アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J. Edgar~J. エドガー
レオナルド・ディカプリオが初代FBI長官、J.エドガー・フーバーを演じる、クリント・イーストウッド監督の伝記映画(Biopic)、“J. Edgar”の公開が、今年の11月9日に決定したようです(全米公開は11月11日)。
192JEdgar-Split

以下はその公開日の決定にともなって、ワーナーブラザースからリリースされたオフィシャル・フォトの数々(こちらのエンタメサイト様から頂きました)

192JEdgarFirstPhoto
つけ鼻(prosthetic nose)としかめ面で、かなり実物に近い雰囲気のレオナルド・ディカプリオ。

192Leonardo-Dicaprio-Edgar
(フーバーの生涯の“パートナー”だった、クライド・トルソンを演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』でイケメン双子を演じたアーミー・ハマー↑右)

192J-Edgar-Dicaprio-Clint
ギャング映画みたいな衣装&セットに、カジュアルで機能性重視なスタイルのイーストウッド監督w


J.エドガー・フーバーはご存知、FBIの初代長官として40年近く君臨し、「20世紀を通じて最も恐れられた男」と言われたそうですが、私生活に関しては当時から色々と噂のあった人物で、FBIの副長官であったクライド・トルソン(↓左)とは同性愛の関係にあったと言われています。

192hoover_Tolson
(仲良く観劇中のお二人は、どう見ても楽しくデート中?)

ただ、本人達は一度もそんな噂を認めていないどころか、そういう噂を流した相手は徹底的に追求して弱みを握り、脅迫していたそう。

1972年にフーバーは亡くなりますが、トルソンは彼の生命保険の受け取り人であっただけでなく、葬儀の際には棺を覆った星条旗を受け取り(普通は未亡人が受け取るもの)、フーバーの全ての財産を相続すると、彼の屋敷に一人移り住みます。そしてトルソンが亡くなると、その亡骸はフーバーの墓の直ぐそばに埋葬されたのでした。

公職にあっても、指紋による犯人の特定を始めとする、FBIの科学捜査方式を確率するなどの功績をあげながら、その裏で政財界の様々な人間に恐喝を行っていたりと、とても複雑な顔を持つJ. エドガー・フーバー。

そんな彼の生涯を、イーストウッド監督がどう映画化したのかがとても気になるところ!!

というか、『ミルク』でアカデミー賞を受賞している、『J.エドガー』の脚本家のダスティン・ランス・ブラック↓と、イーストウッド監督、それぞれのインタビューでの見解のズレが凄く気になってます^^
192dlb

まずは今年の1月に、ウォールストリートジャーナルに載った記事からの抜粋(&意訳)。

イーストウッド監督は、フーバーがクロスドレッサー(女装趣味の人)であったとするレポートや、隠れホモであった可能性には特に触れないと答えている。

In fact, what attracted him to the screenplay was the fact that it "didn't quite go down that road."

監督が脚本を読んで興味を持ったのは、そういった方向に話を持っていかなかったからだ、というのだ。

監督は1924年に29歳の若さでFBIの長官となったフーバーが、どうやって8人もの大統領の任期期間を通して生き残り、強国アメリカで強大な権力を持つ男として君臨し続けることができたのか?という点に主な関心を抱いている。

でもこの記事の数日後、脚本家のダスティン・ランス・ブラックは、AfterEltonのインタビューで、

「フーバーのような人物について映画を作るというのに、彼の内面を掘り下げるような脚本を僕が書かないなんてありえない。」

と反論。

「イーストウッド監督は、ステレオタイプとしてのゲイを描かないという意味で、ああ言ったんだと思う。映画は彼のセクシュアリティを、もっと人間的でリアルに語ることになる。」

と述べています。

ダスティン・ランス・ブラックは、ゲイライツの活動家としてもカリフォルニアのProp 8打倒を始め、様々な活動に積極的に参加していますが、インタビュー等で語られる彼の信条は常に、

