アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートバス
2008年にアメリカのゲイ男性から「最高のゲイ映画」22位、2009年には31位、2010年に27位に選ばれたのは、2006年製作のアメリカ映画

“Shortbus”『ショートバス』
160shortbus

ウィキピディアによると、

「大都会の片隅で愛と性を求め合う男女の姿を、リアルで過激な映像の中に描く」

映画だってことになってます。

つまりセックスシーンが多くてモロ出しってことなんだろうけど、こういうコピーの映画にロクなものがあったためしがない…。

そう思って何の期待もせずに見たのに、これが実はすっごく良い映画でしたvv

それもそのはず、監督のジョン・キャメロン・ミッチェル氏(↓右上)はあの『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の監督さん(&主演)でもあります。
160shortbus0
そしてもちろん(?)カムアウトしているゲイ男性v

以下ちょっぴりネタバレ。

プラス、とても良い映画ですけど明らかにお子様向けではないので18禁そして背後に注意!!です。



この映画にはセックスシーンが多いことは確かに多いんですけど、ウィキピディアの紹介の仕方は誤解を招く気がしました。

一番の問題は「過激な映像」っていう言い方かなー。

こういう紹介の仕方だと、暴力とかドラッグ絡みの「過激な」映画を想像しませんか?

そうじゃなければ、エッジーで前衛的、頑張って構えて見ないといけない映画って感じ?

「オーガズムを体験したことのないセックス・セラピスト(↓右)にカウンセリングに来るゲイカプ」
160shortbus01
っていう設定を聞いても、こういう話にありがちな笑えないコメディを想像しただけ。

でもそういう先入観に凝り固まって見始めたにも関わらず…

ボロボロ泣けてしまった^^


とにかくこの映画、登場人物に対する目線がとっても優しいんです。

監督さんによると、映画のストーリとか登場人物のキャラは、オーディションで選ばれた俳優さん達と一緒に3年掛けて作り上げたそうなのですが、そのせいかキャラの性格とか行動がリアルで、作り物って感じがしない。

中でも私が一番好きだったのは、ジェームスっていうゲイのキャラ(↓右)
160shortbus1
パートナーのジェイミー(↑左)にすっごく愛されてるんだけど、どうしても愛情を返せなくて一人で苦しんでる。

ジェイミーは彼が苦しんでることだけは分かるんだけど、どうして上げたら良いのか分からないし、開けっぴろげで明るい彼には、ジェイミーがずっと抱えてきた悲しみが分かってるようで分かってない。

ジェームスが割りと切羽詰って「他の男とも寝てみよう。」って言い出した時も、「ま、いっか。」みたいなノリでOKしちゃうんですよね。

Shortbusっていうのは、障がいのある子供達の「特殊学級」への送迎に使用されるスクールバスのことなんですけど、こんな風にどこか「足りない」、満たされない気持ちを抱えた主人公達が、救いを求めてやってくるセックスクラブ↓の名前がショートバスなのです。
160shortbus00
(こちら↑はそのショートバスでの「過激な」シーンw)

ジェイミー&ジェームスがショートバスで出会ったセスくん↓と3人でするシーンがあるんですけど、これもやっぱり「過激な」シーンになるのかも?(^^;
160shortbus2

でもまずそこに至るまでの過程を大切にしてるんですよ、この映画は。

ジェームスは男の子の写真を縁取りしたペンダントをしてるんですけど、これはジェームスとジェイミーの子供の頃の写真を表と裏にくっつけたもので、ジェームスがジェイミーのために作って上げたんですね。

「そのつもり」で2人のアパートに付いて来たセスだけど、そういうラブラブな話を聞かされて、

「僕、やっぱり帰るよ。」

って言うんです。

この映画のキャラはみんな、そういう風に繊細で優しいところがあるの♪

まあ結局セスは二人に引き止められて「過激な」3P↓になるわけですけどw
160shortbus3

最後にジェームスが1人で別の男とする時も、その相手が思い詰めた顔のジェームスに「本当に良いの?」って優しく念を押すんです。

これ以上のネタバレは書かない方が良いと思うんですけど、このシーン、それ以前のジェームスの行動とか言葉の意味を考えるとウルッときちゃいました…涙


確かにセックスシーンは多いけど、見終わった後、萌えっていうんじゃなくて、しみじみ、ほんわかとポジティブな気持ちになれる映画です。

登場するキャラはみんな誰かと繋がっていたいって思ってて、本人達は必死なのに、それが凄く微笑ましかったり、可笑しかったり、切なかったり…。

見終わった後、誰かを抱き締めて上げたくなる、そんな映画でした


セックスを「過激に」見せる映画は多くても、愛情とユーモア一杯に自然に見せてくれる映画は逆にとても少ないですよね?

