アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンジャ・アサシン
2009年11月にアメリカで公開されたアクション映画

『ニンジャ・アサシン』“Ninja Assassin”
155ninja-assassin-poster

プロデューサーのウォシャウスキー兄弟が『スピードレーサー』でRAIN(ピ)のアクションシーンの素晴らしさに目をとめ、彼のために製作したのがこの映画、『ニンジャ・アサシン』だそうです。

監督のジェイムズ・マクティーグは、『Vフォー・ヴェンデッタ』で既にウォシャウスキー兄弟と組んでいて、脚本はTVシリーズ『バビロン5』や『チェンジリング』などでお馴染みの大物、J.マイケル・ストラジンスキーが担当と、製作陣はかなり豪華!

果たしてその結果は・・・?

155warning

その前に一端ストップ!

もしここに迷い込んで来られたアクション映画ファンの方がいらっしゃいましたら、すみやかにお帰りください(_)

ここから先は『ニンジャ・アサシン』というより、その主人公、

RAIN(ピ)の完璧な身体について語る

というコーナーになっております。

(ちなみに一般のK-POPファンの方も避難されたほうが無難かと…汗)

もちろん、

レイン様の美しいお身体に萌えつきたい♪

という腐仲間さんはどなたでも大歓迎です☆

ただし、画像と動画だらけで半端なく重いかもですが…;

*映画のクレジットのお名前がRAINになっていましたので、以下「ピ」ではなく、レインで統一させて頂きます。



前回の記事を書いてから、もうこの映画、3、4回は見ちゃいました~。

と言っても、2回目からはレイン様が登場するシーンしか見てないですけどw

ストーリーはクランクインの直前にほぼ全て書き直した(?!)というだけあって、かなりイタタな感じになっています^^

基本的に、レイン様の素晴らしいお身体と華麗なアクションを見せるためのストーリーがあるだけ。

だから映画自体には5点くらいしか上げられないけど、そこにレイン様をプラスして

一気に120点?(笑)

結果として、Must See Action Flick!「必見アクション映画」に仕上がっていますww


レイン様が演じるのは、暗殺を専門とする忍者集団「オズヌ」に育てられた孤児の雷蔵くん。

仲間を抜けようとした女の子を殺せなかった心優しい雷蔵くんは、自分自身裏切り者となって、オズヌの「兄弟」や「父」に追われつつ、彼らと対決する機会を伺っています。

映画ではベルギーに隠れ住んでる設定なんですけど、この一人暮らしのアパートで、まず雷蔵くんの日課のトレーニング↓が見られます♪
155ninja assassin rain



いやいやいやいやいや…。

なんとも素晴らしいお身体ですよねっ♪

しつこいようですが、レイン様の素顔↓はあくまでもK-POP界の貴公子。
155rain

むしろ服を着ているとほっそりして見えるくらいだったりします。

映画の中でも、

「殺人マシーンっていうより、ボーイバンドのメンバーみたいじゃね?」

って言われてましたけど(笑)、ボサボサの髪↓でもお顔の美しさは隠せないからしょうがありませんw
155ninja_assassin_rain1

ただお身体の方は、「レイン改造チーム」が一丸となって徹底的に鍛え上げたみたいですv
155ninja_assassin_rain2
アクションシーンの決めポーズを練習中?

155ninja_assassin_rain3
フォームがとっても綺麗に決まっていますよね♪

こちら↓はそんな練習風景の動画。


トレイなーの方が、「デジタル加工じゃなくて、あれが彼の生身の身体っていうのが驚きだよ。」っておっしゃってますけど、6ヶ月間、毎日6時間、5時間の格闘技、1時間のワークアウトに費やしたというその成果は明らか!

別のインタビューでは、その間、チキンの胸肉と野菜だけしか食べられなくて、砂糖禁止だったっておっしゃってました。

「撮影が終わってから何したの?」って聞かれて、「ハンバーガー2つと、パスタ、それとピザを食べたよ。」ってw

何気にお子様なところがまたかわゆす~♪

こちら↓も真剣なトレーニング風景。


めちゃ可愛いのは、ゼーハー喘ぎながら、

「ちょっと待って、もう死にそう。」
「ほんと酷過ぎだって。」
「まだ何回やるの?」

って泣き言がやたらと多いのに、それでも一生懸命に頑張ってることw

小さい頃はテコンドーを習っていたって別のインタビューでもおっしゃってましたし、もともとダンスで鍛えたお身体だけに、厳しいトレーニングにもしっかりついていけてたみたいで、スタントチームのトレイナーの方も感心してますvv

なんだかんだいって、凄い頑張り屋さんなところが好き!

