の近未来が舞台で、「キャピトル」の支配者たちが、かつて反乱を起こした12の地区から12歳から18歳までの男女2人を選出。"tributes"(捧げ物?)と呼ばれる彼らを、”ハンガーゲーム”と呼ばれるサバイバルゲームに強制的に参加させ、最後の一人が“victor”(勝利者)となるまで殺し合いをさせるというもの。

どこかで聞いたような話なのはもちろん、『バトル・ロワイヤル』にそっくりだからですねw

ただ、設定は似ているけれど、実際のexecution…つまり、その設定をどう活かしてストーリーにするかという点はかなり違っていて、この映画の見所はむしろ最初の1時間ほど、ゲームの開始前にあるというのが個人的な感想です。

逆に言うと、『バトル・ロワイヤル』のあの、ここまでやられたらもう笑うしかない的なバイオレンス描写を期待して観ると、多分見事に裏切られます^^

というのも、この映画には『バトル・ロワイヤル』にはなりたくてもなれない理由があるから…。

以下、特に内容はありませんが、例によって悪い癖が出てしまったので背後に注意です。(今回は女の子警報;)


ヒロインのカットニスは貧しいディストリクト12に住む16歳の少女。弓が得意な彼女は、数少ない森の獣を狩ることで母と妹を飢えから守っています。
201hangergame01

まだ幼い妹はそんな姉を母親より頼りにしていますが、その妹が不運にもその年のハンガーゲームの12地区代表に選ばれてしまうと、カットニスは自分が身代わりとしてゲームに参加することを申し出るのでした。
201hangergame01-2
("tributes"を選ぶ“reaping”のシーンは、ナチの強制収容所を思わせる色彩とデザイン)

そんな彼女と一緒に12地区代表に選ばれたのは、小柄なパン屋の少年ピーター(キッズ・オールライトのジョシュ・ハッチャーソン)。
201hangergame02

二人は「キャピトル」に向かう豪華な列車の中で、ゲームに勝ち残るには「人に好かれること」という意外なアドバイスを過去のゲームの勝者、ウディ・ハレルソンから受けます。(←キャラ名を忘れ…;
201hangergame03
(久しぶりに見た気がしますが、印象に残る美味しいキャラでした!)

なぜならゲームがTV放映されると人気のある参加者にはリッチなスポンサーが付き、ゲームで生き延びるために必要な物資を差し入れてくれるから。

妹のためにゲームへの参加を決めたカットニスを勝たせたいと願うのは、彼女達のスタイリストとなったレニー・クラヴィッツも同じ。(←キャラ名を忘れ…x2;
201hangergame04
(久しぶりに見た気がしますが、印象に残る美味しいキャラでした!x2。相変わらず超セクシーボイスのイケメンさんです~♪)

彼は"tributes"のお披露目↓で観客の印象に残るようにと、二人にど派手な衣装を用意してくれます♪
201hangergame05
(ベンハー風チャリオットでの入場シーンを含め、「キャピトル」のアートデザインは見る価値あり。)

こういうセルフプロモーションが苦手なカットニスはそれに戸惑いを覚えますが、最初は大人しそうに見えたピーターは意外にも自分達を売り込むことに積極的で、そんな時、カットニスをきっちりリードしてくれるのでした。

実はピーターはずっと前からカットニスに片想いしていたのです。

彼がその気持ちを本人にではなくTVで告白してしまうと、「それも売り込みのためなのよね!」とカットニスを怒らせることになりますが、周りはこれ以上に上手い宣伝はないと彼の判断をサポートしてくれて、本当は彼の気持ちに気づいていた風なカットニスも、ゲーム前夜は彼と仲直りして、いよいよ殺人ゲームが始まることに…。

201hangergame05-2


と、でもこの映画、個人的に面白いのはここまででした^^

ゲーム自体は、前半で期待を煽られたような、ゲームの参加者同士の間で繰り広げられる心理戦、または参加者と視聴者の間での必要物資を巡ってのアピールや駆け引き、みたいな部分が全くなくてかなりがっかり。

悪役はあくまで悪役で、良い子は良い子のままというキャラの意外性のなさも薄っぺらく、こういう場合に必須のCGも「今時この程度?」でオリジナリティに欠けました。もちろん3Dでもない。

