アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stonewall Uprising
現在アメリカの各都市でリミティッドリリース(限られた数の映画館で短期間のみの上映)中のドキュメンタリー映画、

“Stonewall Uprising”
136stonewall_uprising

今年も6月最後の週末、アメリカの各都市で大々的にプライドパレードが行われたんですけど、なぜ毎年この時期にパレードが行われるかというと、それは1969年6月28日にNYで起こった全米初のゲイムーブメント、「ストーンウォールの反乱」を記念しているから。

当時、同性愛は犯罪とされていて、NYのストーンウォール・バーにはその未明、いつものように警官の一斉検挙があったんだそうです。
136stonewall_uprising3

ただその日に限って、そのバーにいた客は警官と揉み合って激しく抵抗、警官隊を押し戻す3日に渡る暴動となり、これが全米のゲイムーブメント、すなわち新たな公民権運動に火をつけたわけなのですねv
136stonewall_uprising2

“All of a sudden the police faced something they had never seen before. Gay people were never supposed to be threats to police officers. They were supposed to be weak men, limp-wristed, not able to do anything. And here they were lifting things up and fighting them and attacking them and beating them.”

「突然、警官はこれまでに見たこともないものと直面することになった。ゲイは警官にとって脅威であるはずじゃなかった。弱々しく、へにゃへにゃして、何も出来ないはずだった。でも彼らは物を持ち上げ、警官と闘い、攻撃し、打ちのめしていたんだ。」

“This was the Rosa Parks moment, the time that gay people stood up and said no. And once that happened, the whole house of cards that was the system of oppression of gay people started to crumble.”

「これはローザ・パークスが黒人差別にノーと言ったのと同じ、ゲイが立ち上がってノーと言った瞬間なんだ。そしてこの時から、ゲイを差別するシステムはカードの家と同じように崩壊を始めた。」

まさにゲイプライド、誕生の瞬間!

すっごくカッコいいですよねっ!>▽<

でも今まで中々きちんとしたドキュメンタリーが作られなかったのは、当時のメディアがこの事件をことが終わってしまってからしかカバーしなかったためで、写真やフィルムが殆ど残っていないんだそうです。

なのでこのドキュメンタリーも、主にその現場にいらした方の証言を基に作られているんだそう。

ストーンウォール以前のアメリカにおける、ゲイやレズビアンの方が置かれていた状況も丁寧に描かれていて、1時間23分という短いドキュメンタリーだけど見ごたえのある映画のようですv

こちらが予告のトレイラー。


予告を見ただけで熱い~。見たい~。

しかし7月9日から1週間、しかも市内のみ…。

でも今回は頑張ってみる!
スポンサーサイト
シザー・シスターズ新曲のプロモ
シザー・シスターズの最新アルバム、『ナイトワーク』のマーケティング作戦がちょっと笑えたので、ご紹介。

135SCISSOR SISTERS

ただし今回は18禁で背後に注意!



[READ MORE...]
ボーイカルチャー
2008年にアメリカのゲイ男性から「最高のゲイ映画」28位、2009年には27位に選ばれたのは、2006年製作のアメリカ映画

“Boy Culture”『ボーイカルチャー』
134Boy-Culture

このポスターを見て、いけない期待を抱いたあなた!

私の仲間です~(^▽^;

以下はネタバレ注意!

[READ MORE...]
クリスティアーノ・ロナウド
クリスティアーノ・ロナウドについて私が知っていること。

1)ポルトガル出身のサッカー選手で、去年、史上最高額の移籍金でレアル・マドリードと契約した。
133Real Madrid cristiano ronaldo
とにかく凄いサッカー選手らしい。

2)母国ポルトガルの同性婚に支持を表明している。
133portugal-gay-marriage
(首都リスボンの国会議事堂前で、お祝いのシャンペンを飲み交わす素敵な女性カプ♪)

3)ベッカム様に代わって、最近イギリスのゲイ男性から「最高にセクシーな男」に選ばれた。
133Emporio Armani cristiano ronaldo

そしてベッカム様に代わってエンポリオアルマーニのモデルにも選ばれたw
133Emporio Armani cristiano ronaldo2

フェイスブックに載っていた撮影風景↓が萌え~♪


4)あまり出し惜しみはしない性格のようで、むしろ見せたい方かと思われるw
133portugal-soccer-team-locker-room-nike

ポルトガルチームのロッカールームにカメラが潜入。

しつこくロナウド様を追い掛け回すw

5)好い男だから男にも愛される。
133cristiano-ronaldo-rio-kiss
マンチェスター・ユナイテッドのチームメイトだったリオ・ファーディナンドからのちゅうぅ♪

スペイン代表のセスク・ファブレガスとも仲良さげw
133cristiano ronaldo Cesc Fabregas
(この世にラテンの好い男x男ほど萌えるものはないっ!)