155ninja_assassin_rain4

その結果、作り上げられたのがこの美しいお身体♪

肩から腕にかけてのラインが何とも言えません!>▽< 

ボディビルダーなんかと違って、見せるための筋肉じゃなくて、使うための筋肉なところが好いのよね。

ただボコボコ盛り上がってるんじゃなくて、スピードのある動きが出来る、滑らかな筋肉。

ダンサーの身体を更に絞り込んで、格闘家の身体に作り上げたって感じでしょうか?

まさに動く芸術品

そんな彼の華麗なアクションシーンの数々ももちろん素敵なんですけど、ここだけの話(汗)、私が映画の中で一番萌えたのは、雷蔵くんが捕まって忍者屋敷に連れ込まれるシーン。

155ninja_assassin5

傷だらけの身体を縄で縛られています。

あのお身体に縄ですっ!

(^-^;)

…分かる人だけ分かって下さい;

そしてこの後、なんと柱に縛り付けられて水とか掛けられてます。
155ninja_assassin6

画像だと画面が暗くて分かりづらいですけど、素晴らしい胸筋の盛り上がりから、腹筋、腰骨に至るまで、うっとりと見られる一押しのシーン! ←

ちなみに彼、全く体毛がないので、ひょっとして剃ってるのかと思ったんですけど、よく見ると腋の下には薄っすらと生えてたりするので、もともと体毛の薄い体質みたい…

ってもう、ほんとにどこまでエロい美しい身体なのかっ?!

(≧∇≦)

さらにこの後、雷蔵くんは兄弟子に当たるタケシくんっていう忍者と対決するんですけど、このタケシ兄ちゃんのセリフに再び悶絶。

“Come, little brother. Let us play like old times.”
「さあおいで。お兄ちゃんと一緒に昔みたいに遊ぼう。」

みたいな?

はううぅっ…ヾ(≧∇≦)ノ

遊びの内容↓は激し過ぎですけど(汗)、ご自分でこういうアクションシーンの数々をこなされたのはほんとに凄いって思います!


「撮影中はみんな僕を守ってくれようとしたけど、やっぱりちょこちょこ怪我したよ。」

っておっしゃってましたし、CGでなく自分でアクションをこなすのは、ほんとに大変なはず。

本当にお疲れ様でしたっ!

m(_ _)m

それに演技自体もかなりお上手だったですv

普段はとってもキュートな笑顔が多いのに、残念ながら映画の中ではプリンス・オブ・ダークネス、闇の王子、みたいな感じであんまり笑わないし、セリフも殆どないんです。でも、闘うシーンのサイコ顔の凄さ↓が半端ない;
155ninja_assassin7

あわわわわ…;;

しつこいようですが、普段はK-POPの貴公子^^
155RainpromotesNinjaAssassin2
スーツ姿がまた超可愛いよね~♪

映画見終わった後でインタビューされてた人が、

「彼って韓国のポップスターなのよ。」

って言われて、「は?嘘だろ?」って言ってましたけど、ジャスティン・ティンバーレイクがこういう役やるのが想像つかない、みたいな感じのびっくり度かもw

しかし、何と言っても私的にはそのギャップが一番の萌えなのであった(笑)

155rain4
バッドアス・ニンジャかと思えば、

155rain5
K-POPの王子様♪

どっちも違和感ないなんて凄すぎです~。

そう言えば彼、

「この映画が終わったら、2度とワークアウトなんてしないもんねっ!」

って言ってましたけど(笑)、新曲のPVでも素晴らしいお身体ですし、ちゃんと鍛えてるみたいですねw

こちら↓は例によってトレイラー。


とにかく思ってた以上にレイン様が素晴らしくて、すっかり嵌ってしまいましたw

でも、『ニンジャ・アサシン』なんてタイトルじゃ、なかなか腐レーダーには引っかからないです;

賢い腐女子様が、「自分と違う傾向のものが好きな人のブログこそ読むべき。」みたいなことをおっしゃっていましたけど、ほんとそうでした。

まさか腐でもなんでもない一般DKさんのブログで、こんな極上の萌えを拾ってくるとは…

自分でもびっくりですw(←『茶栗鼠の映画評論』様参照)

茶さん、これからもどうかヨロシク☆

そして皆様もチャンスがあったらぜひぜひ、忍者レイン様の勇姿をご覧になって下さいvv

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あのボディにお縄!!!