かといって、この映画にはもっとリアルな殺し合いの描写を売りにするのが絶対にムリな理由、というか、そうは出来ない制約が…。

ご存知のとおり、アメリカにはかなりうるさいレイティングシステムというのがあって、子供が見るのに相応しくないと判断されるとR指定にされ、17歳以下の子供が観るためには保護者の同伴が必要となります。

過剰な暴力や性描写があれば当然R指定になるわけですが、『ハンガーゲーム』は、子供同士が殺し合うという身も蓋もない設定でありながらPG-13、12歳以下の子供の観賞には保護者の注意が必要という、この指定になんか意味あるのか?と言いたくなる無難なレイティングをゲットし、R指定であれば激減するはずの観客動員数をキープすることに成功しています。

とりあえず警告さえ出しておけば、刺激に飢えたガキ共を満足させるだけの餌を投げ与えられる。というわけで、映画会社にとっては素晴らしく魅力的なレイティングがPG-13。

子供に見せるべき良い映画が、Fワード等の「悪い言葉」が使用されているから、というだけでR指定になる一方、こういう映画がPG-13で大うけするという偽善的システムではありますが、そんなシステムの下、ギリギリPC-13を確保するために、さすがに無理なのが『バトル・ロワイヤル』的とことんやるぜっ!な(?)バイオレンス描写というわけ。

というわけで、ゲームが始まってからはむしろ退屈。ストーリーも余り広がらず、キャラに深みもないため、後半の失速感が半端なかったです;

前半の盛り上がりはそこそこ面白いだけにちょっと残念だったんですけどね。

思ったよりマシな映画なのは確かだけど、なぜこれだけ騒がれるのかが分からないというのが正直な感想でした^^

まあ全く観る価値がないかと言うとそうでもなくて、主演のジェニファー・ローレンスはなかなか良かったです。
201the-hunger-games-jennifer-lawrence-katniss
(髪の色や髪型が違うだけでかなり印象が違って、映画を観終わるまで、彼女がミスティーク役の女優さんだったことに気づきませんでした;)

そもそも色んなブログ様で、彼女のキャラをT2のリンダ・ハミルトンなんかと比べて、強く逞しい「女性戦士」の系譜である、みたいな讃え方をしていたのが私がこの映画によろめいてしまった理由ですけど、さすがにそれはどう考えても誉めすぎでは…?(笑)
201the-hunger-games-jennifer-lawrence-katniss2

ただ、元々はセクシー路線で売り出した女優さんのようですので、そういう意味ではギャップ萌えがあるかもです♪
201jennifer-lawrence-esquire-1
思わず撫で回したくなるようなセクシーバディ!(笑)

201jennifer-lawrence-esquire-0
私についてるものがついていれば、一度お願いしたいくらいでございますわww

こんな彼女が全く「女」を売りにせず、バトル用のストイックな衣装で、自分の男を守って闘うというのが受けてるのかもですね♪
201hangergame07

あんな半端で生温い結末じゃなくて、ああいうゲームが存在するシステムそのものの崩壊とか、
201hangergame06
(途中そういうシーン↑があったけど直ぐ終わっちゃったね;)

体制側にとことん逆らった結果もたらされる悲劇とか、そういうのが何かあると見応えのあるSFになったんだろうけど、

「え?何、これで終わりなの?」

って感じの結末でした;

でもまあ、明らかに続編がある感じのエンディングで、全部で3作あるうちの2作目、“Catching Fire”の映画化も既に決まっているそうなので、これから話が面白くなるのかもしれませんが…。

よほど評判がよければともかく、続編は特に映画館に足を運んでまで観なくていいかな(^^

日本でも公開が決まっているということで、ネタバレがないのは良いとして、お色気画像(笑)以外にたいした内容がなくてすみませんでした(^^;


追記:
トレイラーを貼り忘れたので…;


それと、カットニスとピーターの故郷であるディストリクト12は、ノースカロライナにあるかつて紡績工場のあった町(mill town)で撮影されていますが、『ハンガーゲーム』のファンがやって来るのにうんざりしたオーナーによって、町ごと売りに出されています。
201hunger-games-district12
工場自体は1977年に焼けていますが、今でもお店や家が20件ほど残っている町はゴーストタウンのようで、映画の中でリアルな雰囲気を出していました。

