アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『波に流れて』~Contracorriente
2009年にペルーで公開され、アメリカでは2010年のサンダンス映画祭でワールドシネマ・ドラマ部門の観客賞を受賞した作品。

“Contracorriente”(英題は“Undertow”)
202Contracorriente

日本でも『波に流れて』というタイトルで、2010年の「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」で上映されているそうです。

ゲイ映画を観て、というより映画を観てこれだけ泣いたのは久しぶりで、特にラストシーンは涙が止まりませんでした。

主役の俳優さん達の演技はもちろん、美しいペルーの漁村を背景にした完璧なシネマトグラフィー、そして音楽、もしくは音を削った繊細で緻密な演出は、これがハビエル・フエンテス・レオン監督の初監督作品とはとても信じられません。

なんかこう久々に、

ああ、映画ってこういうものなんだ…(涙)

って、素直に感動。こんな素敵な作品にめぐり合えたことに感謝しました。

日本ではDVDが手に入らないと思うので、以下、ネタバレしてしまいますが、英語字幕、もしくはスペイン語でご覧になれる方は、先に映画をご覧になることを全力でお勧めいたします(_)


[READ MORE...]
スポンサーサイト
逃走のレクイエム/Burnt Money
アメリカのゲイ男性から、2008年に「最高のゲイ映画」42位、2009年には23位に選ばれたのは、2000年製作のアルゼンチン映画

Plata quemada(Burnt Money)『逃走のレクイエム』
140Plata quemada poster

わざわざポスターに“Intensely Erotic”(激しくエロい)って書いてあるので、激しく期待して見ちゃいました♪

が…

エロいことはエロいけど、なんだか激しく間違ってるっ!(汗)

以下、ネタバレの上に文句が多いので、この映画がお好きな方はスルーして下さい^^;

それと念のため、18禁の上、背後に厳重注意!



[READ MORE...]
ボーイカルチャー
2008年にアメリカのゲイ男性から「最高のゲイ映画」28位、2009年には27位に選ばれたのは、2006年製作のアメリカ映画

“Boy Culture”『ボーイカルチャー』
134Boy-Culture

このポスターを見て、いけない期待を抱いたあなた!

私の仲間です~(^▽^;

以下はネタバレ注意!

[READ MORE...]
C.R.A.Z.Y.
2008年に「最高のゲイ映画」30位、2009年には37位に選ばれたのは、2005年公開のカナダ映画

“C.R.A.Z.Y.”
CRAZY

カナダ映画と言っても、ケベック地方が舞台なので、英語ではなくフランス語の映画です。

60年代から70年代のモントリオールに生まれ育った、ゲイの男の子の成長物語。

以下、ネタバレ注意!



[READ MORE...]
エンジェルス・イン・アメリカ
アメリカのゲイ男性から、2008年に「最高のゲイ映画」39位、2009年には16位に選ばれたのは、2003年にアメリカの有料ケーブルTV局「HBO」で放送されたミニシリーズ

『エンジェルス・イン・アメリカ』
Angels_In_America_DVD_cover

2004年のゴールデングローブ賞とエミー賞で高い評価を受けた、トータルで6時間近い長さのTVドラマです。

もちろん映画ではないんですけど、HBOが60億(円)近い予算をつぎ込んで完成させたと言われるだけあって、このリストに載ってる他の映画と比べて遜色ない、というより下手な映画よりよほど出来が好いかも^^

とにかく長いので、こういう企画を始めなかったら多分見ることはなかったと思うんですけど(汗)、おかげで見られて良かったって思いましたv

日本でもDVDが手に入るはずなのでお勧めですvv

以下はネタバレ注意。

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。