…すいません、ここに(特に)反応してしまって(笑)

オズヌって、役小角(えんのおずぬ)がネタ元ですかね。
忍者の開祖みたいに言われている人ですが、日本人だってどんだけの人が知ってるんだって名前が外国の映画で使われるこの不思議(笑)

しかし、映画自体は5点なのに、レインさまの加点で一気に120点とはv
あけぼのさんってば大胆(笑)!!(←今回は間違えなかった…名前…)

(メール送りました★ よろしくお願いします)
2010/10/15(金) 07:21:07 | URL | くろみみ #-[ 編集]
この童顔とはうらはらな男性的な体がレインさんの魅力ですね(*^o^*)
> あのお身体に縄
わかるワー。
それが狙いの映画・・・ってわけでも無いのですよね。(?)
2010/10/16(土) 15:52:20 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
@もったいない
どうでしょうね、レイン、
これから海外で、アクションでやっていけるんじゃないかな~
英語も頑張る国の人だから、
韓国国内じゃなくって、海外に版図を広げてみては
と思いますよ~

たしかに、「傾向の違う方のオススメも見てみる」・・・で
ダメだなと思うのはそれからでいいと思いますよ。
私はある映画好きの友達が言った
「観ない内から文句は言うモンジャナイ」ってのが、
映画身上になってます。

文句たれるのは、見てからしっかりたれてますw

この筋肉までいってるかどうかですが、
例の”一の王”こと、ウィリアム・モーズリーくんも
せっかくスタントマンに
「役者でなくても、十分スタントマンで食べてける」
いい体とセンスをもっているのだから、
もっと活躍してほしいです。

もってるものは、活用!
魅せてくださいですよね☆
2010/10/17(日) 02:54:03 | URL | すずら #0eKlHyVs[ 編集]
くろみみさん、こんばんは
縄萌えを、くろみみ師匠に分かっていただけて嬉しいです~。
ちょこっとしか映してもらえないのが残念なんですけど
なかなかいいツボを突いてくるって思いましたw

>オズヌって、役小角(えんのおずぬ)がネタ元ですかね。
そうなんですか?!
さすがはくろみみさんですっ!
私は名前に意味があるとか全く気が付きませんでした;
脚本ボロボロのくせに、そういうとこだけはちゃんとリサーチしているって…謎…(^^;

この映画、主役が別の人だったら絶対に見ようと思わないし
見てもきっと最初の1分で止めてました^^
レイン様だけが目当て…しかも身体目当ての女ですww

(メールありがとうございました★お返事はもう少しお待ちを!)
2010/10/17(日) 21:06:29 | URL | あけぼの #-[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
やっぱり童顔ですよね?
というか、お肌がきれいでうっとりしちゃいます~。
それにjumpiさんにも縄萌え分かっていただけたなんてっ!
とってもうれしいです☆

>それが狙いの映画・・・ってわけでも無いのですよね。(?)
何が狙いの映画なのか…そこは謎かもです;
とりあえず腐女子としては萌えられるだけ萌えれば勝ちかな、と…(^^;
2010/10/17(日) 21:07:27 | URL | あけぼの #-[ 編集]
すずらさん、こんばんは
どうでしょう、レイン様?
これから海外で、アクションでやっていけるのか…。
元々がマーシャルアーティストというわけじゃないから
もう少し違う傾向の映画にトライしたほうがいいんじゃないかとは思うのです。

>英語も頑張る国の人だから、
そうなんですか?
確かに発音は綺麗だし、英語で質問されても聞かれたことが分かってるみたい。
それは基本ですよねw

>文句たれるのは、見てからしっかりたれてますw
おっしゃる通り、ほんとにそうでなきゃダメですよね^^

ウィリアム・モーズリーくん、お顔もほんとに綺麗だし、
アクションも出来るのなら、確かにもっと活用して欲しい!
>魅せてくださいですよね☆
ほんとそうです~♪
2010/10/17(日) 21:08:18 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。