FC2ブログ
アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
A Very British Sex Scandal
2007年にイギリスでTV放映されたドキュメンタリー・ドラマ(docu-drama)。

“A Very British Sex Scandal”
verybritish
無理に訳せば、「とてもイギリス的セックス・スキャンダル」。

イギリスの悪名高いソドミー法(Buggery Act)が見直されるきっかけとなった、1954年に起きた実際の裁判のドラマ化で、当時を知るゲイの活動家の方々へのインタビューを交えて作られています。

それにしても、ソドミー法って400年以上前に成文化されていたんですねー。1533年に成立したって言うことは、ヘンリー8世の時代。

自分の奥さんを次々と 処刑した男が王様で、同性愛者は絞首刑って…。

同性愛への迫害っていうのは、大昔から常に偽善者によってなされてきた、っていうことですね。残念ながら、イギリスがその後世界中に領土を広げたため、この最低の法律が、世界中で成立することになってしまいました。

(><)

この法律によって悲惨な目に合った有名な人物が、詩人で小説家のオスカー・ワイルドですけど、今回のドキュメンタリーで語られる1954年の裁判は、そのオスカー・ワイルドの事件以来、最も有名なソドミー裁判って言われているそうです。

以下は、当時のイギリス社会の状況から。

[READ MORE...]
スポンサーサイト