アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スワン
2010年にアメリカで公開されたサイコスリラー・フィルム、

『ブラック・スワン』“Black Swan”
188Black_Swan_poster

主演のナタリー・ポートマンがアカデミー賞の主演女優賞を受賞し、作品賞、監督賞等5部門にノミネートされるなど批評家からも高い評価を受け、しかも興行的にも成功した作品。

ということで、物凄い期待して観ちゃいました!!

・・・が、しかし・・・・・・

この映画、面白かったですか?
(汗)

映画が終わった瞬間、

はぁ?!これで終わり??

なんだそりゃああぁっ!!!

って叫んだのは私だけ?(汗)


これ、なんでナタリー・ポートマンがアカデミー賞なんでしょう?

露出度?エロ度?

「男を誘惑するブラック・スワンのパートが踊れないのは、君が不感症だからだ!」

みたいな、バレエ団の監督(♂)の超ありがちな決め付けで、

「今晩オ○ニーしなさい!」(笑)

って、言いつけられたナタリー・ポートマンが一生懸命がんばったりするんですけど、アカデミー賞はそこ?
188Black-Swan2
(いわゆる体当たりの演技w)

だって後は演技って言っても、最初から最後まで同じ表情なんだよね…。
188Black-Swan
(オドオド、ビクビク、ブルブル・・・うん、全部同じ・・・;)

それにサイコスリラーっていうから、もっと心理的なサプライズを期待してたんですけど、そういうのも全然なくて、むしろただのホラー映画。

ストーリーもあってないようなものだし、肝心のバレエのシーンも殆どない。

あるのは、ただひたすら観客を脅かす、血まみれの残酷描写・・・;

指の皮剥ぎでのた打ち回っていたら、顔ブスブスで止めを刺されました(泣

一体何なんですか、この映画は???

『イブの総て』的なものを期待して観にいったら、実は『キャリー』だったという・・・涙

つか、ナタリー・ポートマンの役、イタ過ぎ…。

大評判だった(?)レズビアン・セックスシーンもねー。なんかねー。愛もないし、むしろグロい。

シャワーしてないのに・・・

とか、どうでもいいことが気になった(^^;


実際に踊ってるのはナタリー・ポートマンじゃないって代役だったプロのバレリーナの方が言ってるらしいですけど、確かに全身が映るシーン、特にフットワークは全て遠目か足だけのクロースアップで、誰が踊ってても分からないんですよね。

それならそれでいいから、ラストのステージだけでももっとプロの方の踊りで魅せてくれたら、まだあの落ちでも納得できたかもしれないのに・・・。

なんかアカデミー賞に激しく騙された気分です^^


お勧めするとすれば、リリー役のミラ・キュニスっていう女優さんかなー。
188mila_kunis1

彼女の役は表情がクルクル変わって、可愛いかったり、セクシーだったり、いけない子(笑)だったり、とっても魅力的でしたvv

最後は例によってトレイラー。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もし「実は自分もこの映画が分からない・・・」という同志の方がいらっしゃいましたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します^^』
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
@猛毒吐くわよ~
うん、アカデミー賞って
アカデミー会員のものだから、
”一般受けしなくても(いいものもあって)いいの”
v-42

一瞬、むしろラジーだろ・・・ってのも
たまーにありますからね。
ましてや、アメリカ感性で選んでいて
(アカデミー会員はアメリカ人で占めてますからね)
他の国じゃ、どう?って
受けませんでしたってのも多々あるかと。
「英国王のスピーチ」は観たいよでしたがねv-218
(でも都合あわず、DVD待ちで)

ちなみにおいらんち”映画観るよ、でも厳選します”夫婦は
この映画はアウチv-40
理由は夫婦揃って言った一言
「ナタリー・ポートマンがごわいよーv-12
かあちゃーん」です
2011/07/15(金) 02:23:06 | URL | すずら #l6TKZH6o[ 編集]
すずらさん、こんばんは
毒吐いてしまいましたよ~w
ほんとアカデミー賞だからって
信じちゃいけないですよね(´ヘ`;)