「クローゼットに隠れていてはいけない。カムアウトして自分の権利をきちんと主張するべきだ。」

というもので、この映画の脚本家に決まった時も、フーバーの権力欲や法を超越した裏の顔について、隠れホモであったことからくる歪みを掘り起こす、みたいなことを語ってました。

クライド・トルソンのアーミー・ハマーも、レオナルド・ディカプリオとのキスシーンを何度も撮影した、と話しています。
192Leonardo-Dicaprio-Edgar2

ところが、こちら↓はまた最近のインタビューでのイーストウッド監督のコメント。

"Some people might say [they] were just inseparable pals. Or maybe it’s a love story without being gay, I don’t know. But it’s very interesting, the way Lance laid out the script. It was nicely written. It didn’t go to the obvious.”

「彼らが離れがたいほど仲の良い友人同士だったという人もいるだろうし、ゲイではなくても愛の物語だったのかもしれない。自分には分からない。でもランスの脚本はとても興味深いし、良く書かれている。あからさまじゃないんだ。」

キスシーンまで撮っておいてあからさまじゃないって…

一体、どっちなんですか?!

ゞ( ̄∇ ̄;)

まあでも、映画は最後は編集で決まりますからね…。

DLB様がどんなに素晴らしい脚本を書こうと、レオくんとのキスシーンをバンバン撮ろうと、最後は監督の気持ち一つで、全てばっさりカットということもありえます;

私が知る限り、イーストウッド監督は過去に一度だけ「ゲイ映画」を撮っていて、これがまた監督には珍しい駄作…と言うのが失礼なら、凡作。少なくともイーストウッド監督のベストに挙げる人はまずいないと思われる作品…(^^;

“J. Edgar”は、1年に1度しか映画館に足を運ばない私が、今年はこれを見に行くと決めて今から楽しみにしている映画なんですけど、そんなわけで期待と共に少々の不安も…(汗

そのうちトレイラーが公開されたらもう少し内容が分かるんじゃないかと思うので、またお知らせしますね^^


最後に、映画とは関係ないんですけど、クローゼットケースと言えば、またまたゲイライツに反対する保守派の議員が、実は隠れホモであったことがバレる、というニュースがありましたので一言だけ。

インディアナ州の下院議員で民主党のフィリップ・ヒンクルは、州憲法で同性婚を禁じるための法案をスポンサーした保守派の議員。
192Hinkle
(既婚、64歳、二児の父親。)

クレイグズリストの広告欄、m4m(Men for Men)に載せられていた18歳の男の子の売り広告、

"I need a sugga daddy."(お金をくれるパパが欲しい。)

に答えて、ホテルの部屋で土曜の夜を一緒に過ごしてくれれば、80ドル。凄くいい思いをさせてくれたら"for a really good time"更に50ドルか60ドルのボーナスを払う、というメールを送ったそうです。

男の子は相手が議員だと分かるとホテルの部屋から逃げようとしたそうですが、お尻を掴まれ、彼の裸を見せ付けられたそう。セックスはしなかったけれど口止め料として、iPadとブラックベリー、そして現金100ドルを貰ったとか。(←余りにせこい…;

このスキャンダルで彼は辞職を迫られているそうですけど、同じ共和党の議員達からも“sad”(この場合、悲しいというよりむしろ情けないというニュアンス?)としか言いようがないと呆れられているらしいです^^


未だにこういうクローゼット議員は後をたたないわけですし、イーストウッド監督にはぜひ、一生をクローゼットに隠れて権力を掴むことを選んだ男の内面を、深く深ーーく抉る映画を作っていただきたいものですvv
スポンサーサイト
The Kids Are All Rightを観たよ☆
ちょっと前にご紹介した、アネット・ベニングとジュリアン・ムーアが主演の映画、“The Kids Are All Right”を観てきました~。

139kids_are_all_right

インディーズ系の映画としてはこの夏一番の話題作という感じで、最初はサンフランシスコとバークレーでしか上映されていなかったのに、どんどん評判が広まって、うちの近所の映画館でも上映してくれるようになったと思ったら、今週末からいよいよアメリカ全国で一斉公開になったみたい。

ちょうど水曜日にはカリフォルニアの同性婚が再び合法化、というよりProp 8が違憲とされたばかりで、タイミングとしても完璧っ♪

私の周りでもみんなに大好評で、とーーーっても楽しみにしていたのです☆

アネット・ベニングとジュリアン・ムーアは、この映画の演技でアカデミー賞にノミネートされるかもって言われているので、日本でも多分公開されるはず?

