アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムアウトおめでとう☆リッキー・マーティン
リッキー・マーティンが今日、自分のサイトでゲイであることをカムアウトしましたv

ricky-martin

スペイン語と英語の文章が載ってるんですけど、以下、英語の方を訳してみます。


A few months ago I decided to write my memoirs, a project I knew was going to bring me closer to an amazing turning point in my life. From the moment I wrote the first phrase I was sure the book was the tool that was going to help me free myself from things I was carrying within me for a long time. Things that were too heavy for me to keep inside. Writing this account of my life, I got very close to my truth. And this is something worth celebrating.

数ヶ月前、自伝を書こうと決めたんだ。そうすることが自分の人生の素晴らしい転機になるって分かってた。最初のフレーズを書いた瞬間から、この自伝が長い間抱えてきたものから自分を自由にする手助けをしてくれると確信した。自分の中に閉じ込めておくには余りにも重すぎたもの。自分の人生のこの側面を書くことで、僕は自分自身の真実に近づいた。そしてそれは祝うべきことなんだ。

For many years, there has been only one place where I am in touch with my emotions fearlessly and that's the stage. Being on stage fills my soul in many ways, almost completely. It's my vice. The music, the lights and the roar of the audience are elements that make me feel capable of anything. This rush of adrenaline is incredibly addictive. I don't ever want to stop feeling these emotions. But it is serenity that brings me to where I'm at right now. An amazing emotional place of comprehension, reflection and enlightenment. At this moment I'm feeling the same freedom I usually feel only on stage, without a doubt, I need to share.

長い間、自分の感情を恐れずにいられる場所は一つだけ、ステージの上だけだった。ステージに立つと、色んな意味で魂を満たされた、ほぼ完全に。それは僕にとって決して良くないことだった。音楽、ライト、そして観客の歓声は、僕にとって不可能なことなんてないって感じさせてくれた。そうやってアドレナリンが身体を駆け巡るのって病みつきになる。そんな気持ち良さを感じるのを止めたくはない。でも穏やかな静穏が、今、自分が居るこの場所に僕を連れて来てくれた。理解、熟考、悟りといった安定した気持ちを持てる素晴らしい場所。この瞬間、僕は間違いなく、いつもはステージだけの上で感じるのと同じ自由を感じている。そしてそれを分け合いたいんだ。

Many people told me: "Ricky it's not important", "it's not worth it", "all the years you've worked and everything you've built will collapse", "many people in the world are not ready to accept your truth, your reality, your nature". Because all this advice came from people who I love dearly, I decided to move on with my life not sharing with the world my entire truth. Allowing myself to be seduced by fear and insecurity became a self-fulfilling prophecy of sabotage. Today I take full responsibility for my decisions and my actions.

沢山の人に言われたよ。「リッキー、そんなの大事なことじゃない」「そんなことする価値はないよ」「今まで働いてきた年月、そして築いてきたものを全て失うことになる」「世界中の沢山の人に、君の真実、君の現実、そして君の本質を受け入れる準備なんてできていない」。僕が心から愛している人々にこういったアドバイスを受けて、僕は自分の本当の真実を分かち合うことなく進んで行こうと決めた。恐れと不安に呑み込まれるのを自分に許すことで、率先して自分で自分をダメにしてきたんだ。でも今日、僕は自分の決断と行動に対する責任を取る。

If someone asked me today, "Ricky, what are you afraid of?" I would answer "the blood that runs through the streets of countries at war...child slavery, terrorism...the cynicism of some people in positions of power, the misinterpretation of faith." But fear of my truth? Not at all! On the contrary, It fills me with strength and courage. This is just what I need especially now that I am the father of two beautiful boys that are so full of light and who with their outlook teach me new things every day. To keep living as I did up until today would be to indirectly diminish the glow that my kids where born with. Enough is enough. This has to change. This was not supposed to happen 5 or 10 years ago, it is supposed to happen now. Today is my day, this is my time, and this is my moment.

もし誰かに今日、「リッキー、君は何が怖い?」って聞かれたら、僕はこう答える。「戦争している国の通りを流れる血…子供の劣悪な労働環境、テロ…権力者の皮肉な態度、信仰の誤った解釈」。でも自分自身の真実が怖いかって?とんでもない!その逆さ。力強さと勇気に満ちてくるよ。僕には今その真実が必要なんだ。だって僕は、明るさで一杯の素晴らしい2人の子供の父親なんだから。彼らは僕に、彼らの目を通して、毎日新しい何かを教えてくれるんだ。今まで通りの生き方を続けていたら、この子達が生まれつき持っている輝きを失わせるようなことになる。もう沢山。こういうことを変えなくちゃいけない。僕にとってこれは、5年とか10年前じゃなく、今、すべきことなんだ。今日が僕にとってその日、今がその時、その瞬間なんだ。

These years in silence and reflection made me stronger and reminded me that acceptance has to come from within and that this kind of truth gives me the power to conquer emotions I didn't even know existed.

これまでの沈黙と熟考の年月が、僕をより強くし、自分自身がまず自分を受け入れなくちゃいけないってことを分からせてくれた。自分にとっての真実こそ、自分でさえ知らないで居た感情を克服する力を与えてくれるんだ。

What will happen from now on? It doesn't matter. I can only focus on what's happening to me in this moment. The word "happiness" takes on a new meaning for me as of today. It has been a very intense process. Every word that I write in this letter is born out of love, acceptance, detachment and real contentment. Writing this is a solid step towards my inner peace and vital part of my evolution.

