アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイクスピアと僕の夢/Were the World Mine
2009年にアメリカのゲイ男性から「最高のゲイ映画」第8位に選ばれたのは、2008年に公開されたアメリカ映画

“Were the World Mine”『シェイクスピアと僕の夢』
Were_the_world_mine

原題の“Were the World Mine”はシェイクスピアの『夏の夜の夢』のへレナの台詞。

ちゃんとした日本語訳は分からないんですけど(汗)、直訳すると「もしも世界が私のものだったら…」。

ということでこれは、高校で苛められているゲイ少年の、「もし世界が自分の思い通りになったら…?」っていうファンタジー映画vv

『夏の夜の夢』はシェイクスピアの中でも大好きな作品なので、かなり期待して観たんです♪


が…


この映画、日本でも映画祭で公開されたみたいですので、きっと沢山お好きな方がいらっしゃるんですよね;

多分これ、映画祭で皆とワイワイ賑やかに鑑賞すると盛り上がるんだろうと思います^^

でも一人でシーンと見ると何か違うって言うか…まあ、単に私が捻くれた夢の無い大人だってことかもしれませんけど(汗)

以下、この映画がお好きな方はお読みにならないことをお勧め致します(_;)





まずは超簡単なあらすじから。

「私立の男子校に通うティモシーは、カムアウトしてるゲイ少年。彼はラグビー部の皆に苛められつつも、そのキャプテンに密かに憧れています。そんな彼らは一緒に学園祭で『夏の夜の夢』を上演することになり、パック役に決まったティモシーは脚本を読むうちに惚れ薬のレシピを発見します。その惚れ薬を使って、ティモシーは大好きなキャプテンとラブラブになり、ついでにラグビー部の皆や先生、町の人間を手当たり次第に同性に惚れさせます。劇の上演中に惚れ薬の魔法は解けますが、魔法が解けた後もキャプテンのティモシーへの気持ちは変わらず、終わりよければ全てよしのハッピーエンドに…。」

(^-^;)

ここで一番の問題は私が腐女子ってことなのかも(汗)

何と言うか、「惚れ薬」はない…(・ω・;)

思うにBLってつまりは恋愛ファンタジーなんですよね~。(←少なくとも私にとっては;)

誰かを好きになって、それがでもなかなか上手くいかなくて、色々とすれ違いや誤解があって、最後にそれを乗り越えて二人がラブラブになる♪

そういう過程があるからこそ楽しいのであって、「惚れ薬」って…。

楽しい過程の全てを省かれても…( ̄へ ̄;)

それに直接的なシーンは描かれてないにしても、「惚れ薬」を使って相手とやることはやってるわけで、それってどうなの?(汗)

その気がない相手に一服盛って思い通りにする薬…。

それを世間では「デートレイプ・ドラッグ」と呼ぶ。

ゞ( ̄∇ ̄;)

そもそも高校生くらいの男の子が、「気がついたら友達としてました。」なんてかなりショックだと思うんだけど、そこは完全にスルーって…

そんなんでいいのか?!

あと、可愛い男の子たちはカップルさんになっていきなりチューしたりしてるんだけど、女性カプのラブラブは殆どありません。主人公のお母さんと女友達なんて、女の子達に惚れられて逃げ回ります(笑)

街中で追い回されて、車で逃げたら家までついて来られて、慌てて家のドアに鍵とチェーンを掛けてブラインドまで下ろすんだけど、外からドアをドンドン叩く彼女達に、「お願いだからドアを開けて~。好きよおぉっ!」ってしつこく迫られる。

このシーン、どこかで見たような?と思ったら…

ジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画の古典
night_of_the_living_dead
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』でしたwww

虚ろな表情を浮かべ、ギクシャクと操り人形のように、しかしターゲットの人間に一心不乱に向かっていくゾンビたち…この映画の追っかけキャラと被るのは単なる偶然か、実は監督さんのロメロ監督へのオマージュなのか…(←多分違う;

妙なところで笑いを拾ってしまった(^^;)

主役の二人は可愛いんだけどな~。
Were_the_world_mine3



Were_the_world_mine2

ゲイミュージカルっていうのも斬新ですしねvv

ただ、ミュージカルはある程度お金を掛けないと難しいんだな、とも思いました。

最後に主人公のお友達の女の子がバンドと一緒に歌うシーンがあるんですけど、このカメラの長回しは辛かった;
Were_the_world_mine4

彼女はすっごく可愛いんだけど、素人に近い俳優さんが歌うシーンを、ほぼ編集なしで一曲通すのはちょっと無理がある…。

プロのアーティスト、それもMikaみたいに見目麗しくて歌の上手い人のPVでも、ほぼワンビート、ワンカットで編集されてたりしますからねv


せめてラストシーンだけでも、もうちょいリアリティがあったらよかったのにな~。

例えば、キャプテンは魔法が解けて正気に返ったら、「君の気持ちは嬉しいけど、やっぱり友達でいよう。」ってティモシー君に言う、とかね。

そう言われて、ティモシー君はキャプテンに向かって一生懸命笑って頷くんだけど、その後、一人になった途端にシクシク泣いちゃうのw

そしたらそこに別の男の子がやって来て、「今まで言えなかったけど、実は僕、君が好きなんだ。」ってティモシー君に告白♪

それが今まで散々自分のことを苛めてきた嫌な奴だったから(←でも見た目はイケてるw)、ティモシー君は呆然としちゃうんだけど、

「自分の気持ちを誤魔化すのに必死で、今まで君のこと苛めてごめんね。」

って、彼に素直に謝られて・・・最後は二人で手を繋いで、新しい恋の予感

みたいな?