なので、あんまりネタバレになるような感想は書かない方が好いかなとは思ったんですけど、ネタばれしないと書けない感想なので…汗

「日本で公開されたら絶対観たい!」と思っていらっしゃる方は、お読みにならないでスルーして下さい^^;

それとこの映画自体R指定ですので、お子様は読んではいけません。念のため18禁とさせて頂きます。



[READ MORE...]
The Kids Are All Right
2010年7月、アメリカで公開中のコメディ映画、

“The Kids Are All Right”
139kids_are_all_right

アネット・ベニングとジュリアン・ムーアの大物女優さん二人が、レズビアンのカップル役を演じていて、
139kids-are-all-right-bening-moore

二人の娘役に、ティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』で評判になったミア・ワシコウスカ、息子役にジョシュ・ハッチャーソンという若い俳優さんが登場。
139kids_are_all_right3

この二人の子供たちが精子ドナーである自分達の「父親」を見つけたことから家族に起こる、色んな出来事を描いた映画だそうです。

ドナー役はインディーズ映画によく登場するマーク・ラファロ。
139kids_are_all_right2

リサ・チェンデンコ監督↓がカムアウトしているレズビアンの女性で、かつ精子ドナーを使って息子さんを出産されているということもあって、子供のいる女性カプの日常がとてもリアルに描かれているそうです。
139lisacholodenko

インディー映画としてはとっても評判が良くて見てみたいんですけど、この辺だと例によってサンフランシスコとバークレーでしか上映されていないのが…泣

子供のいるゲイのカップルさん、この辺に沢山いらっしゃるのに。もっと郊外でもこういう映画を上映してくれないかな~。

こちらはトレイラー。


とっても面白そうですよねvv
Just a Question of Love
「最高のゲイ映画」第15位は、2005年のフランスTV映画。

“Just a Question of Love”

原題も『Juste une question d'amour』なので、日本語にすると『ただ愛の問題』
Just a Question of Love

どうしても両親にカムアウト出来ない大学生の男の子が、自分を誤魔化して生きることを拒否する年上の男と恋に落ちて…。

以下、完全ネタバレ注意!


[READ MORE...]
I Love You Phillip Morris
大統領就任宣誓式のおかげで、ほぼ忘れられている感じの(汗)サンダンス映画祭ですが、そこで先日重要な?「ゲイ映画」が公開されたという記事を発見。

“I Love You Phillip Morris”
i-love-you-phillip-morris
左はユアン・マクレガー様、右はジム・キャリー。

ジム・キャリーがテキサス出身の詐欺師で、南部出身のキュートなブロンド(役)のユアン様と刑務所の中で恋に落ちるという設定だそうですv(←実話に基づいているとか)

脚本と監督は『バッドサンタ』の二人だそうですので、かなりエッジーなコメディかもww

ラブシーンでもカメラが切り替わることなく、じっくり見せてくれるそうですし、最後はサプライズがあって、すっごく切ないエンディングになるとか。

ジム・キャリーのゲイ役、そしてラブシーンに多少の疑問符があるものの(笑)、あのユアン様が相方ですので期待して大丈夫?

i-love-you-phillip-morris2
さすがにユアン様もお年を召されましたけど、やっぱり笑顔が素敵です

同じサイト様にハリウッド最高のゲイ・キスの動画も載っていましたので、是非ご覧になってみて下さいv

皆様がご存知の映画、ちゃんと載ってますよねっ♪

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『今日はこれだけですが(汗)、もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。