これからどうなるかって?それは大事じゃないよ。今この瞬間、自分に何が起こっているか、それだけしか考えられない。今日から「幸せ」っていう言葉が僕にとって新しい意味を持つんだ。こうなるまでは、本当に激しくて大変なプロセスだった。この手紙に書いた言葉の全ては、愛、受容、超越、そして本当の充足から生まれたんだ。そしてこれを書くことが、僕の心の平穏と、これからの僕の発展にとって欠かせない確実なステップになってくれる。

I am proud to say that I am a fortunate homosexual man. I am very blessed to be who I am.

僕は誇りを持って言う、自分が幸運に恵まれた同性愛者の男であると。僕は本当に祝福された存在だ。

RM(リッキー・マーティン)



ずっとゲイだって言われてた人ですけど、とうとうカムアウトすることを決めたんですね…。

これを読んで、長い間、彼自身の中で葛藤があったんだなぁって思いました。彼のことはそんなに知らないんですけど、ラテン系の方だし、クリスチャンなのは間違いないだろうと思います。

それでなくても「男らしくあること」を求められるラテン系の男性はカムアウトするのが難しいと言われていますし、祖国プエルトリコを代表するポップアイコンになってしまったのも、余計にカムアウトを難しくしたんでしょうね…。

I am very blessed to be who I am.

訳し難いですけど、自分という人間を自分で受け入れて、自分を愛せる人の力強い言葉だと思いました。

そんな風に思えるようになるまでには、きっと色んなことがあったんだろうし、そんな思いを綴った文章にとても感動したので、下手な訳ですが載せてみました^^

こうなると執筆中の自伝も読んでみたいですv


そんなわけで、リッキー・マーティンさん、カムアウトおめでとうございます!

これからもどうか益々のご活躍を☆


おまけに懐かしい一曲↓Livin' La Vida Loca♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/30(火) 05:35:13 | | #[ 編集]
らしくが一番
誰でもなんでも、自分らしくないことを続けようとすると、いずれ辛くなるし、下手すりゃ"死角"へ自分を追い込んでしまう。

それなら、恥をかき捨ててでも、自分らしく活きたいし、活きて欲しい。

リッキー、人生を満喫して下さいね☆
2010/03/30(火) 16:02:49 | URL | すずら #-[ 編集]
おめでとう♪
半端ないくらい葛藤あったと思うのですが
とにかく良かった!v-20
本当の自分を隠すってすごく辛いですものね。
しかし息子さんたちカワユスv-10

あ、あけぼのさんメールv-5ありがとうございました。
直接いただけるなんて嬉しかったデス。
2010/03/31(水) 02:05:30 | URL | ゆぴ #Oe9oLLJs[ 編集]
秘密のコメ様へ
私も彼、代理母の女性に息子さん達を産んでもらった時もカムアウトしなかったし、このまま隠し通すのかと思っていました^^
一説によると、彼氏さんに「これ以上コソコソするなら別れる。」って言われたらしいですけど、もしそうなら、そこまで好きな人がいるってことだから羨ましいですよね☆
ダンカン・ジェームスさんのことは知りませんでした!(アメリカでは余り知られていないかもです;)
でもここ数年で色んな方がカムアウトされていて、確実に時代は変わってるって思いますv

リッキー・マーティンのカムアウトはラティーノ・コミュニティとかラテンアメリカの国で衝撃が大きそう。
おっしゃる通り、彼のカムアウトはこれから直接、間接に色んな人の助けになってくれるはずだと思いますvv

そしてこのようなブログを重宝だなんて…ありがとうございましたっ!
もしよろしかったらこれからも宜しくお願い致します☆
2010/03/31(水) 20:25:05 | URL | あけぼの #-[ 編集]
すずらさん、こんばんは
おっしゃる通り、自分らしく生きるって本当に大切ですよねvv
彼はカムアウトしてから、色んな人から励ましのメッセージを受けたみたいで、今日ツイッターに、「家でリラックスしながらみんなのメッセージ読んでるよ。愛を感じた。ありがとう。」って書き込みがあったそうですv
肩の荷が下りてホッとしたみたいな声明だったし、ほんとにこれからもっともっと幸せになって欲しいです☆
2010/03/31(水) 20:28:19 | URL | あけぼの #-[ 編集]
ゆぴさん、こんばんは
ほんとに楽になれたっていう感じが伝わってきて、良かったな~って思いましたv
でも悪いことしてるわけでも何でもないのに、隠さなきゃいけないっていうプレッシャーって半端じゃないんですね;
これからはそういうプレッシャーもないですし、可愛い息子さん達のためにも、色んな方面で活躍して欲しいです☆

(しょっちゅうエラーが出るので届いてて良かったです~♪)
2010/03/31(水) 20:30:08 | URL | あけぼの #-[ 編集]
前々から噂がありましたけど、ついにカミングアウトしたんですね。
ティーンの頃からアイドルとして活躍していた彼にとって、セクシャルの問題は普通の人以上に重いものだったんじゃないかなって思います。

彼の熱い気持ちが伝わってくる素敵なメッセージですね。
自伝もぜひ読んでみたいです(^^)

2010/04/02(金) 21:44:31 | URL | ぶっち #.LktJGrg[ 編集]
ぶっちさん、こんばんは
ほんとずっと噂を否定してましたけど、カムアウトすることを決められたんですねv
確かにティーンアイドルだった頃は周りの大人に逆えなかったはずで、「自分の行動に自分で責任を持つ」って言えるようになるのに時間が掛かったのかも…。
そう思うと、このメッセージの力強さも頷けますvv

自伝の内容もほんと気になりますよね☆
2010/04/04(日) 16:05:59 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。