アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AKIRA』実写化に抗議?
大友克洋原作・監督の超有名漫画・アニメ、『AKIRA』がワーナーブラザースによって実写映画化が決定しているそうです。
175Akira-Posters

その映画版のキャストの候補が発表されたことに対し、ジョージ・タケイさん↓がアジア系のファンと一緒に『AKIRA』の“whitewashing”についてツイッターで抗議されていると聞きました。
175georgetakei


Whitewashっていうのは元々、しっくいを塗るというような意味で、何かを隠蔽するというような時にも使います。

この場合は、「白人化」とでも訳すのでしょうか?


先月の時点で、主役の金田を演じる候補として脚本を送られたと言われているのが、ミヒャエル・ファスベンダー(↓左)、ギャレット・ヘドランド(↓中央)、ホアキン・フェニックス(←どう考えてもムリあるだろ?汗)、クリス・パイン(↓右)、そしてジャスティン・ティンバレーク。
175akira kaneda

皆さん、イケメンなのは間違いないとして、どう見ても「金田」って顔じゃないw


鉄雄役に名前が挙がっているのは、(↓左から)今超人気のアンドリュー・ガーフィールド、ジェームズ・マカヴォイ、ロバート・パティンソン。
175akira tetsuo

顔の良さは認めるとして、「鉄雄」って呼ぶのは抵抗あるよね…てつおぉ!(笑


これまでにも日本のアニメが実写化されたことはあったけれど、どれも白人の俳優さんが主役を演じていて、今回の『AKIRA』も同じパターンになりそうだということで、このキャスティングを見て「もういい加減にしてくれ!」っていう抗議の声が上がっているそうです。(こちらの記事)


正直、私は『AKIRA』も大友克洋先生も、もちろん名前は知っていますけど、作品を読んだことはなくて(汗)、学生の頃、比較文学かなんかの比較的小さなクラスで教授が『AKIRA』について語り出して、日本人は当然知ってる前提で話を振られて何一つ答えられませんでした(泣)

あの時、日本のアニメ、というか『AKIRA』の人気と知名度が半端ないのを思い知った;


まあそんなわけで私自身には『AKIRA』の実写化自体にそれほど抵抗も思い入れもないけれど、ただアジア系の俳優さんの少なさというか、活躍の場のなさっていうのは前から気になってはいました。

女優さんはそれでも割りと人気のある人が結構いるけれど、男はほんっとに少ないですしね…。

アジア系のスターっていうと真っ先に思い浮かべるのはキアヌ・リーブスですけど、彼はダメだと思う…っていうのは、ご本人にアジア系の人間としてのアイデンティティが皆無で、周りもフツーに白人として見ていて、そういう意味では本人の存在自体がwhitewashされてしまっている?

かといって、ジャッキー・チェンとかジェット・リーもちょっと違うんだよねー。

アクターっていうより、アクションスターっていう立ち居地だし、一芸に秀でた人ではあるかもしれないけど、逆にいうとアクションしかできないっていう感じで、そこで終わっちゃうっていうのが問題?

ケン・ワタナベさんも渋い脇キャラとしてすっかり定着してますけど、スターって言われるとやっぱり立ち居地が違う気がするし…。


じゃあ若くてイケメンで、セクシーで、女の子に騒がれるカリスマ性のあるアジア系の俳優さんと言えば…?
175rain0

(^▽^;)

すみません、今日は特にここに話を振るつもりはなかったんですけど…ついっ(汗)


まあキャラを全員アジア系にする必要はないとしても、せめてメインキャラの一人は日本人とは言わなくてもアジア系の俳優さんにして欲しいとは思います。

理想を言えば日本人の俳優さん、それも出来れば日本で、さらに言えば東北地方で新人発掘オーディションをしてもらえたら最高なのに、と思う。

若くて勘のいい子なら、3ヶ月も現地で暮らせば英語は問題ないはずだし、映画のプロモとしてもいいアイディアですよね?