ヾ(≧∇≦)ノ ←勝手にエンディングを変えないように;


それにしても、なんで毎年8位の映画とは相性が悪いんだろう?(汗)

ファンタジーは好きなんですよ。でもありえない話はダメ。気持ち的にありえない展開だと萌えない…。

って、やっぱりポイントはそこ?

(^-^;)


最後にこちら↓が予告編です^^


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『今回もこんなんですが(汗)、もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レビューそっちのけであけぼのさんの妄想(笑)に吹いてしまいましたw
これで1本小説書いちゃえばいいじゃないですか(笑)!
2010/03/04(木) 08:23:25 | URL | くろみみ #-[ 編集]
こんにちはー。
これも面白そうな映画ですが。
ところで、こういうGay映画っていうのは、レンタルVIDEO屋さんから借りてきて見るんでしょうか?
専門チャンネルがあるんでしょうか?
(どちらかの記事に既に書かれておられましたら失礼な質問してスミマセン。(><))
ツタヤにはBLノベルの映画化されたdvdとか置いてあって一度見てみようかとは思ってるんですが、なかなか食指が動かず…。
2010/03/05(金) 18:34:59 | URL | jumpi #w7E8CPEA[ 編集]
くろみみさん、こんばんは
全くレビューになってなくてすみませんっ(汗)
途中から勝手な妄想で盛り上がってしまいましたが、笑って頂けて嬉しいです^^
二次創作ってことで書いちゃっていいものか?(^^;)
2010/03/05(金) 20:37:32 | URL | あけぼの #-[ 編集]
jumpiさん、こんばんは
日本だと映画祭くらいしか「ゲイ映画」って見られないみたいですよね;
アメリカは有料のケーブル局だとLGBT専門のチャンネルがあるみたいなんですけど、さすがにそこまではせず、大抵はオンラインのレンタルです^^
ただ、日本語の字幕はないですし、そもそもPCだと見づらいですからそれも余りお勧めできませんが…(汗)

>ツタヤにはBLノベルの映画化されたdvdとか
「ゲイ映画」よりBLの方がポピュラーってことでは?!
一度、「BL映画」を観て眩暈がしたので、ちょっと考えてしまいますけど(汗)、今はもっと素敵な作品があるのかなー。
もしご覧になられたらぜひ教えて下さい!
というかレビューして頂きたいです~。
2010/03/05(金) 20:38:17 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは。
先日、おりんぴっくにバカな長ったらしいコメを残していたら携帯の電池が切れて・・・こちらの楽しい記事にコメを残せなかったので、再びお邪魔していますi-229

> 楽しい過程の全てを省かれても…( ̄へ ̄;)
もう、ここに爆笑させていただきましたi-237
まったくです!
惚れ薬でそこを考えたことはなかったけど、紆余曲折が楽しいのも確かで、あけぼのさん(慣れない;;)の的を射たご指摘にお腹を抱えてしまいましたww

私、某歌劇団が好きなんですけどミュージカルが結構苦手でファンタジーもかなり苦手(>_<)
だから、このお話しは恐らく見る機会がないだろうと思います;;
しかし、つべの後の写真がとっても萌え~でかなり興味をそそられてしまいました。
その下のお姉さんも綺麗i-233
その気はないはずなんですが・・・^^;

あ、MILK、今月某w○w○wさんで放送されます!
あれ?昨日だったかな・・・?(汗)
気づくの遅すぎだし・・・m(__)m
2010/03/05(金) 20:40:57 | URL | 葵 #5XrOZ5hQ[ 編集]
葵さん、こんばんは
とんでもないです。丁寧なコメント嬉しかったです☆
私の方こそ、全然関係ないところでオリンピックについて語ってしまって…。
真央ちゃんのことになると止まらないって感じです。(←なら自分で書けって話ですが;)

BLで好きなお話って、焦れったいお話が多いんですよねv
攻めも受けも相手の気持ちが掴めなくてすれ違ってるみたいな?
そういうところをじっくり書いて下さる方のお話に盛り上がるという…。
自分じゃ書けないんですけど(汗)創さん達が今、そんな感じですv

>ミュージカルが結構苦手でファンタジーもかなり苦手(>_<)
そうなんですか?
私は逆にミュージカルもファンタジーもほんとは大好きなんです☆
でも今回みたいにダメな場合もあるんですけど;
主役の二人はほんとに萌え~なんですけどねvv

そしてさすがはw○w○w様!
なかなか映画館までは足を運べなかった方も、これできっと観られるんですよねv
私もまたDVDで観て新たな発見をしたので、TVで観直すのも好いなって思いました☆
2010/03/05(金) 21:06:41 | URL | あけぼの #-[ 編集]
こんにちは(^^)

「惚れ薬」なんてつかったら、あけぼのさんのおっしゃる通る楽しい過程が省略されて面白くないですね。やはり腐女子は心が優先で、ゲイは体が先なのかしら?
即物的なストーリーは萌えませんね・・・(^^;)
私は、この映画ならあけぼのさんの書いたエンディングの方がいいと思います!その方がリアリティもあるし萌えますね(^▽^)
2010/03/06(土) 22:25:49 | URL | はちだんご #-[ 編集]
はちだんごさん、こんばんは
おかしな妄想まで読んで頂いてありがとうございますっ(恥;)
「惚れ薬」で起こる擦れ違いはコメディになっても、大真面目にやられると首を傾げてしまいました^^
私の説明がいい加減なせいですけど(汗)、でも即物的といっても、セリフでほのめかされてるだけでエチ描写はないんです。
そういう意味ではロマンチックな映画なんですけど、恋愛に至るまでの過程が何もないのが何とも物足りなかったです;
2010/03/07(日) 23:06:35 | URL | あけぼの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。