アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きだから好き
映画の話とあんまり関係ないけど、肝心なところをさっくりネタばれしてしまうので、前回レビューを書いた“The Kids Are All Right”を、これから観ようと思っていらっしゃる方はスルーでお願いします^^



世間って思ってる以上に狭い気がするので、あんまり知り合いの話はどうかと思うんですけど(汗)、ちょっと驚いたことがあったので書いてみます。

前回書いた“The Kids Are All Right”っていう映画では、女性のパートナーと安定した家庭を持ってるジュリアン・ムーアのキャラが男と浮気しちゃいました。

映画を観終わった後で友達と、

「なんか後味悪いよね…。」

っていう話をしていたら、

「そう言えばジョン(仮名)とアン(仮名)って付き合ってたんだよ。」

って、友達がいきなり爆弾を落とした。


なんですとっ?!

( ̄▽ ̄;)


つか、これじゃ私が仰け反った理由が分かりませんね;

実はジョンくん(♂)もアンちゃん(♀)も、カムアウトしているのです。

ジョンはゲイで、アンちゃんはレズビアン。

二人とも学生の頃からカムアウトしていて、もちろん家族、友人、職場でも堂々とOUT。

「だって二人ともゲイだよね?バイって話は聞いたことないよ??」
「うん。でも付き合ってたんだって。後から聞いたんだけど、半年くらい。」
「ひゃーほえぇ…はあぁ…。」(←もはや意味のない音;

カムアウトって、若い世代の子、特にこの辺の子達にとってはずっと楽になってきていると思うけど、30+世代、いわゆるGen Xにとってはかなり難しいことだったはずで、だから私はカムアウトしてる友達はみんな何て言うか…

揺るぎなくゲイ!!!

なんだと勝手に思っていたんです^^;

でも、セクシュアリティって実はもっと流動的なものなんですねー

って、改めて思った。


映画の中のジュリアン・ムーアのキャラは、自分の自信の無さを埋めるため+好奇心で男と浮気したわけで、彼女がゲイっていうアイデンティティは揺らいでいなかったんですよね。

ジョンくんとアンちゃんの場合は二人ともシングルで、お互いに相手に惹かれていたから付き合ったわけで、そういう意味では二人にとってはちゃんと恋愛だったんですけど、かと言って、別れた後は二人ともまた同性の彼氏、彼女と付き合ってるわけで、ゲイっていうアイデンティティが変わったのか?というと、そういうことでも全くなさそうなのですが…。

それに同性の彼氏、彼女と付き合ってる時は全然隠さないのに、この場合に限って二人ともかなりシークレットにお付き合いしていたのは…やっぱり長続きしない気がしていたのかも?

面白いのは(って言っていいか分からないけど;)、ジョンくんはアジア専(?)で、アジア系、それもアメリカ生まれのアジア系の子じゃなくて、アジア出身の若い子が好きで、彼氏はみんなAsian。今、付き合ってる子もK国出身。(本人は普通に白人w)

なんだけど、アンちゃんは白人なんだよね、これが。

つか、ゲイなジョンくんが女の子と付き合う時点で、そういう細かいこと(?)は関係ないのか?!

うーん;

そう言えば、一緒に映画を観に行った子は、

「マーク・ラファロのキャラはフェミニンなところがあるから好いかもね。」

とも言っていた。

フェミニンを単に女性的って訳すとニュアンスが伝わらないけど、この場合は、考え方とかライフスタイルが、男社会の規範にがっちり嵌ってないってこと?

彼のキャラは弁護士とかエグゼクティブみたいに出世に燃えるタイプじゃなく、大学は何となく中退。試行錯誤を経てレストランを経営。それも大規模なチェーン店とかじゃなく、地元の食材を中心にしたオーガニックでヘルシーなレストランを女性のパートナーと一緒に経営してる。

話す時も、相手の意見を聞いてからのんびり返すタイプで、頭ごなしに意見を押し付けるところは皆無。

娘(生物学上)のジョニちゃんから、“Groovy & Together”って言われてたけど、まさにそんな感じ。(←訳しにくいけど、ゆとりを持ちつつ、ちゃんと自分を持ってる大人な人?)

まあお母さんと浮気した時点で、「そんな見せ掛けなんて嘘ばっかり!」って言われちゃうんですけどね;

私もこういうタイプの男は好物なので、最後ほんとがっかりだったわっ!(泣)

って、また話がズレました(汗)

以前にレズビアンの女性は、ゲイの男性に惹かれることがあるっていう記事を読んだことがあったので…それってやっぱりフェミニンな部分(考え方、生き方という意味で)に惹かれるということかな、と…。

それもやっぱり人によるんでしょうけど…。

最近はゲイの男性とFTM(元女性)のカップルも増えていると聞きました。

FTMの男性は殆どの場合、ヘテロ、つまり女性と付き合うようになるけれど、中にはゲイになる人もいて、そういう方とゲイ男性(元々男)が付き合うケースもあるそう。

ジョンくんは女の子なら誰でも良かったわけじゃなくて、アンちゃんだから付き合ったんだと思うし、ということはアンちゃんの男前なところに惹かれたのかなぁ…。

って言っても、FTMの男性とレズビアンの女性はもちろん違いますけど;