この件に関しては、 Don't Whitewash AKIRA!っていうフェイスブックのアカウントも作られているので、抗議運動に興味のある方は参加も出来ます。


ちなみにジョージ・タケイさんは、同性のパートナーと結婚しているゲイライツの活動家で、現在はアメリカ赤十字の日本への義捐金の呼びかけにも参加しておられます。

彼はオリジナルの『スタートレック』シリーズのスールー役で有名ですが、その『スタートレック』は、アメリカのTVシリーズで初めて、人種的マイノリティのキャラを多用したことでも知られているそうです。

『AKIRA』もいっそアジア系や白人の俳優さんだけじゃなくて、色んな俳優さんが登場してくれたらいいのにね^^
スポンサーサイト
18禁の定義
このブログはアダルト登録していないにも関わらず、かなり怪しい画像&動画をあちこちに載せています(汗)

そこで今回は、何が通常のブログで許される限界なのか?という定義をしておこうかと…。

明らかにどうでもいい内容なので、全く読む必要はありません^^

色んな18禁画像や動画を例に挙げて、どこまでが許容範囲なのかを楽しく検証するという、本人が楽しいだけの企画ですが、生もの好きな18歳以上の腐仲間さんに、もし一緒にお楽しみいただけたら幸いです♪

では以下、背後に厳重注意の上、完全18禁!!


[READ MORE...]
先生萌え
久し振りに本の感想なんですけど、こんな素敵な小説に激萌えしてしまった自分が超恥ずかし…;

なのは今さらとしても、万が一、健全な読者の方に本のタイトルor作者名で検索されたら目も当てられない(汗)

ということで、ご本のタイトル&著者名に関しては画像↓をご覧下さい^^
173book review

この小説には、私もまずは普通に感動しました!

DVとか格差社会、パワハラ、少年犯罪等々のとても重い問題が、若い小学校教師の目を通して語られることで、とっても分かりやすく丁寧に書かれていて、涙なしには読めない素敵な作品です。

胸が詰まる場面も沢山あるけれど、主人公達のキャラのせいで読後感も爽やかだし、本当にお勧め。こういう時だからこそ、前向きで元気をくれるお話が読みたいという方は特に、ぜひ手に取ってみて下さい^^


と、ここまではオッケーなのですが…。

以下は自分でも、

こんな真っ当な小説で腐ってどうするよ?!

という突っ込みを入れたくなる、どうしようもない萌え語り;


ご注意!
何かの間違いでここに迷い込んで来られた方、この小説、あるいは作家様がおすきな方は以下、お読みにならないことをお勧めします。読まれてから苦情を言われても受け付けられません(_)



[READ MORE...]
イジメ撲滅キャンペーン
日本ではACのCMばかり放送中とお聞きしました。特に色んな方のブログで目にするのが、「ポポポポーン」という謎のフレーズ…。

「で、ACってなんだろう?」

と思ってググッてみたら、

「公共広告により啓発活動を行っている経済産業省所管の特例社団法人」

ということで、これはつまり英語圏でいう、PSA(Public Service Announcement)と似たようなものかと…?

でもいくらメッセージ性のあるPSAでも、あんまりにも同じCMばかりでゲンナリという方のために、ここでアイルランドの素敵なPSAをご紹介。

英語が分からなくても、きっとメッセージは伝わると思います。



ラストの英語は、

“Don't stand for homophobic bullying”
ホモフォビアによるイジメを許しちゃダメ。

“Stand up for your Lesbian, Gay, Bisexual and Transgender friends”
レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダーの友達のために立ち上がろう。

ミニムービーみたいで画面も綺麗だし、ぜひぜひ「ポポポポーン」の合間に、こんな素敵なPSAも放送していただきたいです♪


CM放送も自粛中らしいですが、こういう時こそ萌えを垂れ流しにして明るく乗り切るべき!と思っています。苦々しく思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これからはとにかくアゲていこうと思っていますので、そのうちおかしな記事を載せ始めたら、お嫌な方はスルーでお願い致します。

そう言いつつ、なぜか自分自身なかなかアゲられないのですが…。

でも被災しなかった人間、というか日本にすらいない人間からちゃんと気合いれていかなきゃですね!

これからも少しずつでも義捐金等送れるように、元気で働かなくては、です!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。