この映画も、もうちょっと笑えたら良かったんですけど
ラジーというほど弾けてもいないし
一体何がしたかったんだって感じでした;
アメリカ人の感性とも合わない気がしたんですけど
(一緒に観た友達はみんな“はあぁ?!”って感じ;)
芸術家の方々には受けたんでしょうか…。

>この映画はアウチ
お好きな方にお叱り受けるかと思っていたので
アウチな方がいらしてよかったです~♪
あのナタリー・ポートマン、怖すぎでしたよねww
2011/07/15(金) 18:52:39 | URL | あけぼの #-[ 編集]
これは…
割と賛否両論ある映画ですもんね(笑)
僕はまだ観てないんですが…
見方をはっきりさせてからレンタルで楽しもうと思います。

ミラ・クニスさんは第二のアンジーなんて言われているので
今後も楽しみです☆
2011/07/18(月) 18:54:02 | URL | shimaneman #-[ 編集]
shimanemanさん、こんばんは
けっこう賛否両論あるんですね!
私以外にも「否」の人がいらっしゃってホッとしてます^^
(もしご覧になったらぜひそちらで感想お願いしますvv)

ミラ・クニスさんはほんとに良かったです☆
第二のアンジーって言われると、確かにそんな感じ~。
でも全体にもう少し普通にキュートかな?
日本でも人気出そうって思いました♪
2011/07/19(火) 18:43:01 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちはー。お久しぶりです。
最近、やっと『ブラック・スワン』みたので。(遅)

> 最初から最後まで同じ表情
笑!ほんとにほんとに。^^

> 大評判だった(?)レズビアン・セックスシーンもねー。なんかねー。愛もないし、

これもちょっと期待したんですが、
ドキドキしませんでした。

唯一解りやすかった事といえば、
自由で性的魅力あふれるダンサーが踊る踊りと
品があって上手いけど、ちっとも踊りに魅力がないダンサーの
違いですかねー。
踊りって人の性格がよく現れるというか。
この辺りで妙に納得しちゃいました。
ヒロインは最終的に開花したみたいなので?良かったのですが。
あと、母と娘の関係とか・・・

アカデミー賞モノですかー?
うーむ(-_-;)
しかし痛そうなシーンが多くて。
またしても、以前の記事へのコメントですみません。
2012/02/18(土) 19:22:23 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
お久しぶりです~。
『ブラック・スワン』ご覧になったのですねvv

> 最初から最後まで同じ表情
分かっていただけて嬉しいです!(笑)

>ドキドキしませんでした。
物凄く騒がれていたわりに残念というか
ほんとドキドキしませんでしたよね;

>自由で性的魅力あふれるダンサーが踊る踊りと
確かに!
何で最初からミラ・クノスをプリマにしないの?って思っちゃいました;
そしてヒロインが開花して、さあこれからだ!と思ったらあのラスト…
あれはあれで好いんでしょうか…。

>あと、母と娘の関係とか・・・
あの母親はキャリーっぽかったですw

アカデミー賞の基準がよく分からないんですけど
私的には感動より苦笑の方が多くてダメでした(^^
痛そうなシーンも苦手で…;

過去記事へのコメント嬉しかったですvv
PCが不調でしばらく引っ込んでいましたが
またそちらにも遊びに行かせて下さいね☆
2012/02/20(月) 21:23:20 | URL | あけぼの #-[ 編集]
白鳥の湖のストーリーを知らないと面白くないのかもしれません。
ただ、あれはバレエをやらせる親と子どもが物凄くリアルに
描かれていたんです。バレエ団の様子も部分的にリアルでした
レズビアン映画ではないのに、宣伝の仕方に難がありましたね…
2013/04/30(火) 21:27:16 | URL | #-[ 編集]
白鳥の湖のバレエは見たことがあるのですが…?
むしろ、母親に抑圧されるあまり自分のセクシュアリティに気づけない主人公が、ある日自分の前に現れた魅力的なダンサーのせいで人格崩壊していく…というストーリーはレズビアン映画でOKな気はしました。
もう少しそこをはっきり描いてくれた方が伝わりやすかったというか、それで今時「オナニーしろ」はないだろうと…;
2013/05/19(日) 15:18:22 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。