もう仕事放り出して南アに行きたいなぁ♪

ポルトガルは初戦引き分け、スペインはまさかの負け試合になりましたけど、二人とも応援してます☆

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『映画の話でもサッカーの話ですらないですが(汗)、もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
True Blood
アメリカのケーブルTV局HBOで現在3シーズン目が放送中のヴァンパイア・ドラマ、

True Blood
132true-blood

最近バイであることをカムアウトしたアナ・パキンを始め、セクシーなヴァンパイアの皆さんが登場するとは聞いていました。
132true-blood3

今シーズンは特に飛ばしてるらしく、各ブログ様に色々と画像が載っていたので転載させて頂きます♪

ただ書いてる本人は一度もこのドラマを見たことがないので、ストーリーは何がなんだかサッパリ(汗)

なので以下は、おしりくん(♂)&ちくびさん(♀・♂)の画像のみ…(^^;

ということで、その手の画像が苦手な人はここでさようなら~。



[READ MORE...]
アレハンドロ/レディ・ガガ
レディ・ガガの新曲、アレハンドロ(Alejandro)のPVがリリースされました☆

写真家のスティーブン・クラインが監督というだけあって、このビデオは凄く素敵ですっ!!

曲も好きだし、9分近いPVだけど何回でも見れちゃいますvv

まずは画像が見つかった分を貼ってみるよ♪

網タイツにヒールでミリタリールックという、とてもファッションフォトっぽいお兄さんw
131alejandro0

このPVのガガコス、というかガガゴスは大変そうだwww
131alejandro02

このシーン、ガガ様が中性的で凄くセクシーだし、振り付けも好き♪
131alejandro3

宗教的にタブーな感じはマドンナの昔のPVと似てるかな?
131alejandro4

最後は黄金のブツをお持ちのお兄さんと、尼僧ガガのマリオネットww
131alejandro5


そしてこちらがPV♪


最初、曲が始まる前は「なんだこれ?」と思わなくもなかったんですけど(汗)、後半、モノクロのフラッシュの中、ガガ様が一人で踊ってるところとか、見惚れてしまいます~。

なんか古いヨーロッパのアートフィルムみたい!

そうかと思うとマドンナみたいでもあるけど、でもシャープな頬とか身体のラインがマドンナにはないセクシーさというか、最近痩せすぎではと思っていたら、実はこのために身体を作っていたのかもしれない?!

そう思えてしまうカッコよさvv

これだけ素敵なお兄さん達が出てるのに、ガガ様一人に注目させられてしまうのが凄い☆

ちなみにこのPVのテーマは、「ゲイ・ラブへの賞賛と憧れ」“a celebration and an admiration of gay love”だそうです♪(こちらのインタビュー)

「ゲイラブへの賞賛と憧れ」って…ガガ様はひょっとして腐女子…?(^^;
カイリー・ミノーグ新曲のプロモ
実はこのブログは後一ヶ月ちょっとで(7月11日から)18禁にしようかな~、と考えています^^

まあ全体にそう内容が変わるわけでもないので、あやしい記事には18禁の警告を出しながらソロソロとそっち方向に進めていくつもりですが(汗)、今回はそのテスト(?)というわけで、カイリー・ミノーグの久々の新曲について。
130kylie-minogue-aphrodite

カイリー姉様の新曲、“All The Lovers”のPVをご覧になった方はご存知のように、これ自体かなり背後に注意なPVですよね?(^^;

今回のブログの記事のタイトルも正確には、

「カイリー・ミノーグ、新アルバム『アフロディーテ』のプロモーションのために、NYの有名なゲイクラブ「スプラッシュ」を訪れ、セクシーなゴーゴーボーイ達と一緒に歌い踊る♪」

なのでしたw

そんなわけで、以下は怪しい画像(白いおパンツ一枚のお兄さんとかw)が出ますので、

「それはちょっと…。」

という方はここでストップ!!!

「お兄さんの白いパンツはむしろ大歓迎♪」(←私だけ?汗

という方のみ、背後に注意しつつお進み下さい^^



[READ MORE...]
Yossi and Jagger
アメリカのゲイ男性から、2008年に「最高のゲイ映画」46位、2009年には33位に選ばれたのは、2002年のイスラエル映画

“Yossi and Jagger” (יוסי וג'אגר)
129Yossi and Jagger

監督のエイタン・フォックスはカムアウトしているゲイ男性で、このリストでは2009年に35位に選ばれている“The Bubble”『バブル』(2006年製作)の監督さんでもありますv

“Yossi & Jagger”は、イスラエル軍に従事する上官と部下の愛と悲しみを描いた映画…。

そう書くと、とっても重いテーマの映画みたいですけど…すみません(汗)

めっちゃ萌えましたああぁっ!!!

(≧▽≦)

以下、画像超過の上に完全ネタバレの萌え吐き;

注:このブログは反イスラエルでもプロイスラエルでもありません。)



[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。