アメリカの大手ゲイブログAfterEltonで選ばれた「最高のゲイ映画50」を1位から順にレビューしていく企画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83回アカデミー賞
今年のアカデミー賞のホストはご存知、ジェームス・フランコとアン・ハサウェイでした。
167academy-awards_oscar_promo

ベイビーブーマー(団魂の世代?)以降に生まれたヤングでヒップな若者(笑)がホストに選ばれたのは初めてということでかなり話題になっていたのですが、ゲイと女性のスーパーボールといわれるアカデミー賞に相応しい、とってもゲイフレンドリーなチョイスだったのではと思いますvv

アン・ハサウェイはお兄さんがゲイとしてカムアウトしたのをきっかけに家族全員でカトリック教会を離れ、同じクリスチャンでもゲイフレンドリーなことで知られる米国聖公会の信者になっていますし、ジェームス・フランコは『ミルク』のスコット・スミス役を始め、“Howl”でもゲイの詩人アレン・ギンスバーグを演じ、NYUの生徒としてもクィア・シネマのクラスを専攻するなど、ここまでいくと「もはやゲイ役しかやりたくないのでは…?」と思いたくなるくらいww

最近ツイッターを始めたジェームス・フランコがこんな素敵な画像↓をupしてくれたこともあって、今回のアカデミー賞はがっつり見ることにしました(笑)
167JamesFranco&Cats
(猫ごとまとめて引き取りたいんですが…w)

以下は簡単な結果発表プラス、とりあえず見つかった画像とかです^^



[READ MORE...]
スポンサーサイト
VMA制覇☆レディ・ガガ
昨夜LAのノキアシアターで行われた、MTVビデオミュージックアワード。
145vma 2010 gaga DADT

13部門にノミネートされていたレディ・ガガが、「バッド・ロマンス」のビデオ・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀ミュージックビデオ)、「テレフォン」のベスト・コラボレーションを含む、トータルで8部門を見事に制しました♪

実は最近この手のアワードショーにあんまり興味がなくて、エミー賞もスルーしてしまったんですけど(汗)

「ガガ様はやっぱり凄い!」

って、今回改めて感動した…泣



[READ MORE...]
第82回アカデミー賞ドレス他
ふたを開けてみれば、監督賞、作品賞、脚本賞の主要部門を含む6部門を制した『ハートロッカー』の圧勝だった今年のアカデミー賞。
Academy Awards 2010 hurt locker

女性監督としては初めての監督賞、そして作品賞の受賞。作品賞は『アバター』の受賞を予想した人が殆どだったので、かなりのサプライズでしたが(私も含め;)、結果としてはキャスリン・ビグロー監督の大勝利となりましたv

ただショー自体はあまり見所もなく、ホストの二人のジョークも詰まらなかったので、以下はこちらからコピーさせて頂いただけの簡単な受賞結果と、主にドレスの品定めです^^;



[READ MORE...]
第82回アカデミー賞ノミネート発表
今朝早く、今年3月7日に行われるアカデミー賞のノミネート作品他が発表されましたv

2010 academy award nomination
(発表したのは、朝からパーキーな(perkyやたら明るい?)アン・ハサウェイと映画芸術科学アカデミーの会長(社長?)トム・シェラック)

去年は『ミルク』を応援するあまり、予想をことごとく外した管理人ですが、今年は勝ちに行きます!

名づけて

「ベガスで有り金掛けるとしたらどいつに掛ける?アカデミー賞結果大予想♪」(←前にも似たようなことやりましたが…;



[READ MORE...]
SAGアワード/映画俳優組合賞
昨夜開催されたScreen Actors Guild Awards(映画俳優組合賞)の受賞結果をサラッと。

アンサンブル演技賞(SAGは俳優組合の賞なので、作品賞その他のカテゴリーがなく演技賞のみ)は『イングロリアス・バスターズ』。
2010-sag-awards-inglorious-basterds
なぜか主役のブラッド・ピットが顔を見せず、ネットではアンジェリーナ・ジョリーと別れたという噂も飛び交ってますが…^^;(←勝手な噂は止めましょう;

ちなみにゴールデングローブ賞を受賞した『アバター』は、このSAGを含め「権威ある」映画賞からはノミネートすらされていないため、当然受賞していません;

それ以外は、ほぼGGと同じ詰まんない受賞結果ですが一応。

【映画の部】
男優賞:ジェフ・ブリッジス/『CRAZY HEART』
女優賞:サンドラ・ブロック/『THE BLIND SIDE』
助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ/『イングロリアス・バスターズ』
助演女優賞:モニーク/『プレシャス』

【テレビの部】
ドラマ部門 アンサンブル演技賞:『MAD MEN(マッドメン)』
ミュージカル・コメディ部門 アンサンブル演技賞:『GLEE(グリー)↓』(日本でも2月から放送開始だそうですね☆)
2010-sag-awards-glee
ドラマ部門 男優賞:マイケル・C・ホール/『デクスター ~警察官は殺人鬼』
ドラマ部門 女優賞:ジュリアナ・マルグリース/『THE GOOD WIFE』
ミュージカル・コメディ部門 男優賞:アレック・ボールドウィン/『30 ROCK』
ミュージカル・コメディ部門 女優賞:ティナ・フェイ/『30 ROCK』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 男優賞:ケヴィン・ベーコン/『TAKING CHANCE』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 女優賞:ドリュー・バリモア/『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』

さて、『アバター』以外に一つだけGGと違うのはどれでしょう?(笑)

もうこの段階で、演技賞に関してはアカデミー賞の結果もほぼ予想つきましたね^^

それとSAGではスタントマンの方にも賞が送られていて、映画部門は『スタートレック』、TV部門は『24』が受賞していましたv


で、最後にスルーしようと思っていたSAGについて書いた理由が、こちらのアダム・ランバートくんの画像♪

2010-sag-awards-adam-lambert
最近ちょっと顔が丸くなったり、お肌も荒れ気味で心配してたんですけど、上から下まで煌びやかな黒で決めたこのお姿は完璧!(←顔も痩せてるv

男のタックス(タキシード)って似たようなのが多くて詰まんないけど、これぞまさにrockstar chic(ロックスターっぽいシック)というかfashion forward(イケてる今っぽいファッション?)でさすがです★

生放送で男とキスしたっていうだけでTV番組を降板させられたりしてましたけど、そんなことには負けずに、これからも一杯活躍して欲しいと思いましたvv

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へbanner11
『もしこの記事が面白いと思って頂けたら、ランキングのボタン↑をプチプチお願い致します』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。