$1.4M、つまり日本円なら一億円少々で町ごと手に入れられるそうですので、ひなびた田舎で『ハンガーゲーム』ごっこを楽しみたい方にはお勧めです(笑)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『久しぶりに映画の感想ということで…もしよろしければランキングのボタン↑をプチプチ押して頂けると嬉しいです^^』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちはー。
「ハンガーゲーム」というのがあるんですね。
ちょっと動画を見てみたんですが、丁度ゲームに入るまでの
予告だったみたいで、たしかに面白そうだと思いました。
あけぼのさんの評価も気になりつつ、久しぶりに米国映画の予告見たら、
予告だけでもワクワクさせられました。^0^サスガ米!

>『バトル・ロワイヤル』は、
怖そうで見たことがないんですが、面白いんですかねー。
見てみようかしら。「ハンガーゲーム」の場合はそれほど残虐ではないんですか・・・?

>ナチの強制収容所を思わせる色彩とデザイン
>ベンハー風チャリオットでの入場シーン

この辺のシーンがとくに興味深いです。^-^

先日は優しいメールをありがとうございました。
きっとまた返信しちゃうと思います。^-^;
2012/04/07(土) 17:16:50 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
この映画は今週末も興行収益No1で、どうも今年一番のヒットになりそうな感じです。
(そう言えば予告の動画を載せるのを忘れてました;)

『バトル・ロワイヤル』ですが、こんな記事を書いておいて、実は私もあんまりちゃんと見てないんです(汗)
藤原竜也目当てで見て、彼しか覚えていないという…。
フェイクって丸分かりなものでも、あんまりグロいのはダメみたいで…(^^;
だから「ハンガーゲーム」くらいがちょうど良かったんですけど、後半部分でもうちょっとストーリーが膨らんでくれればな、と思いました。

こちらこそ興味深い内容で思わず返信が長くなってすみませんでした;
(それでもメール、届いてよかったです!)
あれだけ内容のある記事だと更新大変だと思いますが、またブログの方も楽しみにしていますねvv
2012/04/08(日) 21:33:07 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは。お元気ですか?。
更新ストップされていて、いつも残念に思います。 ( ノω-、)
「ハンガーゲーム」見ました。
面白かったです。最後まで集中して見られました。
とくに、ゲームが始まるまでのあれこれが面白かったです。

>ナチの強制収容所を思わせる
>ベンハー風チャリオットでの入場
が、やっぱりとても印象的でした。

>ジェニファー・ローレンス
初めて見たのですが、ほんとーにスタイルの良い女優さんですねー。
ゲーム自体は・・・うーん。
でも心臓とまるような残虐さでなかったのでホっとしました。
続編が気になります。

ところで、続編だらけの
>『トワイライト』って面白いんでしょうかねー。
ちょっと気になりだしたんですが。
(メールありがとうございました。m(_)m
 マイブログにコメしました。)
2013/06/04(火) 16:38:01 | URL | 水中ソング #w7E8CPEA[ 編集]
水中さん、こんばんは
おひさしぶりです!
更新さぼりがちでほんとすみません(_;)

「ハンガーゲーム」ご覧になったのですねv
私もゲームが始まるまでのあれこれの方がゲーム自体より面白かったです^^

>でも心臓とまるような残虐さでなかったのでホっとしました。
そうなんです!
おっしゃるとおり、見ているのが辛くなるような酷い描写がなかったのが救いでした。
(ジェニファー・ローレンスはほんとにスタイルが良くて綺麗な女優さんですよねv)

『トワイライト』は実はまともに見たことないんですっ(汗)
オンデマンドとかでチラ見したことはあるんですが、そもそも一話目からきちんと見ていないので…
でもティーンの女の子だけでなく、そのお母様達も一緒に嵌っていたらしいので、見たら面白いのでは?と思います。

(こちらこそお返事ありがとうございました!また更新楽しみにしていますね☆)
2013/06/23(日) 13:32:16 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。