アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pineapple Express/スモーキング・ハイ
2008年8月公開のアメリカ映画

“Pineapple Express”
Pineapple_express
(日本では劇場公開はされなかったらしいけど、『スモーキング・ハイ』というタイトルでDVDはレンタルできるらしいです。)

アメリカでは凄くヒットしたし、ジェームス・フランコ様も出演されている、という理由で見てしまったけど、

ほとんど笑えなかった

という感想だけ一言。



これ、最初の30分くらいまではそれなりに笑えるんですw

セリフも可笑しいし、セス・ローガンも、もちろんフランコ様もとっても上手いですしww

ただ、途中から脚本がグズグズ

カーチェイスにギャングとの撃ち合い、最後はドカーンとギャングのアジトが大爆発、みたいなお決まりの展開になっておしまい;
Pineapple_express2

せっかくのキュートなコメディが、ありがちな「う○こ映画」になってしまってからは、全く笑えなくなりました…。

ジェームス・フランコも頑張ってるんだけど、この役には顔が綺麗すぎるかも。というかムダに色っぽ過ぎ?笑

セス・ローガンとの絡みとか、彼が相方だとシャレになりませんから~。
Pineapple_express4

単にお似合いのカップルさんに見えてしまう

というか、こういうバカップル←死語、かなり好みなんだけど…思い切ってゲイ映画にしてくれたら良かったのに~^▽^;

ジェームス・フランコがマリワナの売人で、セス・ローガンが客っていう設定なんですけど、最初は二人は逆の役をするはずだったんだそうです。

だけどそれじゃジェームス・フランコがカッコ良すぎて過ぎて笑えないから変えたんだとか…。

でも何をやっても、彼の整いすぎたお顔を崩すのは不可能ww
Pineapple_express5
(この画像↑とか知らないで見たら、コメディの雰囲気じゃないよね~)

ただ、笑えない原因は絶対にジェームス・フランコじゃなく、脚本のせいです!

というか、人がバタバタ死んだり、車がブッ潰れたり、何かが爆発しないと映画にならないのかなー。これもスプーフのつもりかもしれないけど、全く笑えない。そういうシーンを割と普通にやってるからダレダレで飽きる。

以前に書いた「トロピック・サンダー」といい、この映画といい、なぜ自分がお金を払って映画館で映画を見なくなったのか、改めて思い出した…。

特に下手なヒット作には要注意!><

最後は一応トレイラー


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『相変わらずこんなんですが(汗)、もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たぶん箸にも棒にもひっかからなかったw
この映画見覚えありますよ~
日本で大方公開されない映画でも、
実はこちらのテレビ東京の日曜深夜にやっている
「Showbiz Countdown」で
全米興行収入のベスト10をやっているので、
そのときにたぶん1週ぐらいしか
お目見えしなかった作品じゃないかと
思いますよw

ほんと、印象に残らないし、
ウチの夫婦の見たい映画リストにも
入りませんでした。

ジェームズ・フランコは、
男娼役のような”影アリ花あり”な役が
似合うと思うんですよ。

なんとゆうか、それぞれの”才能”を考え、
しかるべき役というのがあるのでしょうから、
それを考えないで撮るってのは、
考え物だなと思いますよ。

いまのところ、私の憧れの君はそれがないと
思いますが・・・
うーん、これって、監督のお眼鏡次第ですかね?
2010/04/21(水) 06:11:30 | URL | すずら #0eKlHyVs[ 編集]
2回目のおじゃまです。楽しい記事をありがとうございます。

さて、この映画、管理人さん的にはダメだったんですね~私は、実を言うと好きだったりします。
この映画で初めてジェームズ・フランコを知ったんですが、うわっ!なんて上手な俳優さんなの!と感動しました。その後、テレビで「スパイダーマン」を観てて、あっ、こんな所にいる~!っとびっくりするやら、こんな役、内心イヤだったろうなーなんて思ったりしました。
で、この役柄の人物が私は非常に気に入りまして、「忘れられない人」のクリスチャン・スレイター、「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」の
アントン・イエルチェンと並び、私の中の3大いい人(純粋な人)になってます。(笑)

この映画いわれてみれば、しょーもないギャグの連発だし、人はいっぱい死ぬんですが、「男ってこういうバカなことするよね~」とか、「男同士で楽しそう」と思えてなんかほのぼのしたんです。(やってることは本当にダメダメなことばっかですね)

でも、ホントにこんな映画作っていいの?とか、アメリカってこうなの?とは思いました。(特に私がこの映画を鑑賞した時期に、酒井法子事件がありましたので)

2010/04/21(水) 20:45:58 | URL | butbuthamaguchi #-[ 編集]
すずらさん、こんばんは
地上派でそんな番組があったなんて~。
確かにこの映画は公開当時かなり売れたので
ベスト10には入っているだろうと思います。
でも面白くなかった…^^;

”影アリ花あり”って素敵な表現ですvv
男娼っていうのは思いつきませんでした?!
ジェームス・フランコはコメディでも全然いけるんですけど
この脚本じゃちょっとムリでした;
2010/04/22(木) 21:01:31 | URL | あけぼの #-[ 編集]
また遊びに来て頂けて嬉しいです☆
あわゎ、お好きな映画を貶してしまってすみません;
私ももちろんジェームス・フランコ様に文句があるわけじゃないんですっ(汗)
最初は逆にすっごく面白い映画だと思って期待しながら見てたくらいv
レッドの家に押しかけてドタバタやってるとこまでは笑いながら見てたんですけど
その後がどうも…;
例えどんなにうそ臭くても、流血シーンが苦手なせいかもです;;
セス・ローガンと二人で仲良くハイになっててくれれば
微笑ましく見られたんですけどww

>でも、ホントにこんな映画作っていいの?とか、アメリカってこうなの?
カリフォルニアでは今年の11月に、大麻を合法化するかどうか決める州民投票があります☆
この映画は大麻合法化に貢献したって言われてたんですけど、「どの辺が?」って感じですよね(汗)
学校で子供に売って好いわけがない…;
2010/04/22(木) 21:03:08 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。