最終的に、人が人を好きになるのに理由はいらないってことでしょうか…。

よくBLで、女好きなイケメン君がある日突然、可愛いゲイな男の子と恋に落ちる♪

みたいな話がありますけど、だからそれもよくあることなんだって思っていいのよねw


そう言えば、女性のセクシュアリティはある程度年齢を重ねてから変わることが多くて、30代後半から40代でレズビアンになる女性も多いんだそうです。

最近の研究によると、それはレズビアンであることを隠していたからというわけではなく、女性の性的欲望は感情と直結しているから、特定の女性と恋に落ちることによって、その時からゲイになるんだそう。

だからと言って、同性婚に反対するホモフォブが主張するように、セクシュアリティは選べるっていうのは間違っていて、恋する相手を自分の意思で選べない、という点では、レズビアンになるというのは「選択」ではなく、自然に起こることだそうです。

つまり整理すると…

1) ゲイの女性の中にはゲイポ○ノの鑑賞を楽しむ人も多い。(詳しくはこちら

2) ゲイの女性の中には、男社会に嵌らずに生きている男に惹かれる人もいる。

3) ゲイの女性の中には30代後半から40代で女性と初めて恋に落ちる人もいる。

4) このブログを読んでいるあなたの10年後は…?

(^▽^)

もし将来、女性とお付き合いを始められた方がいらっしゃいましたら、

「そっか、あけぼのさんが言ってたのってこういうことだったのか~♪」

って、懐かしく思って頂けたら嬉しいです☆ ←

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『相変わらず意味不明な文章ですが(汗)、でももしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します^^』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
@ははははは
ちょうど”お年頃”にさしかかっているのですが、
本人その気がなくても、
レズっ気のある子に惚れられてましたよw
「抱かせろ」とか「嫁に欲しい」とか・・・
そういうの苦手で、どうせなら乗っかる方がいいんですけどね。
(をいw)
全く男性にモテなくて、凹んでましたが、
ダンナどのが拾ってくれなければ、
さらに凹んでいたんじゃないかと思いますwww

まるっとじゃないけど、
確かに流れて戻って、また流れってのは、あるかも
しれませんね。
まあ、誰がいったか知りませんが、
「好きに理屈はない」じゃないけど、
”あ、こいついいかも”って思ったら、
自分の身上もころっと変わってしまうかもしれませんね。
もちろん、そんなことはないって方もいると思いますが、
人間これだけいれば、
四角四面で固まったパターンの恋愛モードって
ないと思いますよ~

だから、面白いし、えーって思うんだと
思いますよ
v-290
2010/08/17(火) 06:53:34 | URL | すずら #0eKlHyVs[ 編集]
すずらさん、こんばんは
セクシュアリティってほんとに複雑ですよね~。
おっしゃる通り、「好きに理屈はない」です。
プラス、性欲にも理屈はなさそう…^^;
よく考えたら、腐女子っていうのも「変種」には違いないわけですし
自分の萌えすら理屈じゃ説明できないですから…汗

>全く男性にモテなくて、凹んでましたが、ダンナどのが拾ってくれなければ、さらに凹んでいたんじゃないかと思いますwww

拾われただなんて…w
きっとがっちり捕まえられてしまったんですよねっ♪
ダンナ様と一緒に旅行したり、食べ歩いたり
いつも仲良さそうでほんとに羨ましいです~。
2010/08/18(水) 20:04:15 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちはー。
この記事読んで、思い出したんですが、昔、
それこそここでいう“フェミニン”の男性と知り合って好きになりかけたのですが、その人が同性愛者だったことがあったんです。
なので、
>レズビアンの女性は、ゲイの男性に惹かれることがあるっていう記事を読んだことがあったので…それってやっぱりフェミニンな部分(考え方、生き方という意味で)に惹かれるということかな、と…。

っていうのを聞くと、色んな意味でドキっとなりす。
映画やドラマはあっちもこっちも好きで、全部自分の趣味として割り切っていますが。
あまり掘り下げて考えたりしないけど・・・。
近頃腐女子でビアンの著者が書いた漫画とかも出版されていたりして、こういったこともけっこー、気になるのでありました。

>セクシュアリティーは流動的
>3) ゲイの女性の中には30代後半から40代で女性と初めて恋に落ちる人もいる。
>4) このブログを読んでいるあなたの10年後は…?

みんなと一緒に社会生活にはげもうとすると、忘れがちになってしまいますが、実は、ほんとのところどうなるのかわからないですよね。
ちょっと記事の話からズレてすみません。
2010/08/19(木) 20:15:38 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
好きになった相手が同性しか好きになれないって辛いですよね…。
でもそれって自分から誰かを好きになった結果だから、ちょっと羨ましい気もします。
私は相手が先に自分に関心を示してくれないと心が動かない方で、そういう受身なポジションってどうなのかと…汗

それにしても「腐女子でビアンの著者が書いた漫画」って気になります!
果たして萌えのツボが似ているのかどうか…?
読んでみたいっ!!(^▽^

>みんなと一緒に社会生活にはげもうとすると、忘れがちになってしまいますが、実は、ほんとのところどうなるのかわからないですよね。

仕事してるとそれどころじゃないですからね;
バトルとストレスな日々…(←あ;)
だからこそ、ジェンターとかセクシュアリティに関係なく、一緒に居て安らげる相手と愛情を分け合えるって大事なことだって思います。
このブログいつまで続くか分かりませんけど、10年後は(10年後も♪)、みんなハッピーでいられると良いですよねvv
2010/08/21(土) 06:41:26 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。