何百億も掛けて作る映画って、売れるためのフォーミュラに沿ったありがちなパターンのストーリーになりがちですけど、バカみたいに大儲けしようと思わなければ、こんなにクリエイティブな映画が作れるんだなって思いましたvv

キャラを演じる俳優さん達にも、キャラの性格とかストーリーを考えて貰って、一緒にお話を作り上げていく…。

とても素敵な映画作りの発想だし、だからこそ画面から優しさが溢れてくるような映画になったのではって思います♪

でもきっと「過激な映像」にゲンナリしちゃう人もいるかもですね。最初っからかなり飛ばしてるし…(←文字通り^^;

単純に「誰もが感動する名作」っていうのとは違うのかもしれないけど、私にとっては、

「この映画を見られて良かった。」

そうしみじみと思える映画でした。

それに、みんなが同じ映画の同じシーンで同じように感動する必要はないとも思う。

言いたいことが上手く言えないですけど(汗)、私的にはとってもお勧めでした☆

最後は18禁バージョンのトレイラー↓ですので、背後に厳重注意!


ちなみにポ○ノ映画で女優さん(or男優さんw)のお顔目掛けて「ぴゅぴゅんっ」って○○が飛ぶシーンをカムショット、もしくはマネーショットwwっていうらしいんですけど、もし飛ばされてるのが本物のジャクソン・ポーラック(Jackson Pollock)だとしたら、これがほんとのマネーショット…って、すみません。言ってみたかっただけです(汗)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ああっ、なんかすごく見てみたくなったですっ!
あからさまエロと繊細さは同居できるんですよね。
私もそういうBLが好きです、いえ、映像で見れるならそれにこしたことはありませんが、基本BL読みなんで。
それにしてもこの映画気になります、日本でDVDになってたらいいんですが!
2010/10/25(月) 07:19:01 | URL | くろみみ #-[ 編集]
くろみみさん、こんばんは
>あからさまエロと繊細さは同居できるんですよね。
ほんとそうなんですv
そのまんま映してるからちょっとびっくりしますけど、でも行為自体より、そこに至るまでの気持ちにグッときちゃいましたvv
ただ「萌え」はなかったかなー。
むしろ可笑しくて切ない…ほんといい映画でした!
監督さんが有名な方なので日本でもDVDはレンタルできると思うんですけど、ぼかしは入っちゃうでしょうね…泣
2010/10/25(月) 20:56:17 | URL | あけぼの #-[ 編集]
いい映画ですよね
私もこの作品すごく好きですv-24
映画館で見たときはぶっ飛びv-19ましたが。
飛んだのも最初だけ、だんだん引き込まれていきましたよ。

特に最後にジェイミーとジェームスが見つめ合うシーン
には愛情がじわ~っとしみこんでいくようなすごく
深い気持ちになりました。
二人は実際に付き合ってる(いた?)んですよね。
良く競演者は恋に落ちるって聞くけど、やっぱそうなんや!と
一人合点いきましたよん。

ところでジェームス・フランコのHowlってあけぼのさんは
見られました?トレイラーみてv-11みてええええと
叫んでしまいました。




2010/10/26(火) 05:53:56 | URL | ゆぴ #Oe9oLLJs[ 編集]
ゆぴさん、こんばんは
ほんっとにいい映画でしたよねvv
> 映画館で見たときはぶっ飛びv-19ましたが。
最初のシーンにまずびっくりしました^^
でもおっしゃる通り、どんどん主人公達の気持ちの方に感情移入していきます☆

>特に最後にジェイミーとジェームスが見つめ合うシーン
NYの街が停電するシーン素敵でしたよね!
窓越しに二人が微笑み合うシーンにやられました~。
もうきっと大丈夫…ってホッとしたというか
ほんとひたひたと愛が伝わってきましたvv
実際に付き合っていたって聞くと、なるほどって感じです!
この脚本は俳優さんも一緒になって考えたらしいですし、きっと演技してるうちに気持ちも盛り上がっていきますよねw

“Howl”はオンデマンド(有料)ですけど、もうTVで見られるんです!
お髭が個人的にアレで、つい『ニンジャ・アサシン』の方を先に見てしまいました(←
次こそは…汗
2010/10/26(火) 20:24:23 | URL | あけぼの #-[ 編集]
残念です・・
「登場人物に対する目線が優しい」と言っていながら・・
「特殊学級」への送迎に使用されるスクールバスのこと・・こんな風にどこか「足りない」、満たされない・・こんな風・・!!
この言い方は特殊学級に対する差別に聞こえ、あなたの優しさは、上っ面の自己満足にしか見えない
2013/04/29(月) 23:03:44 | URL | 部外者 #mQop/nM.[ 編集]
Re: 残念です・・
映画をご覧にもならずに、書かれた文章の一部だけを取り上げて勝手に他人の人格否定をされる方がいらっしゃるのは本当に残念です。
2013/05/19(日) 15:09:44 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。