アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジューキンvsターフィン
YouTubeでしばらく前から評判になっているのがこちら↓のヨーヨー・マとチャールズ“リル・バック”ライリー(Charlies 'Lil Buck' Riley)というストリートダンサーの方によるコラボ。


ヨーヨー・マはもちろん世界的に有名なチェロリストですけれど、ダンサーの方はまだ22歳。LAを中心に活躍していて、メンフィスで生まれたジューキン(Jookin)というストリートダンスのスタイルを得意としているそうです。

Jookinの特徴はその複雑なステップ。

メンフィス出身の彼は13歳の時に初めてJookinを知って、Jookerと呼ばれるストリートダンサー達からそのテクニックを学び、その後、2年間のクラッシックバレーの訓練を経て、現在のスタイルを確立されたそうです。

本当に素晴らしいテクニックだし、トップアーティスト同士のコラボも素晴らしいですよねvv

ただ、Jookinというダンス自体は、ギャングスタ・ウォーク(Gangsta Walkつまり「ギャングスター歩き」)と呼ばれるメンフィスのストリートダンスから派生したもので、こういう「高級なアート」になるとちょっと違和感があるのも事実。

こちら↓はメンフィスのJookerの方々が作られたドキュメンタリーのトレイラーですけど、ストリートで生まれたダンスをそれが生み出された場所に置いて見ると、やっぱり迫力が違います。



それでこのJookinの動画を見て思い出したのが、ターフィン(Turfing)という、地元ベイエリアの街、オークランドで生まれたストリートダンス。

独特の滑らかな動きが似ていると思って調べてみたら、TurfingもGangsta Walkに影響を受けているそうです。もちろん、ブレイクダンスやヒップポップがそのルーツ。

このTurfingがアメリカで大評判になったのは、「レインビデオ」と呼ばれるようになったYouTubeに載せられた動画ですが、ローカルニュースだけでなくABCのニュース番組でも取り上げられていたので、ご存知の方もいらっしゃいますでしょうか?

彼らが踊るその場所で、その前夜に撃たれて亡くなった弟に捧げるダンス…。


オークランドといえば、若いアフリカン・アメリカンの男の子がギャングの抗争に巻き込まれて亡くなる、というニュースばかり。そんな中、ダンスという形で力強いメッセージを伝えてくるこの動画は、何度見ても胸を打ちます。

音楽もとてもgripping、ギュッと掴まれるような感じというか、凄く緊張感があって、そして純粋に美しい…。


オークランドというのは昔住んでいた街で、今もそんな遠くないところに住んでいるし、知り合いもいるけれど、とにかく人種や文化が入り乱れていて、とても複雑な街です。

アメリカ人に聞けば、殆どの人が多分、「危険な街」と一言で片付けてしまう街だけど、それだけじゃない。

大きなチャイナタウン、というより中国系移民の方々が住む区域もあれば、バークレーやサンフランシスコより安い家賃に引かれて、白人のアーティスト達が移り住んできている地区もある。

真昼間、二人組みの黒人に中国系の男性が殴り殺されたのが大きなニュースになる一方、中国系の若い男の子の間でもTurfingが人気で、ブラックの男の子達からTurfingを教えてもらっているというニュースも見ました。


いつかこの街から、その多様な文化的背景をベースに、素晴らしいアーティストが生まれる予感がします。

そしてその時には、「危ない街」が「希望の街」、絶望的な状況の中から希望が生まれた、そう讃えられる街になっていることを願っています。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
@危ないから生まれる
直接的ではなくても、
間接的に”命の危機”から生まれる
アートって多々あると思います。

本能に根付くアート。
それを、たとえ生まれが違っていても、
鼻から無視することってできないと思います。

見事は見事です。

クラシックが上等、じゃあストリートダンス、
ましてやギャングスタ・ウォークが
品がないでダメってことはないと思う。

そこには、本当に命を振り絞るような、
悲哀、叫び、怒りが
ぎゅっと詰まり、足を躍らせていると
思いますから。
2011/05/18(水) 18:07:49 | URL | すずら #l6TKZH6o[ 編集]
すずらさん、こんばんは
>本能に根付くアート。
なるほどー。
動きの美しさは確かにアートなんですけど
「場」から切り離すことで
何かが失われるように見えてしまうのは
勝手な言い分かもしれないんですけど
そういうことってありますよね。。。

おっしゃる通り、見ていると色んな想いが伝わってきて
こちらの中の感情もかきたてられます。
クラシックのように、振り付けをきちんとこなすのもアートなら
自分を思うままに表現するのもまたアートですよねvv
私もどちらが上等、どちらがダメってことは絶対ないと思います!
2011/05/24(火) 20:42:30 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。